注目の記事 PICK UP!

100均の毛糸を使って段ボール織物とかわいいヨーヨーキルトを作ろう

100均アイテム手作り

コツコツ手作業が得意な人なら、手織りをやってみたいなと思ったことはありませんか。織物には織り機が必要なのでは、と考えがちですが、小さなものを作るのなら、機械がなくても身近なもので代用できます。段ボールと毛糸を使えば、憧れの手織りも実現。100均に揃っている各種の毛糸で、素敵なタペストリーを作ってみましょう。段ボール織物の方法をご紹介します。

ハンドメイドの好きな人が100円ショップに行けば、ついつい目移りしてしまう端切れや布製品。お気に入りの生地は、目的の手作り作品に使った後の残りも、そう簡単には捨てられないものです。いつのまにか、引き出しやケースの中に溜まっていってしまうんですよね。そんな端切れの数々を使ってヨーヨーキルト作りをしてみませんか。基本は丸い形のヨーヨーキルト、大きさや繋げ方でさまざまなアイテムにアレンジできますよ。たくさん作れば、カフェカーテンにもなります。ヨーヨーキルトの作り方と、カフェカーテンへのアレンジ法をご紹介します。

毛糸のタペストリー作りに用意するもの

・毛糸
・段ボール
・カッター
・ハサミ
・毛糸用の針
・割り箸(フォークでも)
・さし

縦糸と横糸になる毛糸を準備します。縦糸とする毛糸はシンプルな色の細めのものを。横糸にはモヘアやラメ入りなど好きなカラーを数種用意すると美しくなります。段ボールは、仕上げたいタペストリーより一回り大きな長方形を用意しましょう。

段ボールを使った毛糸タペストリーの作り方

1. 段ボールに、縦糸を固定するための細工をします。長方形の段ボールの上辺と下辺に、1センチ間隔に切り目を入れていきます。切り目の深さも1センチほど。
2. 縦糸にする毛糸を、段ボールの上下の切り込みに交互にはさんでいきます。毛糸で段ボールを縦にぐるぐる巻いていく形です。切り込みの左端から右端まで巻けたら、毛糸の両端をテープで段ボールにとめておきましょう。裏側にとめると作業の邪魔になりません。
3. 横糸にする毛糸を針に通し、縦糸にくぐらせて織っていきます。右端から左端まで、縦糸の上と下を交互に通します。今度は右に向かい、縦糸の上下を逆にしながら横糸を通していきましょう。
4. 時折、割り箸やフォークなどを使って、毛糸の目を詰めてやります。途中、毛糸の色を変えながら、好みの高さまで織り作業を続けます。
5. きれいに織り上がったら、段ボールを裏返して、縦糸を半分の位置でカット。上下の縦糸を、隣り同士結んで処理します。上部の両端の縦糸を吊るし紐にして、できあがり。

タペストリーにはフリンジや異素材を織り込める

段ボールに入れる切り込みは仮に1センチとしていますが、定間隔であれば、自分の好きな幅でかまいません。横糸に使う毛糸の太さによって、調整してもよいでしょう。

織り上がったタペストリーの下側の縦糸は、適度な長さを残してフリンジにしてもかわいらしくなります。2本ごとや3本ごとにまとめて結びましょう。また、織る作業の途中で、毛糸の束を取り付けると、ボリュームのあるフリンジに。フリンジの配置や、カットの仕方で雰囲気を変えられるので、ある程度デザインを計画しておくとよいですね。

また、横糸に革やリボン、ビーズなどを織り込むことも可能です。こちらも作業途中で随時織り込んでいくので、始める前にプランを練っておきましょう。

作業の過程も楽しい段ボール手織り

特別な道具がなくても手織りができるなら、チャレンジしてみたいと思いませんか。専用機械を使わない手織りには段ボールを使う方法のほか、フレームを使うやり方や、くぎを打った木の板を使うやり方もあります。

地道な手作業で織ったタペストリーは温かくてナチュラルな風合いです。100円ショップで簡単に手に入る毛糸や手芸アイテムを好きなように織っていけるので、創る喜びに満たされながら作業を進められますね。

手で織っていく作業にはやはり時間がかかるので、最初は小さなものから始めてみてもよいでしょう。サイズによっては、コースターやアクセサリーなどに利用できますよ。ぜひ気軽な手織りの方法にトライしてみてくださいね。

