注目の記事 PICK UP!

髪に軽やかに揺れるチュールゴム100均アイテムで簡単DIY

handemade

毎日のファッションに合わせて、ヘアアクセサリーだって着替えたいですよね。豊富にあるヘアアクセサリータイプの中でも、注目を集めているのがチュールゴム。適度なボリューム感のあるリボンがふるふる揺れて、まとめ髪や編んだ髪に大人っぽいかわいさをプラスしてくれます。そんなチュールゴムを使ってみたい!と思ったら、自分で手作りしてみましょう。100均の材料を使って、チュールゴムをハンドメイドするのはとても簡単。チュールゴムの作り方をお伝えします。

チュールゴムを手作りするときに用意するもの

・リングゴム
・リボン
・ホツレ止め液
・ハサミ

ベースとなるゴムは好みの太さ、色のものを用意します。リングゴムを使うと、結び目がなく、きれいです。リボンも好きな幅、カラーのものを2、3種類を用意しましょう。オーガンジーのリボンが、チュールゴムのふわふわ感に似合います。

チュールゴムの作り方

1. 使いたいリボンをそれぞれ25センチ程度の長さにカットします。
2. リボンの両端をまっすぐ、あるいは斜めの線になるよう、ハサミで整えます。
3. リボンの切り口にホツレ止め液を塗り、乾燥するまで20分ほど待ちましょう。
4. ゴムにリボンを取り付けていきます。リボンを約半分に折り、折り目のある側を少しゴムの輪の中に差し入れます。リボンの輪となったところに、ゴムの逆側からリボンの両端を入れ、引き締めます。
5. リボンがゴム全体の1/4~1/3となるよう、続けてリボンを取り付けていきましょう。
6. リボンによっては、結び目がほどけやすいので、ゆるくなりそうな結び目には、ホツレ止め液を垂らしておきます。

リボンの長さや先の形、ボリューム感は好みでOKです。

自由なアレンジができるチュールゴム

好きなリボンをゴムに取り付けていくだけなので、とりたてて難しい作業はありません。リボンやゴムの選び方によって、アレンジ方法が幅広いため、自分のファッションに合うものを、バリエーション豊富に作っておけますね。

リボンはオーガンジーやネット状の透け感のあるものがぴったりですが、コットンのリボン、レースなどを取り合わせてもかわいらしくなります。リボン端をすべて同じ長さに作ってもよいし、あえて揃えず長さを違えてもよいですね。

複数のリボンを一緒に結ぶと、チュールのボリューム感がアップします。透け感のあるものとないものを取り混ぜて結ぶ場合は、透けるリボンの方が外側に出るように注意すると、きれいです。

チュールゴムならナチュラルに女子感アップ

リボンをいわゆるリボン結びにしないチュールゴムは、子どもっぽくならず、それでいて揺れるリボンがヘアスタイルをかわいく飾ってくれます。ゆるいテール部分ばかりを集めているので、髪にナチュラルな遊び心がはずんで見えますよね。

自分でハンドメイドすれば、カラーやリボン素材の取り合わせも自由。100円ショップのアイテムも上手に取り入れれば、低予算でかわいいチュールゴムができてしまいます。上記のチュールゴムではリボンの垂れを活かす結び方をしていますが、幅広のリボンを短く使って固結びにすれば、シュシュにもアレンジできますよ。

優しい雰囲気のチュールゴムなら、きっとフェミニンさもアップ。さっそく手作りして、ぜひ明日からのヘアスタイルに使ってみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 和風の小物を素敵にハンドメイドしよう

  2. handemade

    接着剤を使い分けて簡単ハンドメイド

  3. handemade

    切り絵

  4. handemade

    無料型紙で手作りに挑戦してみよう!作り方とサイトをご紹介

  5. handemade

    初心者必見!オシャレなピアスの作り方とポイントまとめ

  6. handemade

    簡単に出来る、ドライフラワーでのリースの作り方まとめ

  7. ハンドメイドでナップサックを作ってハイキングに出かけよう!

  8. handemade

    今年いちばんのおすすめ♪面白素材「ズパゲッティ」をご紹介します!

  9. handemade

    簡単、100均のプラバンで作る指輪の作り方とポイントまとめ

ハンドメイド資格講座ランキング