注目の記事 PICK UP!

石鹸サボンジェムとドーセットボタンの作り方簡単

ヘアアクセサリー

宝石に加工される前の天然鉱石のような石鹸、サボンジェム。色や透明感がキラキラ輝く宝石を連想させて、使うのがもったいないくらいですね。このサボンジェム、実は自分で手作りすることもできます。見た目におしゃれなので、毎日のバスタイムを楽しくするだけでなく、インテリアに飾っても素敵です。美しい姿と実用性を兼ねたサボンジェムは、ちょっとしたプレゼントにもぴったり。天然鉱石みたいな石鹸の作り方をお伝えします。

お部屋にグリーンが欲しいけれど、外出が多くて世話が心配…。そんな人におすすめなのがサボテン!しかも決して枯れることのないサボテンです。実はサボテンの材料となっているのは石なので、庭に転がっているものでもOK。あとは小さな植木鉢や絵の具を用意するだけで、予算をかけずにかわいいサボテンが飾れます。コロコロした丸い形のサボテンは、素朴だけどとってもキュート。ほどよい石を見つけたら、遊び心いっぱいのサボテンオブジェを作ってみませんか。

サボンジェムの手作りに用意するもの

・グリセリンクリアソープ
・食用着色料
・耐熱容器
・カッター
・割り箸
・固めるための容器

石鹸を固めるための容器には、洗っておいた牛乳パックや使い捨てコップなどが利用できます。石鹸に香りをつけたい場合は、好みのアロマオイルを用意しましょう。

キラキラ美しい天然鉱石のような石鹸の作り方

1. クリアソープをカッターで削り、耐熱容器に入れます。
2. 電子レンジで加熱。数十秒ごとに様子を見ながら、石鹸が液状に溶けたところで取り出します。
3. 石鹸を固めるための容器に入れ、食用着色料を加えて、かき混ぜます。この作業を繰り返し、複数の色の石鹸を作ります。
4. 石鹸が完全に冷えて固まったら容器から取り出し、再び、カッターで色付きの石鹸をカットします。ブロック状のものや破片状のものを作り、自然な鉱石に見えるよう、厚みや大きさを変えておきましょう。
5. もう一度、容器に色の違う石鹸を組み合わせて入れます。
6. あらためてクリアソープを溶かし、その上から注ぎます。
7. 石鹸が固まったら、容器から出し、カッターで結晶のような形に整えます。好みの形になったら、完成です。

オリジナル石鹸作りのポイント

石鹸を液状にするには、電子レンジでなく、湯煎で加熱する方法でもかまいません。石鹸を固める容器に、牛乳パックや紙コップを使うと、取り出しやすくて便利ですが、2度目に固めるときの容器には、クリアカップを用いると、色付き石鹸の構成がよく見えます。

石鹸の着色には、作りたい鉱石をイメージして色を選びましょう。ベースとなる色を中心に、2、3色使って、大きいブロック、小さな破片を取り混ぜると、美しくまとまります。香りをつけるなら、クリアソープが溶けたところで、アロマオイルを数滴加えます。

カットした石鹸の破片くずを集めて固めると、無駄になりません。

高級感のある美しい石鹸サボンジェム

ほどよい固さを持ち、加工しやすい石鹸には、さまざまな手作りの方法がありますが、中でも、サボンジェムの特徴はラグジュアリー感のある美しさです。添加するのは着色料だけなのに、色付き石鹸を構成しなおすという簡単な作業で、本物の鉱石のような質感に仕上がります。

キラキラと美しい石鹸をバスルームに置けば、毎日のバスタイムを優雅な気分にしてくれるにちがいありません。香りをつけたものを、芳香剤代わりにお部屋に飾ってもおしゃれですね。

お泊りゲストのためのお風呂や、親しい人へのプレゼントに用いても、見た目と用途のギャップに意外性があり、喜ばれるのではないでしょうか。家族や親しい人の驚く顔を想像しながら、ぜひサボンジェムを手作りしてみてください。

サボテンオブジェを作るのに用意するもの

・植木鉢
・石
・砂利
・アクリル絵の具

植木鉢は、石を入れるのに安定がよく、見た目にもサボテンと相性のよい陶器製のものがおすすめです。素焼きの鉢にペイントしてもよいでしょう。アクリル絵の具は、最低限、緑、黄色、白があれば大丈夫です。黄緑や青もあれば、より幅広い色の表現ができます。植木鉢の中を埋めるには、小さめの砂利を使ってもよいし、水苔や粘土でもかまいません。植木鉢表面に見える部分の小石を、別に確保しておきます。

