注目の記事 PICK UP!

腕時計パーツを使って手作りの腕時計を作ってみよう

handemade

腕時計は時を把握する目的の他にアクセサリーとしてつける一面もありますよね。腕に身につけることでおしゃれができる腕時計をハンドメイドで作ってみましょう。

腕時計を手作りするためには

腕時計を手作りするためにはまず腕時計パーツを購入しなければいけません。文字盤やベゼルがレトロなものから上品なもの、シンプルなものまでさまざまあります。自分のイメージした腕時計にぴったりのパーツを選んでください。どうしてもイメージに合うしっかりした腕時計パーツがない場合は既製品の腕時計を購入してベルトを外すという方法もあります。

ベルトにしたい素材

腕時計パーツが手に入れば次はベルト部分です。ベルトは多種多様さまざまな素材や形で楽しむことができます。

・革
手作りでもしっかりとした作りになるのはやはり革を使ったベルトです。腕時計用のバックルを取り付けるのは結構大変なので、初めて作る場合はホック式にすると比較的簡単に作ることができます。腕時計パーツのラグ幅に革のひもを切り出して時計パーツを通して腕に巻き付けて使うタイプの腕時計は作成が簡単だけど見た目がとてもすてきです。

・革紐
革紐を編んで作ると女性らしいスタイルのベルトになります。3つ編みや4つ編み5つ編み…と文字盤のサイズに合わせて本数を増やして作りますが、サイズに合わせて切り出した革のシートに切れ目を入れて編んでいく方法もあります。カシメて使うフックなどを取り付けてブレスレットのように腕時計をおしゃれに身につけましょう。

・ビーズ
個性的な腕時計にしたいときはビーズを使ってみましょう。編んでもいいですし、大ぶりなビーズをつなげるだけでもすてきです。革紐にビーズを通しながら編んだラップブレスレットをベルト代わりにするとかっこいい腕時計になります。

・パール
品の良い腕時計になります。連バーを利用して2連や3連にして取り付けるとより華やかです。パールにメタルパーツやラインストーンボールを組み合わせてもすてきな仕上がりになります。

・チェーン
ブレスレットとしてつけるようなチェーンにリボンを通したベルトも上品でおしゃれな腕時計が作れます。ベルベットリボンやストライプのグログランリボンなどチェーンに合わせても引けを取らない存在感のあるリボンがよく合います。

ブレスレット感覚で作れるパールの腕時計

パールの腕時計はドレスアップしたいとき以外にもブラウスの袖からのぞかせたり、かっちりしたコーディネートに遊びごごろを加えるのにも使えます。

用意する物
・時計パーツ(華奢でループの付いたもの)
・パール
・メタルパビーズ(平らなもの)
・ブレスレット用シリコンゴム紐
・ボールチップ
・潰し玉
・ハサミ
・ペンチ

作り方
1.シリコンゴム紐にボールチップを通してから紐の端に潰し玉をペンチで潰して取り付けてボールチップで覆います。

2.次にシリコンゴム紐を適度な長さにカットしたらメタルビーズを通します。

3.メタルビーズの次にパールを作りたいサイズ分通してからメタルビーズ、ボールチップの順に通します。

4.ボールチップぎりぎりで潰し玉を取り付けて余分なシリコンゴム紐をカットしてボールチップを覆って隠します。

5.左右のボールチップを時計パーツのループに取り付けて完成です。

※ボールチップを直接取り付けられない場合は丸カンを使って取り付けましょう。シリコンゴムを使っているのでゴムを伸ばすことで着脱できますが、シリコンゴムを使わずにテグスを使ってクラスプやマルテンを取り付ければより頑丈なものが作れます。

まとめ

同じ腕時計パーツを使ってもアイデア次第でテイストの違う腕時計が手作りできます。ぜひ手作りしてみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 糸

    初心者必見!ハンドメイド販売上級者から学ぶ3つのこと

  2. handemade

    楽しくリサイクル♪いろんな素材を再利用したバッグの作り方

  3. handemade

    簡単に作れるハギレを活かした小物たち

  4. 糸

    ハンドメイドを始めたい人におすすめのプラバンを使ったアイテム

  5. handemade

    人気の「ハンドメイド」まずは道具を揃えましょう!

  6. handemade

    リボン刺繍のかわいいバラの花で身近なものを飾ろう♪

  7. handemade

    キャンドルを自分好みに作ってみよう!

  8. 針

    革の携帯ケースの作り方と革の種類を合わせてご紹介

  9. レジンアクセサリー

    チェーンで素敵なアクセサリーをハンドメイドしよう