注目の記事 PICK UP!

色も形も自由自在!自宅にあるものだけで作れるペーパービーズ

handemade

ペーパービーズはその名の通り、紙で作るビーズです。写真のように、他素材のビーズと合わせてアクセサリーに仕上げると、もとの姿が想像できないほど。どこの家庭にでもある紙を材料とするので、あまりコストもかからない上、色や形のデザインは工夫次第で変えられます。形の作り方は、くるくる巻いていくだけと簡単なので、子どもの工作にもおすすめです。身の回りの紙を使って、どこにもない自分だけのビーズを作ってみませんか?

簡単!ペーパービーズ作りに用意するもの

・紙
・カッティングマット
・カッター
・竹串
・のり
・透明なマニキュア
・ものさし
・鉛筆

紙は、一般的な用紙のほか、色鮮やかに印刷された雑誌や広告、包装紙などが利用できます。竹串の代わりに楊枝を使ってもかまいません。

基本的なペーパービーズの作り方

1. まず、ビーズにしたい紙を選びます。底辺が2センチ、高さが20センチの細長い二等辺三角形の形に鉛筆で印を入れ、カッターで切ります。これがビーズ1個分となるので、欲しい数だけカットしましょう。
2. 二等辺三角形の紙を裏に向け、底辺に沿って竹串を置いて、紙をくるくると巻き付けていきます。
3. 紙の残りが5センチほどになったら、紙の裏側にのりをつけて、終わりまで巻きます。
4. 巻き終えて、ビーズ状になった紙の表面に、透明なマニキュアを塗りましょう。
5. マニキュアが乾燥したら、ビーズをそっと竹串から外して、完成です。

きれいなペーパービーズを作成するコツ

紙が途中でゆるむことのないよう、しっかり手で押さえながら巻き付けましょう。竹串の部分が、ビーズの穴となりますが、革ひもなど太いものを通したい場合は、丸い割り箸が利用できます。

マニキュアを2度塗りすると、ツヤが増し、紙の段差も目立たなくなるので、きれいに仕上がります。透明なマニキュアの代わりに、ニスでもOKです。マニキュアやニスを塗るときには、換気に注意しながら、作業を進めましょう。

塗り終えたものは、発泡スチロールやオアシスなどに串の先を刺しておくと、互いに触れ合うことなく乾かせます。乾燥したものをカラーごとに分けておくと、いつでもアクセサリーや小物作りに使えて便利です。

センス次第でクオリティの高いものになるペーパービーズ

もともと素材とするものが手を加えやすい紙であるだけに、ペーパービーズ作りには、さまざまな応用ができます。完成後に見える部分は紙が重なっていくために小さな断片となり、意外な柄となります。雑誌や包装紙などをリサイクルしても、それとはわかりません。あらかじめ白い紙に自分で色を塗ったもの、模様を描いたものなども使えます。

また、巻き上がったビーズに塗るマニキュアを濃いカラーのものにすれば、もとの柄はわからなくなります。マニキュア自体の色を活かすビーズとなり、複数のビーズを同じ色調で作ることが可能です。

二等辺三角形のサイズや角度を変えれば、ビーズの大きさ、形も変化します。底辺を幅広くすれば紡錘形に、高さを増やせば丸っこい球状になり、三角形ではなく台形にすれば、円筒に近い形にもできます。

使用する紙の厚さによっても、できあがりは変わってくるので、実際に試作してみるのが一番かもしれません。センス次第で、クオリティの高いできばえとなるペーパービーズに、ぜひトライしてみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    手作りの布おもちゃで、英語のスペルを覚えよう!

  2. チェーン

    イヤリングをハンドメイド!簡単な作り方をご紹介

  3. handemade

    「作家募集」にひそむ罠 委託販売のトラブル事例集

  4. handemade

    初心者さんにおススメの作品投稿サイト紹介

  5. チェーン

    チェーンの基礎知識と使い方

  6. handemade

    手作りバッグがUPされている注目のブログ

  7. handemade

    簡単に出来るクラッチバッグの作り方とポイントまとめ

  8. handemade

    ハンドメイドで子供が笑顔になるすてきなおもちゃを作ってみよう!

  9. handemade

    パンプスの靴先にワンポイントのおしゃれができるシューズクリップを手作りしてみよう

ハンドメイド資格講座ランキング