注目の記事 PICK UP!

風合いの良いレザーウォレットをハンドメイドして使う

レザーを使ったウォレット(財布)を作ろう!

レザーを使った財布は高級感もあり、何よりも革の素材は使い込んでいくうちに風合いが良くなりとても丈夫なのでのでハンドメイドして長く愛用することができます。

ヌメ革を使った財布

ヌメ革とはタンニンで鞣しただけの着色や表面の加工を行わずに仕上げた皮革です。はじめは白っぽいような色をしていますが、使い込んでいくうちに飴色に変色していきます。ヌメ革にはレザーそのものの味わいがあり、レザークラフト愛好家の間でも好んでハンドメイドされる素材です。初めて財布をレザーでハンドメイドする場合にはヌメ革を使うのがおすすめです。

ホックを使うかファスナーを使うか

財布を作る場合には口を閉じるのにどんな金具を使うのかでデザインも変わってきます。ホックを使って留める場合にはフタをするようなデザインの財布になりますし、ファスナーを使えばサイドの革をファスナーで繋いで作るデザインになります。

縫い目をどうするか

縫い目は一般的には蝋引きの糸を使って手縫いのステッチをかけていきますが、デザイン的な縫い目にするなら革紐を穴にとおして縫い合わせる飾りステッチが華やかです。穴をあけるときに蝋引き糸を使う場合は菱目打ちで穴をあけますが、飾りステッチをするときには革紐が通る大きさの平目打ちを使って穴をあけます。

どんな形の財布を作るのか

財布の形をどんなものにするのか、好みによって分かれるところです。初心者さんはコインケースが簡単で作りやすいですが、しっかりと型を取り、ゆっくり縫い進めていけば多少形が複雑でも作れるのがレザーの楽しさです。硬めでシンプルなレザーを使う場合はカービングや刻印をしても良いでしょう。

・長財布
長財布はお札を入れる部分の仕切りが難しいですが、慎重に作れば立派な財布をハンドメイドすることができます。カード入れも作って収納しやすいように工夫して作りたいですね。縁に飾りステッチをすると豪華な雰囲気の長財布になります。

・二つ折り
二つ折りの財布を作るときには折り曲げる部分がスムーズに曲がるように工夫が必要になります。コインを入れる部分やカード入れも取り付ければ使いやすい財布になりますね。二つ折りの財布はファスナーを取り付けて作る場合もホックを付けて留めるように作る場合もありますが、折るだけで留め具のないものはシンプルできれいな見た目になります。

・コインケース
コインケースにはいろいろな種類があります。半分に折り曲げてそこにファスナーをL字に縫い付けたコインケースや、BOX型になったコインケース、シンプルにポーチ状になっているコインケースや馬蹄型のコインケースなどがあります。コインケースは取り出しやすいように口が大きく開くデザインのものがおすすめです。

・ガマ口財布
ガマ口の財布はノスタルジックな雰囲気のある財布です。布で作られることも多いですが、レザーで作られることによって高級感のある財布になります。ガマ口財布にする場合には柔らかめのレザーを使った方が扱いやすく作業がやりやすいです。ただし、柔らかいレザー生地は縫うときに伸びて縫いにくいので初心者さんは少し手強いかもしれませんがしっかりと穴をあけて一針一針丁寧に縫っていけば十分作れます。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    どこにも売っていないハンドメイドヘアゴムの作り方

  2. handemade

    楽しくリサイクル♪いろんな素材を再利用したバッグの作り方

  3. handemade

    棚を安価で手軽にハンドメイドする方法

  4. handemade

    売りたい人のための、マーケットサイト比較!

  5. handemade

    子供のお弁当袋を手作りしてみよう

  6. 手作りお守りとアクリルたわし

    100均素材の手作りお守りと100均の毛糸で作るアクリルたわし

  7. handemade

    気分がアガる!スマホケースをアレンジしてみる

  8. handemade

    素材をサイトで上手に見つけてハンドメイド

  9. handemade

    接着剤を使い分けて簡単ハンドメイド

ハンドメイド資格講座ランキング