注目の記事 PICK UP!

ハンドメイド資格が自宅で取れる!人気通信講座ベスト5

ピアス

諒設計アーキテクトラーニングのニードルフェルトW資格取得講座

諒設計アーキテクトラーニングのニードルフェルトW資格取得講座の特徴

諒設計アーキテクトラーニングのニードルフェルトW資格取得講座の特徴は、資格を取得するかしないかを、自分で決めることができる点にあります。多くの講座の場合、卒業あるいは講座修了時に資格がもれなく付いてくる分、受講料が高く設定されています。実際に諒設計アーキテクトラーニングのニードルフェルト講座にも、試験免除でニードルフェルトの二つの資格を取得できるスペシャル講座が存在しますが、資格取得を望んでいない、または取得するか悩んでいるという人には、「ニードルフェルトW資格取得講座」の方が受講しやすい仕組みとなっています。「受講料金と期間」の項で詳しく説明しますが、勉強していく中で気持ちが変わった場合は、追加で受験料を支払うことで、スペシャルコースと同じ受講料となり、二つの資格試験を受験することが可能となります。

取得できる資格

諒設計アーキテクトラーニングのニードルフェルトW資格取得講座を修了後に、自身で受験し試験に合格すると、「JDP(日本デザインプランナー協会)」の「ニードルフェルトデザイナー」(旧「ニードルフェルトデザインマスター」)と「日本生活環境支援協会(JLESA)」の「羊毛フェルトアドバイザー」の両資格を取得することができます。

受講の流れ

この講座を受講するには、webページから申し込む方法と、webページに記載のあるフリーダイヤルの電話から申し込む方法の二種類があります。申し込み後に、講座に必要なキットが指定の宛先に届いたら、すぐに受講開始となります。自分のペースで勉強を進めていって、5回の添削を受けた後に卒業となります。その後、資格取得を希望するのであれば受験をし、合格すると晴れて「ニードルフェルトデザイナー」と「羊毛フェルトアドバイザー」の資格を取得することができます。

受講料金と期間

受講料金は初期費用が一括で59,800円となっていますが、カード払いや教育ローンによる分割払いも可能です。支払方法は以下の4種類から選ぶことができ、④のオリコの教育ローンを利用する場合は、月々3,300円×20回(初回のみ4,276円)の分割払いを選択することも可能となっています。しかしオリコの教育ローンでの支払いを選択した場合、ローンの契約成立が確認されてから、全ての手続きの完了後に教材が発送されるので、お急ぎの人はご注意ください。

  • 代金引換(現金、クレジットカード、デビットカード)
  • 後払い(コンビニ、郵便振替、銀行振込)
  • クレジットカード決済
  • オリコ教育ローン

費用に含まれているのは、受講マニュアルやテキスト、練習問題集に解答集、質問用紙や封筒などで、課題を作成するためのフェルトや、作品作りに必要な道具一式は自分で用意する必要があります。

卒業後に「ニードルフェルトデザイナー」と「羊毛フェルトアドバイザー」の試験を受験する場合は、受験料としてそれぞれ10,000円ずつを別途用意しましょう。

受講期間は最大で6ヶ月となっており、最短では2ヶ月で終わらせることが可能です。

受講することのメリット

メリットは、オリジナルの作品を作れるようになることです。100均のお店でニードルフェルトのキットを買うことができます。しかしそれは、自分のオリジナルではありません。せっかく素敵な何かを作るなら、自分だけのオリジナル作品の方が楽しいに決まっています。

さらに資格を取った人は、羊毛フェルトアドバイザーとして講師活動をしたり、作品を販売したりして趣味を仕事に生かせるのも、大きなメリットの一つです。

formie手芸&クラフトクリエイター資格取得講座

formie手芸&クラフトクリエイター資格取得講座の特徴

formie手芸&クラフトクリエイター資格取得講座の特徴はまず、アクセサリー・レジンクラフト・刺繍・編み物の全4分野の技術を、この講座だけで習得できる点にあります。

