注目の記事 PICK UP!

簡単可愛い♪ヨーヨーキルトイヤリングの作り方

handemade

布が少しあまったら、ヨーヨーキルトが揺れる小さなイヤリングを手づくりしてみませんか?

ヨーヨーキルトはいちばん簡単なキルトといわれています。丸い布の周囲をぐるぐる縫うだけでできちゃう、ころんと可愛い素敵なモチーフです。このヨーヨーキルトを、パーツに結びつけるだけの簡単イヤリングに仕立ててみましょう。縫うところが少ないので、誰でも簡単にできますよ♪

用意するもの

  • イヤリングのパーツ
  • 好きな色の糸少々
  • 接着剤

後は針と糸があればOKです。イヤリングのパーツはモチーフをぶら下げるリングがついているものを選びます。布は好みの大きさで。ヨーヨーキルトは大体できあがりがもとの布の1/2になるので、作りたいサイズの倍のサイズで用意します。

ふたつ一組にするので、材料はヨーヨーキルト2個分を用意してください。

まずはヨーヨーキルトを作ります

主役のヨーヨーキルトの作り方です。

  1. 布を丸く切ります。できあがりサイズの2倍(直径4センチのヨーヨーを作りたい場合は直径8センチ)の円にします。
  2. ふちの部分を、0.5センチ折り曲げていきます。アイロンを使ってしっかり折り曲げると、あとの作業が楽になります。
  3. 一周したら折り曲げた部分を、2枚重ねてぐるりと縫っていきます。
  4. 一周縫い終えたら、糸をきゅっと引っ張ってしぼります。玉結びして留めます。
  5. 巾着型になったヨーヨーを上からぎゅっと押して平たくします。余分な糸を切ります。

ヨーヨーキルトはひとつでも可愛いのですが、つなげてもとても華やかになります。ちょっとしたあまり布でできるので、いろんな色で作りためておきましょう。洋服やアクセサリーにちょっとアクセントがほしいときに活用できます。

イヤリングパーツにつけます

できあがったヨーヨーキルトをイヤリングパーツにつけます。

  1. イヤリングパーツのリングに糸を通し、結びます。
  2. ヨーヨーキルトを裏面にして、中央に結び目がくるようにして糸を接着します。
  3. もうひとつのヨーヨーキルトを裏面同士で貼り合わせます。
  4. 乾いたらできあがりです。

裁縫が得意な方なら、接着ではなくふちをかがったほうが丈夫になるのでおすすめです。

揺れるタイプがお好きならぶら下げる糸を長めに、キュートな感じにしたい場合はリングとヨーヨーがくっつくぐらいまで糸を引いて作ってみてください。

糸の色はヨーヨーキルトと同系色がきれいです。刺繍糸なら色のバリエーションが豊富で発色もよく、きれいに作れます。どこかに刺繍糸があまっていないか探してみましょう。

アレンジ

ぶら下げるのが糸ではちょっと……という方は、糸にきれいなレースやリボンなどを貼り付けて隠しましょう。ヨーヨーキルトをたくさん作って、間にレースを挟みながら連結していくのも素敵です。

また、ヨーヨーキルトの内側になる部分の中央に大きめのビーズやネイルストーンを貼っておくと、真ん中の隙間からキラキラがチラッと見える華やかなイヤリングになります。ヨーヨーを作るときに少しゆるめにしぼって隙間を大きくしておくのがポイントです。ネイルストーンは完成したヨーヨーキルトのふちに間をおいてぐるりと貼り付けても可愛いですよ。

まとめ

ヨーヨーキルトさえあれば、後は接着だけで簡単に可愛いイヤリングができます。アレンジもぜひ試してくださいね♪

ヨーヨーキルトはほかにもいろいろなところで使える便利アイテム。ほんの少しの材料でできるので、布があまったら作っておきましょう。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 編み物

    首元をほっこり温めるネックウォーマーをハンドメイドしてみよう

  2. 関西のハンドメイドイベント

  3. handemade

    手芸キットで初めてのハンドメイドを楽しもう!

  4. handemade

    100均の毛糸を使って段ボール織物を始めてみよう

  5. handemade

    100均デコパージュ液の活用①子どもの上履きをおしゃれに

  6. handemade

    オリジナルのタグスタンプはオーダーメイドでプロ仕様に!

  7. handemade

    売れる・売れないは写真次第!?写真の撮り方基礎の基礎!

  8. 簡単に作れるビーズのアクセサリーをハンドメイドしてみよう

  9. handemade

    接着剤を使い分けて簡単ハンドメイド

ハンドメイド資格講座ランキング