ヨーヨーキルト作りに用意するもの

・布
・チャコペン
・ハサミ
・コンパス
・針
・糸
・ものさし

ヨーヨーキルトは好きな大きさに作れますが、カフェカーテンのような長方形に仕上げたい場合は、1つ1つの大きさを揃えます。布は、複数の種類を取り混ぜて使います。あれば薄い生地のものを1、2種類用意すると、カーテンにしたときに、光を透かす部分ができて、きれいです。

ヨーヨーキルトのカフェカーテンの作り方

1. 布を直径13センチの円形にカットします。円形に印を入れるのには、コンパスを使ってもよいし、缶や容器のふたを利用してもよいでしょう。
2. 円の周囲を5ミリ、布の裏側に折りながら、折り目となる縁から2ミリのところをぐし縫いしていきます。1センチほどの大きな針目でかまいません。
3. 円を一周縫い終えたら、糸を引いてギャザーを寄せましょう。生地の表が外側になるよう調整し、半分の大きさになった円の中心で口を絞るようにします。形よく整ったら、糸を玉留めし、中心の口に針を刺して、玉留めを見えないように。反対側で糸を切れば、ヨーヨーキルトの1つが完成します。
4. カフェカーテンのできあがりサイズに必要な数だけ、ヨーヨーキルトを作ります。
5. 隣りに並ぶヨーヨーキルトの接する点を糸で繋ぎ合わせます。まずは横一列に繋いでいきましょう。
6. 列ができあがったら、今度は縦に接する点を繋いでいきます。すべての点を縫い合わせたら、できあがり。

上から1段めと2段目のヨーヨーキルトの間を、じくざくに縫うように突っ張り棒を通すと、簡単にカフェカーテンとなります。

ヨーヨーキルトのカフェカーテン作りのポイント

ヨーヨーキルトを絞る糸は最終的に見えなくなるので、縫い方は多少大ざっぱでも大丈夫。ですが、布に合わせた目立たない色の糸を使いましょう。

カフェカーテンの大きさが60×40センチとすれば、必要なヨーヨーキルトの数は70個。1個1個のヨーヨーキルト作りは、場所もとらず、時間もかからないので、すき間時間に少しずつ進めていくとよいでしょう。直径13センチの布で作ると、ヨーヨーキルトのできあがりサイズは6センチとなります。作りたいサイズによって、円の大きさを変えるとよいですね。

ヨーヨーキルトを大きくすれば、その分作る数は少なくて済みます。小さいヨーヨーキルトはかわいらしいですが、サイズによっては、突っ張り棒が入らなくなります。その場合、通し紐部分を上部に縫いつけると、突っ張り棒に取り付けられます。

好きな布を余すところなく利用できるヨーヨーキルト

中央にギャザーの寄った丸い形のヨーヨーキルトは、それだけでもかわいい姿です。中心部分に小型のヨーヨーキルトを重ねたり、ボタンやビーズを縫いつけたりすると、シンプルな形を楽しめます。

今回のカフェカーテンでは、同じ大きさのヨーヨーキルトを使いましたが、大小さまざまなものを作って、洋服やクッション、アクセサリーにアレンジすることも可能。ヨーヨーキルトは基本的に布素材なので、いろいろな対象に縫いつけられるのがメリットです。

1つのヨーヨーキルトには多くの布を使わず、いろいろな柄を寄せ集めて作品とすることができるので、100均などで買い集めた端切れも余すところなく利用できますよね。好きな布を自由に組み合わせる作業には、手作り好きの人ならハマってしまうのではないでしょうか。ぜひ、ヨーヨーキルト作りを始めてみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 刺繍

    ハンドメイドキットを使えば初心者でも簡単に作れる!

  2. handemade

    マスキングテープ

  3. handemade

    ハンドメイドで子供が笑顔になるすてきなおもちゃを作ってみよう!

  4. ハンドメイドで心豊かな生活を送ろう

  5. handemade

    結婚式を彩るハンドメイドグッズ

  6. handemade

    いまハンドメイド作品が愛される意味とは?

  7. handemade

    子供のお弁当袋を手作りしてみよう

  8. handemade

    不器用さんでも安心!アクセサリーのリボンシュシュをハンドメイドしよう

  9. 編み物

    ハンドメイドで作る温かなひざ掛けの作り方