注目の記事 PICK UP!

ヨーヨーキルトイヤリングとスケルトンリーフの作り方

手作りハンドメイド作品

布が少しあまったら、ヨーヨーキルトが揺れる小さなイヤリングを手づくりしてみませんか?

ヨーヨーキルトはいちばん簡単なキルトといわれています。丸い布の周囲をぐるぐる縫うだけでできちゃう、ころんと可愛い素敵なモチーフです。このヨーヨーキルトを、パーツに結びつけるだけの簡単イヤリングに仕立ててみましょう。縫うところが少ないので、誰でも簡単にできますよ♪

木の葉がまるで骨だけになってしまったかのようなスケルトンリーフ。その優しい独特の風合いは、ラッピングやインテリア雑貨などさまざまなものに用いられ、ナチュラル志向の人の心をとりこにしています。葉脈だけの姿となった木の葉は、まるで自然素材の繊細なレースであるかのようですね。スケルトンリーフは完成品も販売されていますが、ごく身近な材料を使って、手作りすることができます。自分好みのスケルトンリーフを作って、雑貨やアクセサリーに活用してみませんか?

用意するもの

  • イヤリングのパーツ
  • 好きな色の糸少々
  • 接着剤

後は針と糸があればOKです。イヤリングのパーツはモチーフをぶら下げるリングがついているものを選びます。布は好みの大きさで。ヨーヨーキルトは大体できあがりがもとの布の1/2になるので、作りたいサイズの倍のサイズで用意します。

ふたつ一組にするので、材料はヨーヨーキルト2個分を用意してください。

まずはヨーヨーキルトを作ります

主役のヨーヨーキルトの作り方です。

  1. 布を丸く切ります。できあがりサイズの2倍(直径4センチのヨーヨーを作りたい場合は直径8センチ)の円にします。
  2. ふちの部分を、0.5センチ折り曲げていきます。アイロンを使ってしっかり折り曲げると、あとの作業が楽になります。
  3. 一周したら折り曲げた部分を、2枚重ねてぐるりと縫っていきます。
  4. 一周縫い終えたら、糸をきゅっと引っ張ってしぼります。玉結びして留めます。
  5. 巾着型になったヨーヨーを上からぎゅっと押して平たくします。余分な糸を切ります。

ヨーヨーキルトはひとつでも可愛いのですが、つなげてもとても華やかになります。ちょっとしたあまり布でできるので、いろんな色で作りためておきましょう。洋服やアクセサリーにちょっとアクセントがほしいときに活用できます。

イヤリングパーツにつけます

できあがったヨーヨーキルトをイヤリングパーツにつけます。

  1. イヤリングパーツのリングに糸を通し、結びます。
  2. ヨーヨーキルトを裏面にして、中央に結び目がくるようにして糸を接着します。
  3. もうひとつのヨーヨーキルトを裏面同士で貼り合わせます。
  4. 乾いたらできあがりです。

裁縫が得意な方なら、接着ではなくふちをかがったほうが丈夫になるのでおすすめです。

揺れるタイプがお好きならぶら下げる糸を長めに、キュートな感じにしたい場合はリングとヨーヨーがくっつくぐらいまで糸を引いて作ってみてください。

糸の色はヨーヨーキルトと同系色がきれいです。刺繍糸なら色のバリエーションが豊富で発色もよく、きれいに作れます。どこかに刺繍糸があまっていないか探してみましょう。

アレンジ

ぶら下げるのが糸ではちょっと……という方は、糸にきれいなレースやリボンなどを貼り付けて隠しましょう。ヨーヨーキルトをたくさん作って、間にレースを挟みながら連結していくのも素敵です。

また、ヨーヨーキルトの内側になる部分の中央に大きめのビーズやネイルストーンを貼っておくと、真ん中の隙間からキラキラがチラッと見える華やかなイヤリングになります。ヨーヨーを作るときに少しゆるめにしぼって隙間を大きくしておくのがポイントです。ネイルストーンは完成したヨーヨーキルトのふちに間をおいてぐるりと貼り付けても可愛いですよ。

