注目の記事 PICK UP!

100均アイテムで簡単!プチプラブレスレット・折り紙ピアスの作り方

手作りアクセサリーの作り方

革ひもはアクセサリー作りやラッピングに重宝するアイテム。チャームやアクセサリーパーツを通してシンプルに結ぶだけでも、おしゃれに見えますよね。一見スエードのように見えるスエード調のひもなら、100円ショップでも発見できるので、プチプラのアクセサリーに活用が可能です。スエード調のひもをメインにすれば、ナチュラルで甘すぎないアクセサリーになりますよ。スエード調ひもを四つ編みにするブレスレットの作り方をご紹介します!

子どもの頃に折り紙を経験したことのある人は多いでしょう。そんな折り紙をアクセサリーパーツに使ったピアスが人気となっているのをご存知ですか。華やかな柄で小さなサイズに作った折り紙は、それだけでアート。でも、幼稚園小学校で慣れ親しんだことがある人なら、折り紙は難なく折れるはずです。100円ショップにある多彩な折り紙を使って、自分好みのピアスを手作りしてみませんか。

四つ編みブレスレットを作るために用意するもの

・スエード調ひも2本
・ハサミ
・ボードとクリップ(押しピンなどでも)
・ひも10センチ

スエード調ひもは、同じ色2本を使っても、違う色にしてもかまいません。ボードとクリップ、10センチのひもは、スエード調ひもを編むときに固定するためのものです。雑誌と洗濯バサミなど、家にあるものを利用するとよいでしょう。

四つ編みブレスレットの作り方

1. 2本のひものうち1本を半分に折ります。折り目の部分がブレスレットの片側先端になります。
2. ボードを机に置き、上辺にあたる位置にクリップをとめます。スエード調ひもの折り目に10センチほどのひもをひっかけて、両端をクリップで固定します。こうすると、スエード調ひもを傷めません。スエード調ひもの中央の折り目は奥に、両端は手前にある状態です。
3. 二重になっているひもの下に、もう1本のスエード調ひもを、直角になるようくぐらせます。左右に出ている2本目のひもの長さが同じくらいになるように調節しましょう。右と左のひも同志を縦の二重ひもを包むように1回結びます。
4. 結んだひもは縦の二重ひもに沿ってずらせます。先端の折り目から1.5センチの位置に動かし、そこから四つ編みを作っていきます。編み始めは位置がずれやすいので気をつけて。
5. 4本並んだスエード調ひものうち、操作するのは常に右端のひもです。隣りのひもに対し、下にくぐらせ、上に通し、また下にくぐらせて、左端に移動させていきます。左端まで移動したら、次にまた、右端のひもを左に向かい、下上下と操作します。この作業を編み目が好きな長さになるまで、繰り返します。四つ編みがまっすぐになるよう、時折、指でなじませましょう。
6. 好きな長さまで編めたら、右端の1本で残りの3本をくるむように結びます。4本のひもを好きな長さでカットしてください。
7. クリップを外し、4本のひもの端を最初に作った輪の部分に通して、完成です。

おしゃれな四つ編みブレスレットを作るコツ

四つ編みの長さは手首にくるりと一周するだけでもよいし、二巻き分の長さにしてもよいでしょう。

最後の4本のひものフリンジ部分は、あまり短くすると輪から抜けやすくなってしまいます。10センチほどの余裕を持たせましょう。また、フリンジの先にそれぞれ結び目を作っておくと、抜けにくくなり、アクセントにもなります。1本ずつ結び目を作る、あるいは2本ずつ結び目を作るなど、好みでアレンジしてみてください。

ひもの先部分のカットを直角にするとナチュラルな感じに、斜めにするとシャープな印象です。仕上げたいイメージで、カットの方法も変えてみるとよいですね。

四つ編みに慣れたらアレンジも試してみて

100円ショップのスエード調ひもは革製品によくある茶系やベージュ系のものから、カラフルなものまで揃っています。カラーの選択で大人っぽくもかわいらしくも作れるので、家族でお揃いのものを持ってもよいですね。

ひもを編む方法には、四つ編みのほかにもさまざまあり、素材がひもだけに他の素材と組み合わせたり取り付けたりすることも簡単です。ご紹介した方法では、フリンジを輪に通すことでブレスレットにしていますが、ブレスレットの両端にメタルパーツを取り付けて留め具にすることもできます。メタルビーズやチャーム、天然石と合わせても素敵なブレスレットになりますよ。

革ひものアクセサリー作りをやり始めたら、いろいろな方法を試してみたくなるかもしれませんね。スエード調ひもならチャレンジも簡単なので、まずはベーシックな四つ編みブレスレット作りから、ぜひやってみてくださいね。

