注目の記事 PICK UP!

私だけのかばんを市販の持ち手で作る!作り方と持ち手の紹介

毛糸

手作りして作れば世界に一つだけのかばんになります。好きな素材で作れるのでアイデア次第では斬新なかばんも作れますよ。かばんを作るときには市販の持ち手を利用するとお店で買ったようなかばんを手作りすことができるのでおすすめです。

カシメで取り付けるかばんの作り方

カシメを使ってDカンに取り付けるだけの簡単な持ち手ですが、布製ではなく革の持ち手が加わることでおしゃれ感が増します。

用意する物
・布(表/裏)
・革の持ち手
・カシメの打具
・Dカン4つ

作り方
1.布を好きな大きさの2倍用意します。ぬいしろは1cmずつ付けてください。
2.Dカンを通すための布を作ります。Dカンの幅の4倍の正方形に布をカットしてから内側に折り曲げて4つ折りします。
3.両端に端ミシンをかけます。
4.3で作ったひもにDカンを通して、中表に合わせたかばんの表と裏の布に挟んで口を縫い付けます。
5.表の布と裏の布の脇を縫い合わせます。返し口を残して縫ってください。
6.返し口から表に返して口を閉じます。
7.裏の布を中に入れてDカンに持ち手を取り付ければ完成です。
※カシメるときにはゴムシートを敷いたり、木槌やゴムハンマーで叩くと上手く取り付けることができます。カシメを購入するときはカシメの打具も忘れずに購入してください。

高級感のあるかばんの生地

・革
革のかばんは高級感があります。布かばんに比べると丈夫ですが重さがあります。縫い合わせるには工業用のミシンが必要になります。手縫いで縫うこともできますが、初心者ではかなりハードルが高いです。

・スエード
革の仲間ですが革をなめしてけば立たせたスエードは滑らかでふさふさとした触り心地が特徴の生地です。非常に高級感がありお値段も高価です。革よりも優しい雰囲気のかばんに仕上がります。

・ゴブラン織り
ゴブラン織りは刺繍をしたような生地です。厚みがありかばんを作るのにも向いています。アンティークな雰囲気を持つものが多く、革の持ち手や金属の口などと合わせるとすてきです。

・ツイード
羊毛を平織して作られたツイード生地はおしゃれなデザインのものが多くジャケットなどにもよく使われます。かばんにしてもとても高級感のある仕上がりになります。

市販の持ち手の種類

・革や合皮の縫い付けるタイプの持ち手
縫い付けるタイプの持ち手は頑丈に取り付けることができて見た目にも高級感のあるバッグに仕上がります。合皮を使えば安価に作ることができますが2~3年すると劣化が見られます。

・革や合皮のカシメでDカンに取り付けるタイプの持ち手
2つの穴が開けてありカシメてDカンに取り付けることができます。簡素な作りのものが多いですが、本革を使えばバッグのアクセントになります。

・ナスカン付きの持ち手
ナスカン付きの持ち手はバッグ本体にDカンを取り付ければどんなところにでも取り付けができるので便利です。持っているバッグの持ち手が壊れたときにも代用として使えます。

・丸い持ち手
プラスチックから金属製までいろいろな種類があります。中でも竹の持ち手は味がありおしゃれなバッグを作ることができます。布を通して持ち手に掛けるようにして作ります。

・木製のパーツに布を通して留めるタイプの持ち手
木製のパーツの下に穴が開けてあり、布を通して縫い留めて使うタイプの持ち手です。布以外にも編んだものを通して縫い付けても作れます。

まとめ

市販の持ち手は他にもいろいろな種類があります。好きな布や持ち手を使ってかばん作りを楽しんでくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    イベントに合わせてお部屋を簡単デコレーション!空間に揺らめく紙のモビール

  2. handemade

    真っ白な100均食器をアレンジ!マイブランドにする方法

  3. handemade

    コロンとかわいいマカロンケースを100均材料で作る方法

  4. handemade

    アイデア次第で作品がプロ仕様になるタグの作り方

  5. handemade

    手作りバッグがUPされている注目のブログ

  6. ハンドメイドで木工雑貨を作ってみよう!

  7. handemade

    簡単可愛い♪ヨーヨーキルトイヤリングの作り方

  8. handemade

    いまハンドメイド作品が愛される意味とは?

  9. handemade

    小さなビーズも大きな存在感!人気のラップブレスレットの作り方

ハンドメイド資格講座ランキング