さらに2つ目の特徴として、これまでの通信講座の常識を覆す、オンライン通信の資格取得サービスであるということがあげられます。

また受講料金の項で詳しく触れますが、初期費用に認定証と検定費用が含まれているのも、この講座の特徴の一つです。資格取得講座の多くは、このような認定費用や検定費用が別途必要となるものが多い中で、「formie手芸&クラフトクリエイター資格取得講座」はお得感のある講座となっています。

取得できる資格

この講座では、「手芸&クラフトクリエイター」という資格を取得できます。この資格を取得することで、ハンドメイド教室を開く際やクリエイターとして作品を販売する際に、肩書とすることができ、大きな強みになります。

受講の流れ

この講座を受講するには、まずwebページの「受講を申し込む」ボタンから申し込みをしましょう。また「受講を申し込む」というボタンの隣には、「無料体験をする」というボタンも用意されているので、こちらの講座が気になるけれど続けられるか心配だという人には、無料体験から始めることをおすすめします。

申し込みが完了したら、あとは自分の好きな時間を使ってPCやスマホで講座を受講し、分からないことがあれば、メールによるサポートサービスを利用しながら勉強しましょう。勉強を進めていく中で、自身で技術が身についたと思った段階でweb試験を受けます。そして見事合格すると、資格認定証が届く流れとなっています。

受講料金と期間

受講料金は35,000円(税込み)で、この中には認定証と検定費用が含まれています。ただ、もし万が一、検定に合格することができなかった場合に限り、再受験料として1,500円が必要となります。

また返金保証制度があるので、もし期待と違っていた場合でも、申し込み後7日以内であれば指定された申請をすることによって、振込手数料の300円を差し引いた全額を返金してもらうことができます。

期間は、目安として1ヶ月とされていますが、メールによる無料サポートは最大で180日間受けることができます。

受講することのメリット

メリットの1つ目は、通勤・通学の時間や、待ち合わせ場所に早く着いたなどのスキマ時間に受講することができるという点にあります。受講開始から最後の検定試験までの全カリキュラムを、ほんの少しの空き時間でも進めることができるというのは、忙しい現代人にピッタリのシステムです。

メリットの2つ目は、消費者に自分の作ったハンドメイド作品を、安心して購入してもらえるようになるという点にあります。自己紹介や自己PRの欄に「手芸&クラフトクリエイター」の資格を持っていると添えるだけで、消費者は安心感を得ることができ、売る側も自信をもって販売することができます。

また検定合格者には、イベントの開催方法や独立するための知識をまとめた教材を、無料でプレゼントしてくれるというのも、この講座から得られるメリットの一つです。

PBアカデミーハンドメイドアクセサリー認定講師資格取得講座

PBアカデミーハンドメイドアクセサリー認定講師資格取得講座の特徴

PBアカデミーハンドメイドアクセサリー認定講師資格取得講座の特徴は、ハンドメイドの技術のみならず、様々な素材の説明から道具の使い方、完成した作品の保管方法に至るまで事細かに指導してくれるため、全くの初心者にも始めやすいという点にあります。ハンドメイドに興味があっても、いざ手芸ショップに行くと何を買っていいか分からないという理由から、これまでハンドメイドに手を出すことのできなかった人に、大変おすすめの講座となっています。

取得できる資格

この講座では、「ハンドメイドアクセサリー認定講師」の資格が取得できます。この資格を取得することで、「認定資格を持つハンドメイド講師」として教えることができるため、生徒には安心感を与えることができ、自らも自信をもって生徒に教えることができます。

受講の流れ

この講座を受講するには、まずwebページから申し込みをしましょう。

その後テキストとキットが届いたら、テキストを参考にして作品を作り進めていきます。作る作品は、ネックレスやピアス、ブレスレットなどの計7作品で、この間に分からないことがあれば、電話やメールでサポートを受けることができます。

全作品を作り終え審査にパスすると、見事合格となり資格証明書が送られてきます。

受講料金と期間

受講料金は一括で59,000円(税抜き・送料/決済手数料別)となっていますが、「早割り」と「web割」という二種類の割引制度が用意されています。

  • 早割り:資料請求後、2週間以内の申し込みで通常料金の20%Offとなります。

一括払い…47,200円(税抜き・送料/決済手数料別)

