注目の記事 PICK UP!

100均で材料が揃う!がまぐち口金を使った財布の作り方

handemade

100均は手芸コーナーが賑やかですね。大抵のものはなんでも揃います。
今では、がま口の口金も種類豊富です。
コインケースが欲しいと思ってたので、作ってみました。用意した口金は丸8cmですが
商品によっては簡単な説明書も付いている場合は、そちらを参考に材料を集めてください。

材料

・表布と裏布 14cm角のものを4枚
(全部同じでもいいですし、表裏の2種類、違う布4枚でもいいです。
ただし、生地の合わせやすさを考えると表・裏それぞれ同じ種類で合わせた方が良いでしょう。)
・がまぐち口金 丸8cm
・口金に挟む太めの紙ひも
(紙ひもはホームセンターに売っています。100均にもあるので探してみてください。)
・目打ち
・ペンチ
・木工用ボンド
・ヘラか爪楊枝のような細いもの

作り方 布をカットします

1.布は型紙が付いていたら、その通りにカットしてください。
2.付いていない場合は、横13.5cm、縦13cmの印をつけて、下から8cmの両脇に印を付けます。
3.両脇の印を付けたところから、もう一方の印をつけたところまで、半円を描くようにアーチ状の印を付けてください。
4.出来ましたら縫い代の印を1cmつけます。

作り方 布を縫います

1.表布・裏布をカットして印をつけ終わったら、表布の表面が内側にくるように合わせます。(内側に合わせている方が表面・目で見える外側が裏面になるようにします)
2.両脇と底を縫います。
小さいので今回は手縫いにしていますが、もちろんミシンでもOKです
3.縫った角のマチを作ります。両角を三角にカットします。
4.角から1cmのところに印を付けて、両手で1枚ずつ布を持ち左右に広げます。
そうすると縫い合わさった部分が真ん中に来ますね?縫い代はどちらに倒してもいいです。
5.印を付けたところを縫い付けます。
マチを作ることで、表布と裏布を合わせた時に底の布がダブつかず、キレイに重なります。
6.同じように裏布も縫い合わせ、マチを作ります。
7.表布を表に返します。裏布はそのままです。
8.表布の中に裏布を入れて、表布と裏布の上部分を合わせます。
9.それぞれの布の上部を内側へ折り込み一周をまつり縫います。

財布の完成 布と口金を合わせます

1.口金の溝にボンドを入れてヘラか爪楊枝で伸ばします。
2.まつり縫いした布の上部と口金の中心を合わせて、布と紐を目打ちで押し込みます。
目打ちで怪我をしないように注意して押し込んでください。
目打ちを使うのが苦手な方は「口金入れ」「がま口用はめヤットコ」という名称で販売されていますので、そちらをご利用ください。
3.中心が固定されたら周りの布もギャザーを寄せて、バランスをとりながら押し込みます。
4.口金の両端(4か所)をペンチで締めて完成です。
(口金を別の布で包み、ペンチで締めると口金に傷がつきません。)
5.最後にはみ出た木工用ボンドを濡れ布などで拭き取り綺麗にしましょう。

まとめ

この要領でできたら、口金を使った長財布も簡単にできますね。
本革で作ろうと思ったのですが、口金に入りませんでした。
そういうときはギャザー分を考えずに口金の長さと同じ寸法で皮革をカットしましょう。
初心者さんでも2時間あれば作れちゃいます。
いろんな布で作ってプレゼントにしたりできますね。
小物入れでも可愛いですね!!
がまぐち口金はどこにでも売ってる同じものですが、好きな布で作ったり、組み合わせを自由に変えてみたり、パッチワークにしても個性が出ます。
世界に1つだけの財布です。是非作ってみてくださいね

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    ひと結びで簡単!平面なのに立体に包める不思議なあづま袋の作り方

  2. handemade

    個性派が続々登場♪愛知のイベント情報!

  3. チェーン

    密かに人気なチョーカーをハンドメイドしてみよう

  4. 小物

    簡単に作れるエプロンの作り方

  5. handemade

    100均のスエード調ひもが主役!簡単四つ編みブレスレットの作り方

  6. handemade

    自慢の手づくり品を販売してみませんか?作品を販売する方法をご紹介します♪

  7. handemade

    ネットオークションでのトラブル実例集。事例を知って被害を防ぎましょう!

  8. handemade

    レースアップシューズで女性らしい足元に?トレンドの靴は100均アイテムでDIYできる

  9. handemade

    簡単に始められるおすすめのペーパークラフト

ハンドメイド資格講座ランキング