注目の記事 PICK UP!

黒板付きでおしゃれなカフェ風♪すのこで作る自立式ウェルカムボード

handemade

もともとはお風呂場や押し入れに敷いて使われるすのこ。実は、このすのこ、本来の目的からかけ離れたDIY作品に利用するのが人気となっています。木材を素材とし、シンプルに組み立てられている形のすのこは、簡単に手を加えやすいのが特徴。すのこという完成品ではなく、1つの材料という見方をすれば、さまざまなインテリアアイテムとなって生まれ変わります。ここでは、すのこを使って、おしゃれなウェルカムボードをDIYするアイディアをご紹介します。

すのこのウェルカムボードDIYに用意するもの

・すのこ
・蝶番
・黒板
・チョーク
・木製ボックス
・ネジ
・麻ひも
・塗料
・ドライバー

すのこは小さなものなら100円ショップでも手に入ります。大きいサイズで作りたいなら、ホームセンターで探しましょう。すのこそのままでも、木製素材の味を活かせますが、色を塗りたい場合は、好みの塗料を準備します。ネジは、蝶番用にすのこの板を突き抜けない短いものを、ボックス取り付け用には少し長めのものを用意しましょう。

おしゃれなカフェ風ウェルカムボードの作り方

1. 2枚のすのこを縦にして山型に立てます。1枚はげたがついている裏面を外に、もう1枚は表の面を外に向けます。すのこが連結する部分に、蝶番を2個、ネジで取り付けましょう。これで2枚のすのこが開閉できるようになります。
2. 裏面が外に向いているすのこの側に、木製ボックスを取り付けます。一番下のげたに乗せるような位置で、すのこの内側からネジで固定します。
3. 色やツヤを加えたい場合は、ここで全体にペイントします。
4. 塗料が完全に乾いたら、中央のげたの上に黒板を設置しましょう。
5. 2枚のすのこが開き過ぎるのを防ぐために、一番下のげた同志を麻ひもで結びます。
6. 黒板にチョークで文字や絵を描き、木製ボックスに観葉植物などを飾ったら、完成です。

すのこのウェルカムボードDIYのポイント

連結させる2枚のすのこの左右がずれないように、蝶番の取り付け位置に気をつけます。蝶番や木製ボックスの取り付けにネジを使うときには、あらかじめキリで穴を開けておきましょう。ネジを締める作業を楽にするだけでなく、木材の割れを防ぎます。

麻ひもは、すのこに直接結ぶのでもよいし、それぞれのすのこにネジ式のフックを取り付けておき、フックに引っ掛けるのでもよいですね。市販の黒板にちょうどよいものがなければ、黒板塗料を使う方法もあります。黒板塗料は、塗った面が黒板となるもので、ぴったりサイズの板やフレームを利用できます。

手軽な休日DIYにぴったりのすのこウェルカムボード

水はけや通気性など、実用的な目的から生まれたすのこの形。板が等間隔に並ぶ外観をうまく利用すれば、おしゃれなインテリアアイテムに早変わりします。板にすき間があるために、軽い上、加工しやすいのもメリットです。

自立式ウェルカムボードでは、2枚のすのこを立てて使うという思いがけないアイディアで、裏面のげたもうまく利用しています。すのこを始め、材料の多くは安価に揃うものばかりなので、手軽におしゃれなウェルカムボードが作成できます。木材のナチュラルな質感が、黒板の素朴さ、植物のグリーンとよく似合い、訪れた人を優しく出迎えてくれそうですね。休日DIYにぜひチャレンジしてみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 通信講座でハンドメイドを極める

  2. handemade

    初めてさん歓迎♪型紙いらずの超簡単まっすぐソーイング!

  3. handemade

    カルトナージュの手法を使って牛乳パックを再利用!おしゃれなふたつき小箱を作ろう

  4. handemade

    眠ったままの布を子どもたちの隠れ家に?素朴でかわいいテントをDIYしよう

  5. handemade

    意外に簡単!ハンドメイドテーブル

  6. handemade

    見せる収納に!100均アイテムでワイヤーバスケットをDIYしよう

  7. handemade

    エプロンに型紙は必要?不要?

  8. handemade

    かわいいと噂のキャンディポット!100均アイテムはどう使う?

  9. handemade

    型紙なしであっという間にできる可愛いスカートの作り方

ハンドメイド資格講座ランキング