注目の記事 PICK UP!

100均素材をアレンジ!手元を上品に飾るパール&リボンのブレスレット

handemade

ブレスレットの素材やテイストはさまざま。いつもはカジュアルなものを身につけていても、ドレスアップした日やフォーマルなイベントに出席するときには、ファッションに合わせた上品なものをセレクトしたいですよね。なかなかイメージ通りのものが見つからない、というなら、手作りしましょう。パールとリボンを使ったブレスレットなら、派手になりすぎず、甘すぎず、エレガントな装いにぴったりです。パールリボンブレスレットの作り方をご紹介します。

パールリボンブレスレットを作るときに用意するもの

・パールビーズ
・リボン
・糸
・針

パールビーズは10~12ミリのものが扱いやすいですが、好みの大きさでよいでしょう。手首一周分の数が必要です。リボンはパールのカラーや大きさに合わせたものを選びます。ひだを作っていくので、手首三周分の長さが必要です。

パールリボンブレスレットの作り方

1. 針に糸を通し、リボン、パールビーズを交互に繋いでいきます。リボンの端はあとで結ぶので、15センチほど残しておきましょう。結び方によって長さは変わってきます。
2. まず、リボンを折り返して針を入れ、次にパールを通します。リボンの片側はパールに沿わせ、もう一方は折り返してひだを作ります。
3. リボンとパールを手首に合うだけのちょうどよいサイズに繋げたら、リボンを折り返した位置で糸を留めます。
4. リボンの端をカットして、両端を結んだら、できあがりです。

リボンを折り返すひだの大きさはあらかじめ決めておきましょう。パールと同じ高さか若干出るくらいがきれいです。リボンに糸を通す位置は、幅の中央となるよう、ひだが一定の高さとなるように、注意します。

リボン素材やひだ作りは自分の好みで

パールリボンブレスレットを作るときに気をつけるのは、リボンに針を入れる位置ぐらいで、それほど時間もかからず、簡単にできてしまいます。

同じ作り方でも、パールやリボンのカラー、素材で雰囲気が変わってきます。サテンやベルベットを使えばフォーマルシーンにもふさわしく、オーガンジーなら柔らかな印象、光沢のないものやバイカラーだと普段使いにも素敵です。

また、リボンのひだの作り方は自由なので、自分なりのアレンジを加えてもよいでしょう。1ヵ所に1つだけではなく、複数のひだを入れるとさらに華やかです。ひだを作らず、リボンをパールビーズの両側に波のように沿わせていってもよいですね。

エレガントな装いにぴったりのブレスレット

パールビーズやリボンの種類は豊富なので、素材を厳選すれば、自分のイメージにぴったりの一品がハンドメイドできますね。ご紹介した作り方はブレスレットですが、同様にしてリボンの両端を長くとれば、ネックレスにすることも可能です。

パールリボンのブレスレット作りでは、アクセサリー用のパーツを取り付けるわけではないので、必要な材料はわずか。作業手順も非常にシンプルなのに、あらたまった席にも似合う、エレガントなアクセサリーが作れます。素材となるパールビーズやリボンは100均で揃えられるため、コストもあまりかかりません。明日着ていく服に合うアクセサリーがない、という緊急事態にも、近所に100均があれば間に合うかも。ぜひ作ってみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    アイデア次第で作品がプロ仕様になるタグの作り方

  2. handemade

    ハンドメイドでできる刺繍のあれこれ

  3. 糸

    ハンドメイドで楽しむつまみ細工の魅力

  4. handemade

    2016年度売れ筋ランキング!上半期に売れたものと秋冬売れ筋予想

  5. レザーで作れるアクセサリーをハンドメイドしてみよう

  6. ハンドメイド

    石鹸サボンジェムとサボテンのオブジェを手作りしよう

  7. handemade

    初心者から上級者まで手作りできるスタンプの作り方

  8. handemade

    初心者さんがハンドメイド作品を販売する際に、気をつけたいこととは?

  9. handemade

    ハンドメイドで子供が笑顔になるすてきなおもちゃを作ってみよう!