キュートなサボテンオブジェの作り方

1. 石の汚れを落とし、きれいに洗って乾燥させておきます。
2. 石の表面にアクリル絵の具で色を塗っていきます。それぞれの石の色が異なるように、絵の具の割合を変えながら混色して使いましょう。
3. サボテンの凹凸を表現したい場合は、一旦、絵の具を乾かした上で、縞の模様を入れます。その場合、薄い緑の上から、濃い緑を重ねるようにしましょう。
4. 緑の絵の具が乾いたら、いよいよ、白い絵の具で棘の模様を入れていきます。
5. 石の絵の具を乾燥させている間に、植木鉢の準備をしましょう。植木鉢の底の穴をふさぎ、砂利を入れます。
6. 植木鉢に見映えよくサボテンを配置し、鉢表面に小石を並べて、完成です。

石を材料にしたサボテンオブジェ作りのポイント

サボテンの根元部分は植木鉢に隠れて見えなくなるので、色塗りする必要がありません。石を塗るときに、指で固定できるスペースが最後まであるので、ペイントが簡単です。

石は、好みの形、大きさのものを選んでよいのですが、植木鉢の大きさとのバランスを忘れないようにしましょう。また、同じ植木鉢の中に配置する石は、ある程度サイズの異なるものを組み合わせて、高低差をつけると、見た感じがよくなります。サボテンの色の濃淡、棘の模様に変化をつけると、更に見た目がアップするので、工夫してみてください。

棘に使う白い色は、同じアクリル絵の具を使う方法でもよいのですが、白いマジックやマーカーを用いると楽に模様を入れられます。

気軽に作成できるサボテンオブジェ

石をサボテンに見立てるオブジェは、なんといっても費用があまりかかりません。余った植木鉢や、家庭にある絵の具を使えば、改めて材料を揃えることもなく、作ることができます。

絵の具を使う作業では、サボテンのカラーさえ決まれば、複雑な筆使いをせずシンプルに塗っていけるので、特別な絵心がなくても大丈夫です。棘の模様も、点や線を入れていくだけなので、綿密な計画を立てなくても描けます。白いマジックを利用して、親子で作るのもよいかもしれませんね。

石のコロンとした自然なフォルムと、ざらっとした質感をそのまま活かしたサボテンオブジェは、ほんわか心を和ませ、お部屋を明るくしてくれます。ぜひ、気軽にサボテンオブジェを作ってみてくださいね。

人形の着せ替えグッズをハンドメイドしよう!女の子が大好きな着せ替え人形。人形を手に入れたら、あとはいくらでも替えのドレスが欲しくなっちゃいますよね。子供の夢を叶えるような着せ替えグッズをお母さんが手作りしちゃいましょう。人間の洋服は洗濯にも耐えられるよう端処理をしなくてはいけませんが、人形の服はそんな必要はありません。そして、縫う箇所が少ないので意外と簡単に作れてしまうんです。ハギレで作れるのでコストもかなり抑えられますよ!

ドーセットボタンは、糸が繊細な模様を描くハンドメイドならではのボタン。イギリスのドーセット地方で主に作られていたことからこの名がついていますが、日本ではリングワークという手芸の一種としても楽しまれています。小さなものなら文字通りボタンに、少し大きめのものをアクセサリー用のパーツとしても、素敵ですね。身の回りのものをエレガントに飾ってくれる、ドーセットボタンの作り方をご紹介します。

シンプルワンピースを作ろう

【用意するもの】

・生地

・スナップボタン

【作り方】

自由に型紙を作る。

型紙に合わせて生地をカットする(縫しろを5mmとる)

中表にしてミシンで縫う。

表に返してスナップボタンを付けて完成!

【ポイント】

袖や、カーブになっているところはひきつりやすいので縫しろに数カ所切り込みを入れましょう。

ボタンをつけてシャツを作ろう

【用意するもの】

・生地

・ボタン

【作り方】

基本はワンピースの作り方と同じ。スナップボタンの表にボタンを縫い付けます。

【ポイント】

ボタンホールを作るのは面倒なのでカモフラージュボタンにしてしまいましょう。

ウエストゴムのスカートを作ろう

【用意するもの】

・生地

・平ゴム

【作り方】

生地を長方形にカットする。

上部分にゴム通しを作る。ゴムの幅+5mm折りたたみ、アイロンでかたをつけてからミシンで縫う。

生地を中表に半分に折り、端から1cmの所をミシンで縫う(上から2cmは残して縫わない)

表に返してゴムを通し、完成!

