注目の記事 PICK UP!

100均のプラパンで市販品みたいなリボンアクセサリーが作れる!

handemade

硬質素材のアクセサリーは、市販品の中にしか選択肢がないと思い込んでいませんか。オーブントースターで焼いて加工するプラバンに、子どもの頃、工作や遊びで触れたことのある人も多いでしょう。そんなプラバンを利用すれば、自在にアクセサリーをハンドメイドすることができるんです。平たいプレート状にするだけでなく、躍動感ある立体作品にすることも可能です。プラパンを立体加工できれば、作れるアクセサリーの形は無限に広がりますね。ここでは、まず手始めに、プラバンでリボン形のアクセサリーを作るやり方を見ていきましょう。

プラバンアクセサリー作りに用意するもの

・プラバン
・ハサミ
・アルミホイル
・ハサミ
・色をつける道具(油性マジック、絵の具、色鉛筆、パステルなど)
・サンドペーパー
・グルーガン
・アクセサリーパーツ
・軍手

プラバンは、100円ショップでも手に入ります。

プラバンを使ったリボンアクセサリーの作り方

1. リボンの左右輪の部分、真ん中の結んである部分を別々に下書きします。ヘリコプターのプロペラのような形と細長い長方形です。
2. 下書きの上にプラバンを置き、好きな画材で色をつけていきます。このとき色鉛筆やパステルを使う場合は、あらかじめプラバンにサンドペーパーをかけておくと、色がつきやすくなります。
3. 下書きしておいたリボンの2つのパーツ通りに、プラバンを切りましょう。
4. しわを入れたアルミホイルの上に、色をつけた方を上にしてリボンパーツを置きます。
5. オーブントースターで加熱。プラバンが熱を持っているうちは柔らかいので、軍手をつけた手で手早く加工します。プロペラの両端を中央に向かって折り曲げ、長方形パーツで縦にくるみます。色をつけた面はリボンの内側に向けます。
6. プラバンが冷めたら、グルーガンを使い、好きなアクセサリーパーツに取り付けましょう。

プラバン立体加工のポイントは?

プラバンは、焼くと縮むので、その分を計算して大きさを決めます。同時に、プラバンにつけた色も縮むために濃く出ます。色をつけるときは、考えている完成形より少し薄めの色合いで大丈夫です。塗り方がまだらになったところやグラデーションも、焼くと意外にきれいになります。

プラバンが冷めてくると、硬くなるので、力を加えるタイミングを誤ると折れてしまいます。作業に手間取ってしまった場合も、プラバンに熱を加えれば、また柔らかくなるので、無理せず再度チャレンジしましょう。必ず軍手などで手をカバーすることを忘れずに!

楽しいプラバンの立体加工

立体感を出したプラバン作品は、デザインや工夫次第で、大人の雰囲気にも仕上げられます。リボンだけでなく、花の形にしたり、指輪やバングル用にくるりとカーブさせたりすることも可能です。

プラバンの作業では、色をつける画材を選ばないのも嬉しい点ですね。得意な画材を使って、ドットやチェックなど好きな柄を描きましょう。パステルや色鉛筆なら色をふんわりぼかしても素敵です。画材を使うのが苦手なら、スタンプを使うという方法も取れますよ。

できあがったプラバンにはチープさがなく、もとが100均のプラバンとは思えないくらいですね。プラパン作りを始めたら、手芸や工作好きな人は夢中になってしまうのではないでしょうか。気軽に始められるので、ぜひやってみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    今年いちばんのおすすめ♪面白素材「ズパゲッティ」をご紹介します!

  2. handemade

    粘土アクセサリー

  3. handemade

    かさばらない!エコバッグをコンパクトにたたむアイデア♪

  4. handemade

    手作りでもおしゃれに見えるショルダーバッグの作り方

  5. handemade

    クルミボタンを使ってアクセサリーを作ってみよう

  6. handemade

    引き出しの中の余った素材で作れる!ボヘミアン風ブレスレット

  7. handemade

    英語も学べちゃう!?マスコット付きかわいい手提げバッグの作り方♪

  8. handemade

    簡単に作れるフェルトボールの作り方とフェルトボールでできる小物たち

  9. handemade

    フリーマーケットで大活躍!値札をハンドメイドしよう!

ハンドメイド資格講座ランキング