注目の記事 PICK UP!

リボンを使った小物とイヤリング、ピアスの作り方ポイント

リボンアクセサリーの作り方のポイント

子供用のリボンヘアゴム

子供のヘアゴムはハンドメイドでとびきりかわいいリボンを作ってあげたいですね。

用意する物
・グログランリボン2種類(25mm幅を14cmずつ)
・中央を留めるリボン(5mm幅を4cm)
・ヘアゴム
・両面テープ
・ライター
・グルーガン
・針/糸/ハサミなど

作り方
1.グログランリボンの切り端はライターで炙っておくとほつれません。
2.両面テープで端の裏に半分はみ出すように貼り付け、そこに反対の端を貼り付けて輪にします。
3.両面テープの剥離紙を剥がして下側も貼り付けます。
4.指で中央をつまんでリボンにギャザーを寄せます。中央を谷折りした後に両端を山折りするときれいなギャザーに仕上がります。
5.中心に糸を巻いて固結びしたら2種類のリボンを合わせてもう一度糸で巻いて留めます。
6.リボンの下にゴムを持ってきて糸で巻いて留めます。
7.中心にグルーガンを塗って中央を留めるリボンを留めれば完成です。裏の重なり部分にもしっかりとグルーガンを塗ってください。
※サテンリボンでも作れますが、滑りやすいので初めて作る人はグログランリボンの方が扱いやすいです。上下のリボンは色を変えて作ってもかわいいですよ。

バレッタにするならバイカラーで大人っぽく

しっかりとした厚手のグログランリボンを使って作るバレッタです。バイカラーが大人っぽい素敵なヘアアクセサリーに仕上がります。

用意する物
・グログランリボン(38mm幅を25cm×2本を2色分、25mm幅を20cm×4本を2色分、13mm幅を適量)
・チャーム1つ
・丸カン1つ
・バレッタ
・両面テープ
・画びょう
・ライター
・グルーガン
・ペンチ
・針/糸/ハサミなど

作り方
1.グログランリボンの切り端はライターで炙っておくとほつれません。
2.両面テープをリボンの上下、中央に貼って2枚重ねにします。
3.さらに両面テープを使って輪にしたらつなぎ目の内側に両面テープ貼って下のリボンに斜めに貼り付けます。
4.すべてのリボンを貼ったら画びょうに大きいリボンから刺していきます。画びょうを裏返してそこに刺し込んでいくと上手く重ねられます。上に重ねるリボンを少しずらして刺すとおしゃれになります。
5.すべて刺し終えたら糸で巻いて固結びします。
6.中央に13mmのリボンを巻いてグルーガンで留めます。
7.先程巻いた中央のリボンの下側に丸カンを刺してチャームを取り付けます。
8.バレッタにリボンをグルーガンで取り付ければ完成です。
※中央を留めるリボンは一度結び目を作ってから巻くとさらに大人っぽいリボンになります。

ネックストラップを手作り

リボンを使ってネックストラップを手作りしてみましょう。通勤や通学で使う定期やカード用に使ってもいいし、会社のネームフォルダー用に使ってもいいですね。

用意する物
・お好きなヒモ(厚みがあれば何でもOK)
・ツメ付留め金具
・キーホルダーパーツ
・ニコイル平

作り方
1.リボンをニコイル平パーツに通して端を合わせたらツメ付留め金具で留めます。
2.ニコイルにキーホルダーパーツを通したら完成です。
※ツメ付留め金具を留める位置はニコイルのすぐ上で留めましょう。リボンが外れないようにしっかり留めてください。

イヤリングの作り方の際に準備するもの

今回はピアス穴が空いていない方でも、耳を華やかに彩る様な装飾品と合わせた、簡単にハンドメイド出来るイヤリングをご紹介させて頂きます。皆さんはお店で売ってるイヤリングを見た時に此処にこのパーツがあれば。自分の好きなデザインの色が見つからない。などこんな経験をした方も少なくはないと思います。ですので今回はそんな悩み解消の為イヤリングをハンドメイドしてみましょう。

【材料】
・ピン
・ビーズ
・イヤリング用金具
・リボン。リボンは紐状の物ではなく最初から形になってる物がオススメです。
また、材料を選ぶ際には金具の色と装飾品の色を統一するのがオススメです。材料を購入する際は慣れていない方はまずは100均などで買い揃えましょう。どの材料もダイソーやセリアなどで、リーズナブルで手に入る物ですので大量に購入しても予算が高くつかないのでオススメですよ。今回は装飾品をプラスしたイヤリングを作りたいため、リボンなどを用意しましょう。材料は家にある物で代用しても勿論構いません。

イヤリングの作り方

まず最初にリボンも自分で用意したい方は、ハンドメイドをしましょう。

リボンはまず布や紐を輪っか状態にして糸で仮止めしておきます。その中心部分も同じ材料で仮止めが隠れる様に一周して再び縫い合わせてください。

  1. ピンと、好みのビーズを用意します。用意したビーズにTピンを通しピンを曲げていきましょう。
  2. ピンに余分な部分がある場合にはここでカットしておいてください。
  3. Tピンとビーズを通した部品とイヤリング用の金具を用意します。
  4. この2つをペンチで繋ぎ合わせてイヤリングの形にします。
  5. イヤリングの形に整えられましたら、装飾品としてリボンを接着剤で固定します。
  6. 以上で装飾品をプラスしたイヤリングのハンドメイドが完成です。

