注目の記事 PICK UP!

普段使いにぴったり!簡単トートバッグの作り方まとめ

handemade

今回は簡単なトートバッグの作り方をご紹介致します。トートバッグはメインバッグとしては勿論、サブバッグとしても大活躍するアイテムとなります。またお気に入りの大きさやデザインを試行錯誤して作る、貴方だけのオリジナルバッグハンドメイドして持ち歩いてみませんか?

簡単トートバッグを作る際の準備するもの

【材料】
・トートバッグの素材になる様な好きな布
・糸。糸を選ぶ際にはトートバッグの雰囲気に合うものを選択致しますと、全体的な仕上がりがまとまって綺麗に見えます。

今回は簡単な作り方でハンドメイドを楽しんでいただきたいため、型紙を使用しない作り方で行います。またトートバッグに使用する布は無地だとシンプルに仕上がりアレンジがしやすくなりますが、デザインがプリントされているものを使用したりするのもオシャレで可愛らしく仕上がる為、布にはとことんこだわってみて下さいね。基本的な材料で始められますので、ご自身の使い勝手の良いように追加をして頂いて構いません。ご自身のイメージの数だけアレンジ方法がございますので、使いたい材料があれば使用していきましょう。

簡単トートバッグの作り方手順

  1. 最初にバッグ本体の布を切断していきましょう。ここでの切断のポイントは、作りたいバッグの大きさや縦横の比率など参考にしたいものがあれば、活用してください
  2. 持ち手の布を切断する。この際持ち手の布の幅は2センチから3センチが目安です。長さに関しましては、ご自身のイメージに合わせて肩にかける長さなどに調節してくださいね。
  3. バッグ本体の布を中表にして両脇を直線で縫っていき、整えてください。
  4. マチを作る為、マチ幅を決め線を引きその上を縫って三角形を作って下さい。
  5. バッグ本体の布上部を好みに合わせて三つ折りにして下さい。
  6. バッグ持ち手の布を裏側が上になる様に置き、上下の縫い代を内側に折り込んでアイロンでシワを伸ばして下さい。
  7. その後中心から半分に折って重ねた部分を縫い合わせます。
  8. そうして、先ほどのバッグの上部の部分と持ち手を縫い合わせます。

以上で簡単トートバッグの作り方の手順を終わります。ここでは基本のバッグの作り方を纏めていますので、アレンジを加えたい方は後から色々試してくださいね。

トートバッグの作り方のアドバイス

アレンジ方法としておすすめなのが、トートバッグ本体と持ち手を固定するため、持ち手に沿ってミシンがけをしたりもう一度手縫いするのが一番オススメてす。また、ハンドメイドに慣れてきましたら内側にポケットや、ファスナーなどを縫いつけますと更に使い勝手が良くなりますよ。その他にも取っ手とメインの袋部分の布を違うのを使用するのもおススメですよ。

まとめ

いかがでしょうか?今回は簡単トートバッグの作り方の手順をご紹介させて頂きましたが、基本の作り方のみでも充分使い勝手の良い仕上がりになります。こちらの作り方をマスターしますと、お弁当箱などを入れるミニトートバックや、書類なども入る大きめのトートバッグを作る事も可能になりますよ。アイデア次第で持ち手と本体の色を変えたりや、レースなどを付けたりなどもしてみて下さいね。皆さんもトートバッグをハンドメイドしてみませんか?

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    絵本を持ち歩く絵本バッグに一工夫。ちょっとした手間で世界にひとつのオリジナル仕様に!

  2. handemade

    毛糸を使った編まないで作れるおしゃれアイテム

  3. handemade

    昔なつかしい遊びに!端切れがあれば作れる伝統的なお手玉

  4. handemade

    子供用エプロンの作り方

  5. handemade

    趣味を活かした資格、手芸アドバイザー

  6. handemade

    100均端切れも無駄にしない丸くてかわいいヨーヨーキルトを繋げてみよう

  7. handemade

    夏ファッションや浴衣にぴったり?100均素材のカゴバッグ

  8. handemade

    編まずに簡単、カゴバッグの作り方とポイントまとめ

  9. handemade

    冬に持ちたい手編みのクラッチバッグの作り方

ハンドメイド資格講座ランキング