注目の記事 PICK UP!

秋冬おしゃれのマストアイテム!ニットアイテムを手作り♪

handemade

寒い季節に絶対ほしいニットアイテム。今年は、そんなニットアイテムを手作りしてみましょう。

簡単にできる小さな小物の作り方をご紹介します。短時間でできて秋冬ファッションのアクセントになる小さなニットアイテム、この冬はぜひ手作りしてみてください♪

リボンモチーフのヘアアクセサリー

流行のリボンモチーフ、実は簡単にできます。サイズもとくにありませんので、棒針と好きな毛糸を準備して、気楽に編み始めてみましょう。

編み方はガーター編みがいちばんです。簡単で伸縮性があり、多少のアラは隠してくれる、初心者にはありがたい編み方です。きれいに編む自信がない方は太くてふっくらした糸を選びましょう。それだけでもずいぶんきれいに見えます。

  1. まずはリボン部分を編みます。縦に長い長方形ならどんな大きさでもOKですが、目安としては横(目)5センチ×縦(段)12センチぐらいが作りやすいサイズです。
  2. 真ん中をとめるバンド部分を作ります。リボンの真ん中をきゅっとつまみ、つまんだ部分にひもや糸を1周巻きつけてみてどれぐらいの長さが必要か測っておきましょう。幅はリボン部分の半分ぐらいです。後で輪にするので、最後は糸を長めにとって切ります。
  3. リボン型に作ります。リボンの真ん中の部分は、目立たない糸であらかじめ軽く結んでおくと作業が楽になります。バンドをくるりと巻き付け、余らせておいた糸を使って両端を縫い合わせます。

できあがったリボンモチーフは、髪ゴムやバレッタに縫い付けて仕上げます。ほかにもバッグやニット帽の飾りにしたり、いろいろ使えます。

カップホルダーにもなるリストウォーマー

熱い飲み物を買うと紙製のカップホルダーがついてくることがよくありますが、使い捨てではもったいないですね。イザというときには外してカップホルダーにも使える愉快なリストウォーマーを作ってみましょう。

といっても、難しいものではありません。二目ゴム編み~メリヤス編み~二目ゴム編みで、輪にぐるぐる編んでいくだけ。実は、手首の大きさに合わせてまっすぐ編むだけで、自然に紙カップにもデミタスサイズの缶コーヒーにもぴったり合うサイズになってしまうんです。

編地にはある程度の伸縮性があるので、多少の誤差は吸収してくれます。熱くて持てない湯飲みや缶飲料に使えるほか、たたんで即席コースターにもできます。

巻くだけ簡単! 定番ストローシュシュ

ストローを使って毛糸を巻きつけていくだけで作れるシュシュもあります。用意する物はふわふわ系の毛糸、ゴム、ストローです。

  1. ストローは15センチぐらいに切り、先端に切れ目を入れます。
  2. 切れ目に毛糸の端をひっかけます。
  3. きつめにぐるぐると巻きつけていきます。少し巻いたら奥に押し込み、密度の高い巻き方になるようにしましょう。
  4. 端まで巻きつけたら、ストローの中にゴムひもを通します。
  5. 毛糸がほどけないように気を付けながら、ストローだけをそっと抜き取ります。
  6. ゴムの両端を結び、続けて毛糸の端同士も結んだら完成です。

5分でできてしまう、簡単で楽しい作り方です。作り方がシンプルなので、毛糸はブークレやファーヤーンなどボリュームのあるものを選んで個性的にまとめましょう。

まとめ

手作りのあたたかさが伝わるハンドメイドのニットは、秋冬だけしか楽しめない貴重なアイテムでもあります。

「編み物は難しそう……」なんて、躊躇することはありません。簡単な作り方でも可愛いアイテムが作れる技を活用して、今だけのハンドメイドを楽しんでみましょう。

一度はまったら、きっと次の冬が来るのが待ち遠しくなりますよ♪

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    おしゃれな巾着のアイデアで大人巾着を楽しもう

  2. handemade

    売れるものは丁寧に作られている!今すぐ見習いたい、丁寧な仕上げのコツ

  3. handemade

    レジン 

  4. 糸

    ハンドメイドで簡単に作れる鍋つかみの作り方

  5. handemade

    クリスマスには手作りのオーナメントでツリーを飾ろう

  6. handemade

    意外に簡単!ハンドメイドテーブル

  7. handemade

    フェイクスイーツ

  8. ハンドメイド作品に添えるペーパータグはスタンプを使って作ろう

  9. アクリルキーホルダーとジュエリーポーチの作り方

    人気のアクリルキーホルダーとジュエリーポーチの作り方

ハンドメイド資格講座ランキング