注目の記事 PICK UP!

100均座布団を使って、愛猫用ベッドを簡単制作

handemade

大切な家族の一員であるペット。ペットに猫を飼う人も増えてきているようです。生まれて間もない頃の猫は手の平に乗るくらいであったはずなのに、時を経るにつれて次第に大きくなってきます。成長したには身体にフィットする心地よい寝床を準備してあげたいものですね。ペット用のベッドは、100円ショップのアイテムを使って、簡単にハンドメイドすることができます。猫の喜ぶベッドの作り方をご紹介していきましょう。

猫用ベッドを作るために準備するもの

・座布団5枚
・針
・糸
・ハサミ

座布団は100円ショップにある平たいタイプのもの。底と側面4つに使うので、5枚準備しましょう。手縫いで立体に仕上げていきます。

座布団を利用した猫用ベッドの作り方

1. 座布団についているタグや紐を取り外します。
2. 紐にアイロンをかけ、それぞれリボンに作っておきましょう。
3. 座布団のうち4つを、半分に折りたたんで長方形にし、向かい合った長い辺を縫い合わせます。折り目と縫い目の中ほど、2ヵ所を縫いとめて、落ち着かせます。
4. 残った1枚を底にします。半分にした4つの座布団と底になる1枚の座布団を縫っていきます。底の座布団の4つの辺に、長方形の縫い目側を合わせていく形です。
5. 長方形を底に対して直角におこすと、側面になります。この段階では長方形同志は離れているので、内側と外側4ヵ所を縫っていきましょう。
6. 側面の外側に、作っておいたリボンを取り付けて、できあがりです。

 

猫の体重がかかっても切れないように、しっかりした糸を2本取りにして縫いましょう。

大きい猫や小さい猫のために

飼っている猫が大きくて、ベッドがきつそうなら、側面の1つを開いたままにしておくと、ゆったり使えます。

あるいは、小さな猫のためにもう少しコンパクトに作りたい場合、楕円形にも作れます。

その場合必要な座布団は4枚。やはり1枚を底に使い、あらかじめ楕円に切り取って、端を縫いとめておきます。側面に使う座布団は、曲線に沿わせるため、先に3枚を長く繋げておきましょう。その上で半分に折りたたみ、向かい合った部分を縫いとめていきます。四角タイプと同様に、高さの中間地点で座布団1枚に対し2ヵ所縫いとめておくと、しっかりします。座布団のミシン目の位置に合わせると、処理が楽です。長い側面を楕円に沿って縫いとめていき、側面の端と端を縫い合わせれば、できあがりです。

猫がまったり休める手作りベッド

100円ショップの座布団は、種類がさまざま。薄めの座布団を使えば伸びのあるベッドに、綿の量の多いものを選べばもこもこのベッドになります。つるつるした布素材の座布団なら、猫の毛がくっついて困るということもあまりありません。

手作りなら、猫のベッドも愛猫にぴったりの大きさや柔らかさに制作できます。インテリアの調和を乱さないデザインを好きに選べるのも、ハンドメイドのよさでしょう。100均座布団を材料に、気軽に作れてしまうので、飼い猫の頭数が多くても、頭数分用意してあげられます。

また、猫のベッドは構造的にはシンプルなので、裁縫に慣れている人なら、100均の綿と布で一から手作りできるかもしれませんね。大切な猫がまったりと休めるベッドを、ぜひ手作りしてみてください!

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    石にペイントするだけでできる!心和むかわいいサボテンのオブジェ

  2. handemade

    素敵なインテリアにも違和感なし!100均ハンガーをかわいくリメイクする方法

  3. 小物

    簡単に作れるエプロンの作り方

  4. handemade

    毛糸を使った編まないで作れるおしゃれアイテム

  5. handemade

    使わなくなった大人服を簡単リメイク術

  6. handemade

    小さなビーズも大きな存在感!人気のラップブレスレットの作り方

  7. クラフト

    樹脂粘土で可愛いピアスをハンドメイドしてみよう

  8. handemade

    ハンドメイドで使用するピアスパーツの種類と作り方

  9. ハンドメイドで食卓を鮮やかに彩るランチョンマットの作り方

ハンドメイド資格講座ランキング