注目の記事 PICK UP!

初心者さんがハンドメイド作品を販売する際に、気をつけたいこととは?

handemade

手づくり作品を販売するのはとても楽しいことです。

でも、その際に必ず守らなければならないルールがいくつかあります。

初心者の方は、ルールがわからず戸惑うこともあることでしょう。ここでは、そんな初心者さんのためにハンドメイド作品を販売する際の大事な注意点について解説します。

著作権に気をつけましょう

子ども用のキャラクターがプリントされた布などは、著作権が設定されていることがあります。また、リバティやIKEAなど特定のブランドの生地も商用利用が禁止されている場合があるので注意しましょう。こういった生地で製作した小物は、利益の発生しない個人利用のみが許可されています。個人利用とは、家庭内での使用や知人へのプレゼントといった使い方のことです。

生地だけでなく、デザインも著作権には気をつける必要があります。ほかの人の作品を真似して作ったりするのは論外ですが、実は本に載っている編み図や型紙にも著作権があります。日ごろから出版物を参照して手づくり品を製作している方は多いと思いますが、出品する場合は意識して避けるようにしましょう。

きちんとした表示も必要です

素敵な作品をさらに素敵に思わせるためには、見た目に加えて魅力的なアピール文が欠かせません。ネット販売の場合は商品説明文、対面販売では値札などがそれに当たります。

商品説明は、商品アピールのためだけにあるわけではありません。大事な注意事項を間違いなく伝えるためのツールでもあります。たとえば、直接肌に触れるピアスなどの販売では、特定の金属アレルギーがある方のために成分表示があると親切です。また、強度にちょっと不安がある繊細な作品を販売する場合、「無理な力を加えると破損の恐れがあります」などの注意書きを付けると、取り扱いに気をつけてもらえます。

こうした表示は義務ではありませんが、買い手の方を気遣い長いお付き合いを続けるためにも、ぜひ実践していただきたいポイントです。

販売に免許が必要なものもあります

手づくり品の中には許可を得ていないと販売できないものもあります。代表的なものは食品ですが、意外に石けんなども販売に許可が必要な物品です。

手づくりの石けんや化粧水はナチュラル派に大人気のクラフトですが、許可なく販売すると薬事法違反に問われます。

販売できない物品については、イベント主催者からの告知または販売サイトのインフォメーションなどに記載されています。出品する前に必ず確認してください。

とくに通信販売の場合に気をつけること

対面販売と違って、直接商品を見て決められないネット販売の場合はネットならではのトラブルが多数発生します。このトラブルを未然に防ぐ対策をしっかり立てておきましょう。

たとえば送った商品が破損していた、というトラブルには梱包時にパッキンなどでしっかり商品を保護しておくことで対応できます。また大げさすぎない適切な説明文で写真のイメージを補うこと、商品サイズなどわかりやすい写真を工夫することも効果的です。

顔の見えないお付き合いだからこそ丁寧な気遣いは何より大事です。お互いに気持ちよくお買い物ができるように、がんばりましょう。

まとめ

ハンドメイド作品の販売について、注意点をいくつかご紹介しました。初心者さんには少し難しかったかもしれませんが、これはすべてとても大事なことなのです。

小物販売の場合「趣味の範囲だから」「大して利益も出ていないし」とついつい甘く考えてしまいがちです。しかし、小額でもお金の計算が発生したらそれは商業活動と受け取られます。だから売り手にも、責任を意識する必要があるのです。

楽しい展示販売も、トラブルがあっては台無しですよね。ひとりひとりが責任を持ち、ルールとマナーを守って楽しいハンドメイド・ライフを満喫しましょう♪

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    簡単、100均のプラバンで作る指輪の作り方とポイントまとめ

  2. handemade

    小さなものをまとめて入れちゃおう 100均材料で作るファブリックトレイ

  3. handemade

    おしゃれな巾着のアイデアで大人巾着を楽しもう

  4. handemade

    プレゼントに最適!フォトフレームの簡単リメイクまとめ

  5. 糸

    簡単に作れるおしゃれな化粧ポーチ

  6. handemade

    クルミボタンを使ってアクセサリーを作ってみよう

  7. handemade

    手作りしたいキュートな革の小物たち

  8. エプロンの型紙がダウンロードできるサイトをご紹介

  9. handemade

    いまハンドメイド作品が愛される意味とは?

ハンドメイド資格講座ランキング