注目の記事 PICK UP!

100均デコパージュ液の活用①子どもの上履きをおしゃれに

handemade

幼稚園や小学校の室内で履く上履きは、白いものが一般的。このなんでもない上履きを、簡単に変身させる方法があるのをご存知でしょうか。その方法とは、100均でも手に入る材料を利用して、デコパージュを施すというもの。白い上履きをデコパージュすれば、世界にたった1つだけのものが作れます。かわいいモチーフやおしゃれな柄も自由自在。デコパージュを使った、上履きのアレンジ方法をご紹介します。

上履きをデコパージュするために用意するもの

・新しい上履き
・好きな柄の紙ナプキン
・デコパージュ液
・筆
・ハサミ

デコパージュは、貼り付け作業をすることで、柄や模様を定着させます。デコパージュ液には、布用や紙用などさまざまなタイプがありますが、とりあえず1回やってみたいという場合には、100均のものを利用するとよいでしょう。デコパージュ液では、貼り付けとコーティングの両方を行います。上履きに汚れがあると、そのままコーティングしてしまうので、デコパージュするなら新しいものに行うのがおすすめです。紙ナプキンは、白い背景のものを選ぶと、柄が上履きに馴染みやすくなります。

上履きデコパージュのやり方

1. 上履きに貼り付けたい柄の配置を決めます。
2. 紙ナプキンは、2、3枚に重なっているので、分けておきます。柄の入っている表の部分のみ使います。
3. 柄に合わせて紙ナプキンをカット。背景が白なら、柄の1ミリ外側を切りましょう。背景が白でない場合は柄ぴったりに切ります。
4. 上履きの、柄を貼りたい部分にデコパージュ液を筆で塗ります。
5. 切り取った紙ナプキンをのせます。パーツが大きい場合は、中心から外へそっと指で押さえ、空気を抜くようにしましょう。
6. 予定していたパーツをすべて貼り終えたら、再びデコパージュ液を上から塗ってコーティングします。
7. 一旦乾かしたあと、もう一度全体にデコパージュ液を塗ります。
8. 仕上げのデコパージュ液が乾いたら、完成です。

デコパージュの作業は丁寧さが大事

デコパージュ液は乾燥しやすいので、柄のパーツが複数あるときには、1度に作業を進めようとせず、1つ1つ行います。上履きのゴム部分は伸縮するので、デコパージュするのは避けましょう。薄いペーパーナプキンは立体にも馴染みやすくてデコパージュに向いていますが、その分破れやすいのが難点です。破れやしわができないよう、丁寧に扱います。

広い範囲にデコパージュしたいなら、まず紙ナプキンを上履きに合わせてクリップなどで止め、靴底に合わせてボールペンで印を入れます。クリップを外し、ボールペンが見えないよう、ギリギリの位置で紙ナプキンをカット。紙ナプキンをデコパージュ液で貼り付けた後、上部にはみ出た部分は2、3ミリ余分を残して切り取ります。はみ出た紙ナプキンを内側に折り込んで、仕上げをしましょう。

デコパージュで上履きをおしゃれにアレンジ

 

 

デコパージュでは、紙ナプキンの扱いを優しくする必要がありますが、既にある柄やデザインを利用することができるので、絵心がなくても上履きのアレンジは簡単です。種類豊富な紙ナプキンから好きな柄を選べば、シンプルな上履きがオリジナリティあふれるものに変わります。デコパージュ液も紙ナプキンも、100均で手に入るものなので、手軽にチャレンジできます。

子どもの好きなキャラクターやデザインにすれば、きっと愛着のある一足となることでしょう。誰かの上履きと履き間違えるということもなくなるかもしれません。また、小さな子どもなら、デコパージュの仕方を工夫して、左右がわかるようにしてあげるとよいですね。デコパージュによる簡単上履きアレンジを、ぜひやってみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    売れるものは丁寧に作られている!今すぐ見習いたい、丁寧な仕上げのコツ

  2. handemade

    三拍子そろったハンドメイド!ヘアバンド作りが楽しい!

  3. 糸

    ハンドメイドで簡単に作れる鍋つかみの作り方

  4. handemade

    個性あふれるイベントがいっぱい!埼玉県のハンドメイドイベントをご紹介します♪

  5. handemade

    初心者から上級者まで手作りできるスタンプの作り方

  6. ニット生地は子供服のハンドメイドにピッタリ!

  7. ハンドメイドの消しゴムスタンプの作り方

  8. handemade

    ヘアアクセサリー、リボンバレッタの作り方

  9. handemade

    粘土アクセサリー

ハンドメイド資格講座ランキング