分割払い…月々2,200円×24回(初回のみ3,788円)

  • Web割り:資料請求後2週間を過ぎた場合、webページから申し込むことによって通常料金から1万円引きとなります。

一括払い…49,000円(税抜き・送料/決済手数料別)

分割払い…月々2,300×24回(初回のみ3,562円)

 

この料金の中には、テキストやペンチなどの道具を含む、ハンドメイドアクセサリーに必要なものがすべて入っています。

また試験を受けて合格できなかった場合、申請して認められると、最初に支払った受講料が1回に限り返金されるというシステムになっています。

さらには、受講講座の商品が到着してから8日以内であれば、条件を満たした場合に限り、商品の返品返金が可能となっています。

期間は4ヶ月間となっていますが、受講者は平均して2~3ヶ月で終わらせることができています。忙しくて終わらせることができそうにない場合には、申請をすることによって条件を満たすと認められると、1回に限り2ヶ月間の期間延長が可能となります。

受講することのメリット

メリットは、ハンドメイド未経験者はもとより、すでに作品を多数つくった経験のある人まで、幅広い場面で生かせる技術が身につく点にあります。基礎から丁寧に学ぶことで、応用技術も戸惑うことなく受け入れることができるようになるうえ、将来自分で教室を開いたときに、生徒にプロとしてのアドバイスができるようなコツも学べるのが、この講座を受講することの大きなメリットとなっています。

ユーキャンのマクラメジュエリー講座

ユーキャンのマクラメジュエリー講座の特徴

ユーキャンのマクラメジュエリー講座の特徴は、古くから世界中の人々を魅了してやまないマクラメ結びのアクセサリーを、自宅で学ぶことができるという点にあります。わざわざ南米を訪れてまでその技術を習得しようとする人がいるほど、人々を魅了してやまないマクラメは、中世の時代にイスラム文化圏で発展し、アラビア人の手によってヨーロッパに伝えられた結び細工です。これにビーズや天然石をあしらったものが、南米の少数民族が起源である、マクラメジュエリーです。日本には古く縄文の時代から、呪術や祈祷の目的で用いられてきた「組み紐」の習慣がありますが、そんな国境も歴史も越えたアクセサリーの作り方を、ユーキャンのマクラメジュエリー講座では、自宅でテキストとDVDを使って習得することができます。

取得できる資格

この講座では、「一般社団法人学習フォーラム推進協議会」の「マクラメジュエリー認定インストラクター」の資格を取得することができます。

受講の流れ

この講座を受講するには、webページから申し込むことができます。申し込み後に指定した宛先にキットが届きますので、自分の好きな時にレッスンを開始しましょう。

レッスン内容は、易しい課題から順に7作品(全9アイテム)を製作します。指定課題の添削をクリアして認定基準に達すると、講座修了となりますので、希望者は申請をして「マクラメジュエリー認定インストラクター」の資格を取得するという運びになります。

受講料金と期間

受講料金は初期費用が一括で38,000円となっていますが、月々2,990円×13回の分割払いで支払うことも可能です。この料金には、テキスト1冊にDVD2枚、ガイドブックや全7作品分の材料一式に、目打ちや接着剤などの道具まで含まれています。

さらに「マクラメジュエリー認定インストラクター」の資格取得を希望する場合、登録料として別途30,000円が必要となります。

受講できる期間は、標準学習期間が6ヶ月と設定されていますが、受講開始から12ヶ月目までは添削を含む全サポートを受けることが可能となっています。

受講することのメリット

メリットは、マクラメジュエリーのインストラクターとしての資格を取得することができるだけでなく、その技術を、基本的な結び方から順に学ぶことができるという点にあります。マクラメには様々な種類の結び方がありますが、やはり基本がしっかりできていないと、複雑な作品を完成させることができません。市販されているマクラメの手芸本を自分で購入して、好みの作品ばかり作っていても基本は身につかないものです。その点この講座では、初心者にも易しいレベルのものから順にキットになっており、付属のDVDを参考にしながら細かい手の動きを確認して作業を進めることができるため、しっかりと基本を身に着けることができます。

