注目の記事 PICK UP!

人気の「ハンドメイド」まずは道具を揃えましょう!

handemade

今人気の「ハンドメイド」

ハンドメイド作品専門の販売サイトが立ち上がるぐらいに「ハンドメイド」に取り組む人が多くなっています。

皆さんは「ハンドメイド」にどれだけ馴染みがあるでしょうか?

私は買う専門だという方、難しそうだからやらないという方、様々だと思います。

そんな中で、やってみたいけど初心者すぎてなかなか手が出せないという方必見!「ハンドメイド」の縫製作業でよく使われる基本の道具を紹介します。

作りたいものの作り方がわかっても、材料を揃えることができても、道具を持っていなければそこで挫折してしまいます。一式揃えるのには少々お金はかかりますが、長い目で見ると損ではないはずです。

一式セットになった低価格のものも販売されているので、手芸店やネットショップでチェックしてみてください。

基本の縫製道具

・裁ちばさみ…布を裁断するときに使います。布以外を切ると刃がダメになってしまうので要注意!

・糸切りばさみ…糸始末に使います。

・紙切りばさみ…型紙など紙を切るときに使います。

・チャコペーパー…布に印をつけるときに使います。

・ルレット…チャコペーパーと一緒に布に印をつけるときに使います。布の間にチャコペーパーをはさんでルレットで印をつけます。

・チャコペン…水で消える印つけです。

・メジャー…採寸をしたり、布の長さを測る時に使います。縫製後に出来上がりの曲線部分を測るのにも便利です。

・定規…型紙を作る時、布に型紙を写す時、縫い代をつける時に使います。長い定規と短い定規、2種類揃えておくと便利です。アクリル製の向こう側が透けて見えるものがオススメです。

・待ち針…仮止めをする時に使います。針が怖いという方は仮止めクリップという針を使わずに仮止めできるものが販売されているのでチェックしてみてください。

・ミシン針…ミシンに設置して使います。家庭用ミシンと職業用ミシンでは形に違いがあるので要注意!また、布の種類によって針も使い分けないと糸が切れたり、縫い目が荒れたりするので注意!

・縫い針…手縫い用の針です。

・刺繍針…刺繍用の針です。縫い針より糸を通す穴が大きいのが特長です。

・毛糸針…編み物の時、毛糸の糸始末で使います。他にもロックミシンの糸始末など、太さがある糸の始末に使います。

・針刺し…針を刺しておくクッションです。磁石で針をとめるものも発売されています。

・しつけ糸…布同士がずれないようにしつけをかける時に使います。

・手縫い糸…手縫い用の糸です。

・ミシン糸…ミシンと合わせて使うための強度のある糸です。

・リッパー…ボタンホールの切り込みやミシン目をほどく時に使います。はじめは間違えて縫うことが多いのでミシンとセットでリッパーを用意しておき、すぐにミシン目をほどけるようにしましょう。

・目打ち…角を整える時に使います。

ミシンが得意で何でも手作りする人に憧れます。

まとめ

ハンドメイドの良さは、何と言っても「理想のイメージがそのまま手に入ること」だと思います。

基本の作り方に応用をきかせればどこを探しても売っていないようなものを自分で作ることができるのです。

まずは初めの一歩、道具を揃えるところから。少しずつ「ハンドメイド」に触れてみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    ハンドメイドで百均すのこが百変化?

  2. 編み物

    ガマ口のお財布の作り方

  3. handemade

    ハンドメイドサイトで人気のファッション小物を自分で作ろう!

  4. handemade

    どこにでもある材料で作れる個性豊かなオリジナルのストラップ

  5. handemade

    ハンドメイド作品の販売、気になる収入はいくらぐらい?

  6. ワイヤーピアスにひと工夫してハンドメイドしてみよう!

  7. チェーン

    チェーンの基礎知識と使い方

  8. handemade

    簡単、100均のプラバンで作る指輪の作り方とポイントまとめ

  9. handemade

    ポンポンヘアアクセサリーの材料などポイントまとめ

ハンドメイド資格講座ランキング