折り紙ピアスのハンドメイドに準備するもの

・折り紙
・UVレジン液
・筆
・9ピン
・ピアス用パーツ
・ニッパー
・平ペンチ
・針
・あればUVライト

UVレジン液は透明な樹脂で、紫外線にあてることによって硬化します。アクセサリーや手工芸に大活躍するアイテムですが、手芸店のほか100均でも手軽に購入できます。レジンを使ったクラフトやジェルネイルをする人なら、UVライトを持っているかもしれません。UVライトをあてればレジンの硬化スピードは早くなりますが、晴れた日の日光を利用するのでも大丈夫です。季節によっても異なりますが、30分ほどで固まります。

かわいさ再発見!折り鶴ピアスの作り方

折り紙の中でも代表的なのが折り鶴。インドアの遊びにあまり興味がなかったという人でも、千羽鶴などで経験があるかもしれませんね。身近すぎる折り鶴ですが、改めて見ると、正方形の紙から作れるのが不思議なくらい、繊細でかわいらしい形です。

1. 4センチ×4センチの折り紙で鶴を折ります。1つ作ってみて、できあがった大きさを変えたければ、もとの折り紙の大きさを調整しましょう。くちばしや尾など細かな部分は針を使うと形が整います。
2. 折り鶴の中央を縦に貫通するように、針などで穴を開けます。
3. 9ピンの丸くなっている方を上にして、鶴の穴に通します。
4. 鶴の下方から出た9ピンの先を、作業しやすいようにニッパーでカットします。切り過ぎないように注意してください。
5. UVレジン液を容器に出し、筆で鶴に塗っていきましょう。きれいに仕上げるため、上側と下側、2回に分けて塗ります。まずは鶴の上部、9ピンが通っている周辺から始め、外側に塗っていきます。細かな部分も丁寧に。上部が終わったら、一旦太陽光にあてて硬化させます。
6. 1回目のレジンが硬化したら、今度は下部を塗っていきましょう。やはり9ピンの周りから塗り、隅々まで塗り広げます。もう一度太陽光にあてます。
7. 全体のレジンが十分硬化したら、9ピンも固定されているはず。鶴の下から出た部分をギリギリのところでカットします。
8. 9ピンの丸の部分は片方が開くようになっています。平ペンチで開閉し、ピアス用のパーツと繋げたら、完成です。

アクセサリーデザインを気軽に楽しめる!

もちろん折り紙で折れるものなら、鶴でなくてもかまいません。紙ひこうきや蝶、手裏剣型なども面白いですし、立体に完成する星型も素敵です。

折り紙単体でピアスにしてもかわいらしいですが、さまざまなアクセサリーパーツと組み合わせると、アレンジの仕方はぐんと広がります。チェーンやビーズ、トンボ玉など合わせて、自分だけのデザインを考えるのも、ハンドメイドの楽しさですね。

また、レジン液ではなく、透明なマニキュアを塗っていくという方法もあるので、マニキュアを持っているなら、まずはそれを使ってみるとよいでしょう。

洋服にも和服にも合わせやすい折り紙ピアス

100円ショップに置いてある折り紙の柄は、ポップなものから和柄まで多種多彩。ほんの1枚でピアスができてしまうから、要領がわかったら、いろんなパターンの柄や形を作っておくことができますね。どんなファッションにもぴったりのカラーのピアスを選べますし、和柄の折り紙ピアスなら、和服や浴衣のときにも似合います。

折り紙は、加工がしやすい上に軽いのが特徴ですが、破損しやすいのが難点です。そんな弱点をカバーするのがレジン。レジンコーティングがツヤを出し、丈夫にもしてくれるので、折り紙素材のアクセサリーを可能にするのですね。

折り紙アクセサリーの材料は、100均でも入手できるのでとても手軽です。折り紙ピアスで耳元のおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    ガラスドーム♪ハンドメイド販売サイトでも大人気の新クラフトです!

  2. handemade

    ご存知ですか?ハンドメイドで「トートデコ」

  3. handemade

    ハンドメイド商品を販売するならまずはネームタグを作ろう!

  4. 手作り洋服の作り方

    100均の極太毛糸で始めるアームニッティングとチュニックの簡単な作り方

  5. DIYで本棚を簡単にハンドメイドしちゃおう!

  6. 関西のハンドメイドイベント

  7. ティシュケースとキーケースの作り方

    初心者必見!ティッシュカバーとリバティープリントでキーケース

  8. 定規

    ハンドメイドで使う素材あれこれ

  9. 子どもに人気のハンドメイド

    子どもに人気のハンドメイド作品の作り方