 

スケルトンリーフ作りに用意するもの

・好みの木の葉
・重曹
・古歯ブラシ(筆)
・鍋
・箸
・キッチンペーパー
・漂白剤
・アクリル絵の具

材料となるのはもちろん植物の葉。自宅に庭木があれば、それを利用できます。きれいなスケルトンリーフを作るには、葉にしっかりした厚みのある種類の照葉樹を選びましょう。ある程度成長して葉脈が美しく網目状に張り巡らされているものだと、破れる失敗も少なくなります。身近にある庭木なら、椿や木犀、山茶花、柊などがおすすめです。スケルトンリーフ作りにはいくつかの方法がありますが、家庭にあるものなら、重曹を使った方法が手軽です。

重曹を使ったスケルトンリーフの作り方

1. 葉の汚れを取り除き、鍋に入れます。
2. 鍋に半分ほどの水と、水に対して5~10%の割合の重曹を加えます。
3. 火にかけて、木の葉が柔らかくなるまで煮ていきます。薄い葉であれば30分、厚いものは1時間ほど、葉によって、様子を見ながら調整しましょう。
4. 葉をキッチンペーパーの上に取り出し、歯ブラシか筆でそっと叩いて、葉脈を崩さないよう注意を払いながら、葉の組織を落とします。
5. 葉脈がきれいに残ったら、キッチンペーパーの上に並べて、乾燥させます。
6. スケルトンリーフを白くしたい場合は、薄めた漂白剤につけます。葉本来の色が抜けたら、水洗いし、乾かしましょう。アクリル絵の具を水で溶き、好みの色に仕上げることもできます。

美しいスケルトンリーフ作りのポイント

材料が自然素材のものであるだけに、葉の種類によって加熱する時間を変え、歯ブラシを使う作業に細心の注意を払う必要があります。鍋で煮る過程では、葉の様子が気になるところですが、あまりかき混ぜると葉が崩れてしまうので気をつけます。また、葉をキッチンペーパーに取り出すときにも、丁寧に扱いましょう。

葉脈が破れる可能性も考慮して、初めから多めに葉を煮ておくとよいかもしれませんね。スケルトンリーフ作りは、子どもの長期休みの自由研究にもおすすめです。

幅広い活用法のあるスケルトンリーフ

スケルトンリーフ作りには細かな手作業を必要としますが、材料や道具はごく身近なところで揃えられるものばかりです。できあがったスケルトンリーフを見れば、自然の作り上げた繊細な美に感銘を受けることでしょう。葉脈は紙と同様の繊維のセルロースであり、長く美しさを保ちます。

スケルトンリーフの活用法は、雑貨からアクセサリーまでさまざまです。ラッピングやカードに添えるのも素敵ですし、フレームに入れれば、それだけでインテリアをナチュラルな雰囲気に決めてくれます。また、レジン液を利用して加工すれば、儚げな自然美をそのままの形で閉じ込め、世界で1つだけのアクセサリーパーツに作れます。ぜひスケルトンリーフ作りと自分なりの活用法を楽しんでみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    眠ったままの布を子どもたちの隠れ家に?素朴でかわいいテントをDIYしよう

  2. handemade

    シール

  3. ハンドメイドで使う接着剤の種類と注意点

  4. handemade

    丸っこい形に癒される?シルクフラワーのトピアリーを簡単DIY

  5. handemade

    絵本を持ち歩く絵本バッグに一工夫。ちょっとした手間で世界にひとつのオリジナル仕様に!

  6. 編み物

    ガマ口のお財布の作り方

  7. handemade

    初心者も簡単!手作りアクセサリーの作り方

  8. handemade

    イベントで目立つディスプレイのために♪事前に確認しておきたいチェックポイント

  9. handemade

    素材をサイトで上手に見つけてハンドメイド

ハンドメイド資格講座ランキング