注目の記事 PICK UP!

見た目は本格的!ステンドグラス風フレームを100均アイテムで簡単作成

handemade

半ば光を透すステンドグラスは、格調高くもアンティーク調にも見えてとても素敵ですね。そんなステンドグラスをインテリアに取り入れたいと考えたことはありませんか。憧れのステンドグラスをぐんと身近にしてくれるのが、100均ショップにも並んでいるガラス絵の具です。ガラス絵の具を使えば、ステンドグラス風のフレームを作るのも難しくありません。ステンドグラス風フレームの作成方法をご紹介していきましょう。

ステンドグラス風フレームの作成に準備するもの

・ガラス絵の具
・フォトフレーム
・フレームと同じサイズの紙
・テープ
・ボンド
・綿棒

仕上がりをステンドグラス風にするためには、輪郭を黒くする必要があります。まずは黒のガラス絵の具、そして好きなカラーの絵の具を用意しましょう。

ステンドグラス風フレームの作成手順

1. まずはフレームと同サイズの紙に図案の下書きをします。
2. フレームから透明なアクリル板を外し、下書きにテープで仮止めします。
3. 下書きに沿って、黒のガラス絵の具で輪郭を描きましょう。輪郭を描き終えたら、表面が乾くまで30分~1時間ほど待ちます。
4. 輪郭の中に色のガラス絵の具をのせていきます。普通の絵の具と同様に色を混ぜて作ってもOK。細かな部分は爪楊枝の先端を利用すると便利です。ムラやすき間のないように丁寧に作業しましょう。
5. すべて塗り終えたら1日置いて、絵の具を乾かします。ガラス絵の具が完全に乾くと、半透明になり、光を透してきれい!
6. アクリル板をフレームに戻して、完成です。

ステンドグラス風フレーム作りのポイント

ガラス絵の具の容器は先が細くなっているので、そのまま線を描けるようになっています。そのままで扱いにくい場合は、絵の具を小さな容器に出し、手持ちの細筆にとって使いましょう。描き損じた場合は、綿棒で丁寧に拭き取れば大丈夫です。

完全に乾いたガラス絵の具は、描いたところがつるつるしていれば、端から容易に剥がすことができます。剥がした絵は、別のつるつるした面にくっつけることも可能です。逆に、失敗をやり直したり、デザインをイメージチェンジしたりすることも簡単です。

フォトフレームには、一般的に裏板が付属しています。ステンドグラス風に仕上げるには必要ないので、その分厚みがなくなります。留め具でアクリル板が固定できないようなら、フレームの内枠部分にボンドを使いましょう。

美しいステンドグラス作品に簡単チャレンジ

ヨーロッパの教会を連想させる美しいステンドグラス。小さなものでも1つあれば、お部屋の雰囲気がおしゃれになりますよね。とはいっても、ガラス工芸であるステンドグラスを本格的に作ろうと思えば、ガラスの加工が必須であり、自宅でのハンドメイドはちょっと敷居が高いもの。そんなステンドグラスも、ガラス絵の具で模したものなら、意外と簡単に取り掛かれます。絵の具は100均でも揃えられるので、お手軽です。

ガラス絵の具は、フレームだけでなく、さまざまなものに描くことができます。ガラス製の空き瓶や鏡などに描いてアレンジするのもよいですね。ガラス容器を加工して、キャンドルホルダーにすると、灯りが幻想的に見えて素敵です。いろいろな楽しみ方を工夫できるガラス絵の具を、ぜひハンドメイドに取り入れてみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 編み物

    手元にある生地で簡単に作れるティッシュケース

  2. handemade

    少し手の込んだバックの作り方をご紹介

  3. handemade

    型紙なしであっという間にできる可愛いスカートの作り方

  4. handemade

    眠ったままの布を子どもたちの隠れ家に?素朴でかわいいテントをDIYしよう

  5. handemade

    手作り石鹸の安全な作り方

  6. handemade

    ハンドメイド講座で人気のデコパージュについて

  7. handemade

    絶対行きたい!東京のハンドメイドイベント5選

  8. handemade

    毛糸を使った編まないで作れるおしゃれアイテム

  9. ハンドメイドで使う接着剤の種類と注意点

ハンドメイド資格講座ランキング