日本ヴォーグ社のかぎ針編み講師認定講座<入門&講師科>

日本ヴォーグ社のかぎ針編み講師認定講座<入門&講師科>の特徴

日本ヴォーグ社のかぎ針編み講師認定講座<入門&講師科>の大きな特徴は、東京・札幌・横浜など全国5都市にある手芸に特化した専門学校「日本ヴォーグ学園」の講座を自宅で受けることができ、望めば「かぎ針編み講師認定証」まで取得できるという点にあります。そして更にこの通信講座は、DVD付きの講座であるということも、またその特徴の1つです。一度でも手芸に挑戦したことのある方ならご存知の通り、初心者が作製図だけを頼りに何かをつくり進めていくのは、至難のわざです。そのためDVDなどの動画によって、細かい動きを確認しながら進めていけるのは、上達への近道となります。

取得できる資格

日本ヴォーグ社のかぎ針編み講師認定講座<入門&講師科>を修了すると、「(公財)日本手芸普及協会」が発行する「かぎ針編み講師認定証」を取得することができます。

この認定証を取得後に「(公財)日本手芸普及協会」に入会することで、入門科までのカリキュラムを指導できるようになるのと同時に、「かぎ針編み入門科修了証」の発行資格を得ることができます。

受講の流れ

日本ヴォーグ社の通信講座を受講するにあたって、webページから申し込む方法と、フリーダイヤルの電話で申し込む方法の2種類から選ぶことができます。申し込みが終わると、講座に必要なキットが指定した宛先に届き、いよいよレッスンの開始です。

まず<入門科>では初めに、針の持ち方からスタートします。そして5つの課題作品を順に製作したのち、それぞれの作品でプロの講師からの添削を受けます。ここまで修了すると<入門科>の修了証を取得することができ、次の段階である<講師科>へ進むことができます。

<講師科>では3つの課題を製作しますが、その段階で、採寸や製図の仕方まで学ぶことができます。製作した3作品の添削が終わると、<講師科>の修了証を取得することができ、さらに半日ほどのスーリングを受けて「(公財)日本手芸普及協会」に入会した人は、晴れて「かぎ針編み講師認定証」を取得することができます。

受講料金と期間

受講料金は、初期費用として一括払いで50,000円(税別)となっていますが、月々2,130円(税別)~の分割払いも可能になっています。この料金に含まれるのは、テキストやDVD、メジャーや製図用紙に加え、最初の作品に使用する分の毛糸などの材料費です。

そのほかに入門科と講師科それぞれの修了時に、申請料として各3,000円と18,000円を支払う必要があります。

前項でご説明した計8回の添削と、半日のスクーリングについては無料となっています。

受講期間は最大で24ヶ月となっており、「かぎ針編み講師認定証」まで取得する場合は、この24ヶ月の間に計8つの課題作品の添削と1回のスクーリングまでを終わらせる必要があります。

受講することのメリット

この講座を受講することの最大のメリットは、好きなことを仕事にできるようになるという点にあります。

認定証は国家資格とは違い、絶対に必要なものではありません。趣味でかぎ針編みを楽しむ人も、その技術を誰かに教えることはできます。しかしお金を支払って教えてもらう側の身になれば、しっかりと学んだ“証”としての認定証を持つ人から教えてもらいたいと思うのが、当然の心理です。さらには24ヶ月の間に8作品も仕上げることで、講師としての認定証を取得したという事実は、間違いなく自分の自信となります。

ハンドメイド手芸資格の通信講座  ハンドメイド手芸資格の通信講座

関連記事

  1. handemade

    シール

  2. handemade

    とんぼ玉

  3. 手作り

    ハンドメイドピアスの梱包アイデア4選

  4. ハンドメイドの消しゴムスタンプの作り方

  5. 裁縫

    隙間時間に手縫いできる小物いろいろ

  6. リボンアクセサリーの作り方のポイント

    リボンを使った小物とイヤリング、ピアスの作り方ポイント

  7. レジンアクセサリー

    ハンドメイドイベントでのディスプレイ術

  8. 接着剤

    ハンドメイドで使う接着剤の種類と注意点

  9. ハンドメイドで木工雑貨を作ってみよう!

手作りのカテゴリー

PAGE TOP