注目の記事 PICK UP!

簡単に作れるハンドメイドバッグでお出かけしよう

ハンドメイドで作れるバッグ

ハンドメイドで作れるバッグは布のバッグや革のバッグなどいろいろとあります。バッグの形もハンドバックやトートバッグ、クラッチバッグなど手の込んだバッグでも順を追って仕上げていけば十分に作れます。

ファスナーを取り付けた簡単バッグ

まずは簡単に作れるバッグから作っていくといいでしょう。上部にファスナーを取り付けるだけでできるクラッチバッグはバッグ初心者作り初心者の人にも楽に作れるのでおすすめです。布を裏返してファスナーを縫い付けて両端を縫い合わせるだけでできます。裏地付けると見た目も良くなり、布の端のほつれも心配する必要がありません。

クラッチバッグに使う生地に質の良いものを使うとおしゃれでハンドメイド作品とは思えないほど立派なバッグを作ることができます。例えばスエード生地であったり、ツイード生地を使うといいでしょう。スエード生地は家庭用のミシンでは縫うには厳しいので業務用のミシンを持っていない場合は手縫いをした方が良いでしょう。家庭用ミシンを使うと針が折れてしまったり、機械が壊れてしまうこともあり、ミシンが使えなくなることもあります。ツイード生地でクラッチバッグを作る際には裏に接着芯を貼るとハリが出て縫いやすくパリッとした仕上がりになります。

袋を作って持ち手を取り付けるだけ!

両サイドと底を縫い合わせて袋状にしてから縁を3つ折りして縫うだけでもバッグは作れます。あとは市販の持ち手を取り付けたり、テープひもを縫い付けるだけです。裏地を付ける場合は始めに表生地と裏地を縫い合わせてから、中表にしてそれぞれ半分に折り、裏返すための返し口を開けてから脇を縫い合わせてからすべて裏返して裏地を表生地の中に入れてから持ち手を取り付けます。

テープひもを底から表生地に沿わせて作る場合は先に表生地に縫い付けておきます。縫い込んで取り付ける場合は表生地と裏地を縫い合わせるときにテープひもを挟んでおきます。底にマチを付ければここからトートバッグも作れます。裏地を付けてマチも付ける場合は表に返す前に先に表生地と裏地のどちらのマチも縫っておいてからアイロンで折り目を付けて(厚手の生地を使っていた場合は角をカットしてから)表に返します。角をカットしたらジグザグミシンをかけておくとほつれず安心です。

市販の持ち手でバッグを作ろう

上記のように裏地やマチを付けて袋部分を作ったら、革でできた市販の持ち手を縫い付けるだけでもよりおしゃれなバッグに仕上げることができます。革の持ち手は布のバッグをより雰囲気のあるバッグに引き上げてくれますし、異素材を使うことで面白味も出てきます。

バッグを作ってお出かけしよう!

好きな布や皮革を使って作ったハンドメイドのバッグを持って出かければ気分も上がります。手作りなら、仕事用のモノトーンや無地で作ったバッグでも裏地に派手な色を使ったり、きれいな模様やプリントが入ったものを使ったりして個性を出すこともできます。休日なら自分好みの装いに合わせたバッグ作りができ、自由にサイズを調整できるので入れたいものをスッキリとしまうことができます。ぜひお出かけが楽しくなるハンドメイドバッグを作ってみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    作り方も簡単!トートバッグを手作りしてみる

  2. handemade

    見た目にも肌にも優しい?羊毛をまとったフェルトソープを手作りする方法

  3. handemade

    無料型紙で手作りに挑戦してみよう!作り方とサイトをご紹介

  4. 糸

    ふでばこをハンドメイドで作るならビニールコーティングが便利

  5. 糸

    和プリントの生地を使って和小物をハンドメイドしてみよう

  6. handemade

    レジン 

  7. handemade

    スマホケースを手作りしてみよう

  8. handemade

    素材をサイトで上手に見つけてハンドメイド

  9. 手作りアクセサリーの作り方

    ハンドメイドで食卓を鮮やかに彩るランチョンマットの作り方