イヤリングの作り方のアドバイス

ダイソーなどで材料が揃いますのでリーズナブルに手に入ります。ですので安い価格の材料で作る事によって、もし失敗しても材料の予備がある為また作る事が出来ます。また、Tピンとビーズを繋げる際にやり易いアドバイスとしては、ピンの先端を上を向く様に挟んだ後に、カーブを沿う様に戻していくと綺麗に輪っかを作ることが出来ます。アレンジ方法としておすすめなのが、また装飾品のリボンにアレンジを加えたい際には、縁にレースなどを縫い合わせるとゴージャスに仕上がります。レースの種類次第で大人っぽくも、女の子らしくもアレンジできるのでオススメです。

ピアスの作り方の際に準備するもの

今回はオシャレで可愛いハンドメイドとしても人気の高い、リボンピアスの作り方をご紹介致します。皆さんはリボン型のピアスのハンドメイドと言うと、難しいと考えるかもしれませんがそんな事はございません。実は作り方はすごく簡単ですし、また材料費もリーズナブルな価格で揃うものばかりですので、プチプラで楽しめるんですよ。作り方の手順さえマスターすれば、お気に入りのデザインで作れますし、応用で様々な種類のピアスも作る事が可能になります。そして何よりご自身で作ったものを身につけると言う事は、オシャレをするのも更に楽しくなりますよね。

【材料】

・パール。こちらのパールはビーズのような大量に入っているものを購入するのがオススメですよ。
・ピアス金具。金具とリボンの色などを合わせると全体的に統一感が演出できます。
・Tピン
・リボン。こちらも家にあるのを代用しても大丈夫ですし、お気に入りのリボンで作ってもよしです。

と、主にこちらの材料で十分可愛いリボン型のピアスがハンドメイド出来ますよ。また材料は、家にあるもので代用も聞きますのでそちらを使用しても勿論構いません。

ピアスの作り方

  1. まずはパールとTピンを用意しましょう。
  2. パールにTピンをさしていき、約7ミリ程残して余分な部分をカットしていきましょう。
  3. そうして、残ったピン部分をくるっと輪っかにします。
  4. そうしてTピンとパールをつなぎ合わせたパーツをピアス金具に取り付けますと、ピアスのベースが完成します。
  5. そうして、用意したリボンを金具に取り付けて、解けないように接着剤などで固定しておきましょう。
  6. 接着剤が乾きましたら、簡単にできるリボン型のピアスのハンドメイドが完成となります。

ピアスの作り方のアドバイス

女子力もアップするような可愛らしいリボン型のピアスは、複雑そうに見えて意外と簡単に作れることが出来ましたね。アレンジ方法としておすすめなのが、今回はパーツを合わせましたが、色のついたビーズや、チャームなどでも大変可愛らしい仕上がりになりますし、ポップな仕上がりになったりしますので、アレンジの幅がさらに広がっていきます。またリボン自体の幅の太さも太さを変えるだけで、女の子らしいキュートさがアップするものに仕上がったり、シックで落ち着いた雰囲気に仕上がったりと、材料一つでも様々アレンジがあります。ですので色々試してみるのも発見があり、面白いので試してみて下さいね。

まとめ

リボンを使って作ると手縫いする手間が要らないので簡単にアイテムを作ることができます。化繊のリボンはライターでサッと炙ると溶けて固まるのでほつれることもなく扱いやすいです。ぜひお試しください。

上記でハンドメイドの作り方は以上ですがいかがでしょう?簡単にイヤリングがハンドメイド出来ましたね。お気に入りのリボンをイヤリングにしたい方にや、ハンドメイドに興味がある方がこの記事が参考になればと思います。またTピンとビーズを複数用意して、チェーンの様に連なったイヤリングにハンドメイドするのも存在感が増してオシャレです。この様にイヤリングですとピアス穴が空いていない方でも関係なくオシャレを楽しんで頂けますので好きなデザインの物をハンドメイドして頂けます。ですのでこの機会にぜひイヤリングをハンドメイドしてみてはいかがでしょうか?

装飾品を合わせたリボンピアスですが、ハンドメイドする際にお友達とお揃いで作ったりするのも創作意欲が刺激されますし新しい発見もありますよ。今回はTピンでパーツを固定してますが、パーツをチェーンなど連なった材料で繋げていきますと、大人っぽさもアップした、チェーンのリボンピアスになりますのでそちらも参考にして下さい。使用した時にパーツが揺れるのでオシャレです。この様にリボンとビーズの合わせ方次第で様々な印象のピアスが作れますので、今回この記事を読んでピアスのハンドメイドをしたいと考えている方は、こちらの様なリボン型のピアスのハンドメイドをやってみませんか?

ハンドメイド手芸資格の通信講座  ハンドメイド手芸資格の通信講座

関連記事

  1. handemade

    カンバッチ デコパージュ

  2. 手作り

    ハンドメイドピアスの梱包アイデア4選

  3. handemade

    とんぼ玉

  4. handemade

    シール

  5. ピアス

    ハンドメイド資格が自宅で取れる!人気通信講座ベスト5

  6. ハンドメイドで木工雑貨を作ってみよう!

  7. ハンドメイドの消しゴムスタンプの作り方

  8. ヘアアクセサリー

    簡単!流行りの手作り日傘の作り方!

  9. チェーン

    チェーンの基礎知識と使い方

手作りのカテゴリー

PAGE TOP