注目の記事 PICK UP!

隙間時間に手縫いできる小物いろいろ

裁縫

手縫いできるものといえば布です。そして簡単に手縫いできるのは小物です。

ミシンがけしなくても、お家にある布で作れる小物や既成の小物をアレンジしてみましょう。

フェルトを使った手縫いの小物

フェルトが便利なのは端の始末をしなくて良いことです。ただ縫い合わせるだけで端からほつれることがないので、面倒くさがりさんには嬉しい生地です。
・花や動物などの形に合わせてフェルトをカットして上からパーツを縫い合わせてできます。
・同じ大きさのフェルトを重ねて四隅をつまみ縫い合わせると小物入れができます。
・フェルトボールに糸を通しせばコロコロ可愛いブレスレットが出来上がります。更に糸で繋げる前にビーズなどをフェルトに縫い付けたらフェルトの表情が変わりますので試してみてください。

ただ四角く縫うだけの手縫いマット

正方形の布を2枚重ねて端から1センチのところをぐるりと縫います。1辺の真ん中4cmくらい残してください。表布をひっくり返してアイロンがけして端をまつり縫いしたらコースターが出来上がります。

少し大きめの長方形にしたらランチョンマットができますね。縫うところが増えますが要領は同じです。

ハギレのポーチを簡単に手縫い

お好みの大きさで作ってください。カード入れなら2枚合わせるだけでいいですし、化粧品など小物を収納するのはマチの部分を考えて。

あとファスナーのサイズに合わせて作るのもいいですね。短めのファスナーでしたら手縫いの方がミシンよりも縫いやすいです。

ハギレをあわせてパッチワーク風にすると個性が際立ちます。ファスナーもいいですが、がま口タイプやバネ口金なら簡単に開け閉めできるので使いやすさも加わり、更に手縫いが簡単です。

リネン素材の生地があれば是非作ってみたい手縫いの布ナプ

作り方の基本
1.ホルターとパットの2枚を作ります。パットは汚れたら取り替えるので多めに作りましょう。
2.まずはパットですが、いままで使っていたナプキンの大きさに合わせて布を2枚(ガーゼのような薄い素材は4枚)カットします。
3.中表にして、ひっくり返す5cmくらい残しながら端から1cmの縫いしろをぐるりと縫います。生地の表をひっくり返してアイロンで縫い目を整えたら5cmくらい開いた箇所をかがり縫いしてパットの完成です。
4.次に、ホルターですが、ハンドタオル大のサイズを2枚用意します。
5.パットを挟めるホルターテープ(リボン幅の布かリネンのレースなど)を対の角からパットの先が納まるくらいの場所で2枚の生地の間にテープをセットします。
6.テープは2か所マチ針で仮止めしてください。生地は中表にして1辺の真ん中部分5cmくらい残してぐるりと端から1cmのところを縫います。
7.5cm残したところから布を出してひっくり返し、アイロンで縫い目をアイロンでしっかり固定して更に上からぐるりと一周縫います。
8.ホルターテープをつけていない一対の角にスナップボタンを取り付けてホルターは完成です。

他にも使い古したTシャツ・ネル素材・捨てようと思っていたタオルハンカチなど適しています。肌に直接当たるのでケミカル素材の生地は使用しないでください。

まとめ

手芸店にはパッチワーク用のハギレがありますし、使わなくなり捨てようと思った洋服、ハンカチ、タオルなど家にあるもので小物は十分出来上がります。

お子さんがいらっしゃる家庭なら、さらに布は増えます。もともと好きな素材や柄を選んで購入したものが多いのですから、最後まで使い切りましょう。小物にしても使い切らないときは、ぞうきんなどに回しましょう。汚れた布は捨てればいいので、環境にも優しく水を汚さずに済みます。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. コサージュをハンドメイドしてみよう

  2. handemade

    売れるものは丁寧に作られている!今すぐ見習いたい、丁寧な仕上げのコツ

  3. handemade

    カルトナージュの手法を使って牛乳パックを再利用!おしゃれなふたつき小箱を作ろう

  4. ハンドメイドでワンランク上のおしゃれな布小物を作るには

  5. 刺繍

    100均アイテムでできる!革・レジン・プラバン・粘土で手作りキーホルダー

  6. handemade

    マスキングテープ

  7. handemade

    初心者必見!簡単ティッシュカバーの作り方まとめ

  8. 糸

    テーブルを彩るさまざまなハンドメイド作品

  9. handemade

    エプロンに型紙は必要?不要?

ハンドメイド資格講座ランキング