【ポイント】

長方形の横幅が長ければ長いほどふんわりとしたボリュームのあるスカートになります。

ウエストリボンのパンツを作ろう

【用意するもの】

・生地

・リボン

【作り方】

生地を長方形にカットする。×2枚

生地の真ん中に切り込みを入れる。

中表にし、上部分を残してミシンで外側を縫う。

表に返し、上部分にゴム通しを作る。リボンの幅+5mm折りたたみ、アイロンでかたをつけてからミシンで縫う。

生地を中表に半分に折り、端から1cmの所をミシンで縫う(上から2cmは残して縫わない)

表に返してリボンを通し、完成!

【ポイント】

生地が引きつるようなら股の切れ込みの縫しろ部分に数カ所切れ込みを入れる。

フリフリレースのドレスを作ろう

【用意するもの】

・レース

・リボン

・平ゴム

【作り方】

レースをつなげて胸から足首までの長さの生地にする。

生地ができたら、ウエストゴムスカートの要領でスカートを作る。

胸から上を覆うケープを作る。

幅の大きいレースを使う。両端を5mm折り畳んでから縦半分に折る。

両端にリボンをはさんでからミシンで縫う。

胸までスカートを履かせ、肩にケープをかけて完成!

【ポイント】

全身サイズの服を作るのは難しいので上下に分けてからつなげましょう。

ドーセットボタン作成に準備するもの

・プラスチックリング
・糸
・毛糸のとじ針
・ハサミ

ボタンのベースとなるプラスチック製のリングは、手芸店などで手に入ります。使用したい目的に応じた大きさのリングを使いましょう。リングワーク用の糸であるテープヤーンや、キットなども販売されていますが、手持ちの細い毛糸やレース編み用の糸、刺繍糸などが利用できます。

車輪の柄のドーセットボタンの作成手順

ここでは、基本的な車輪の柄の作り方を説明していきます。

1. 糸を3メートルの長さにカットし、針に通して準備します。
2. 糸の端を少し残し、プラスチックリングに沿って、ブランケットステッチをしていきます。
3. リングを一周する手前で、ステッチ開始部分の糸の端をリングに沿わせ、ステッチで覆い隠すようにします。リングをステッチで埋め尽くしたら、始めの糸端をリングぎりぎりのところでカットしましょう。
4. リングの外側に向かっているブランケットステッチを、内側にスライドさせます。
5. ここから、放射線状となる車輪のスポークを作っていきます。糸をリングの外側からくるくると巻き付けるようにしますが、8本のスポークを作るためには、円を8分割した位置を糸の通る目安とします。出発点から円の反対側に向かったら、次は出発点から中心角が45度ずれた位置に、というふうに糸を通る位置をずらしながら、巻き付けます。
6. 糸をずらしながらスポークを作成するため、このままでは放射線状になっていません。円の中心でクロスステッチをし、きれいな放射線状に整えます。
7. クロスステッチを終えた糸は円の中心部にあります。ここからスポークを一回りしては次のスポークに移動するということを繰り返します。糸は、次第に外に向かって輪状の織りをなしていきます。
8. リングのきわまで織り上がったら、ボタンの裏側で中心に向かって針を入れ、糸端を隠して始末します。

丁寧な糸の扱いで美しい車輪柄に

一見複雑そうに見える糸の織りですが、糸を移動させる順番さえわかれば、難しくはありません。ブランケットステッチでは、そのつど糸を引き、リングにすき間なく糸が並ぶようにしましょう。ステッチのスライドは、糸の並びが乱れないよう慎重に行います。

どの手順においても、糸を引っぱる力加減を一定にするよう注意すると、きれいに仕上がります。

小さなアート作品のようなドーセットボタン

まずリングをブランケットステッチで覆い、スポークを作って、織り上げていく、という手順さえわかっていれば、刺繍と同じような感覚でさまざまなアレンジをすることができます。

スポークは今回手順で示した8本の放射線状に限らず、もっと本数を多くしても、蝶のような形にしても作れます。糸の色を変えて、幾何学的な模様を作り上げたり、玉結びを並べて花のような柄にしたり、オリジナルのデザインを表現することも可能です。糸の間に小さなビーズを織り込んでも素敵なものになりますね。

まとめ

大好きな人形に大好きなお母さんが作ってくれたドレスを着せて、愛いっぱいのおままごとができそうですね。コストもかからず、1着購入するお金で10着は作れそうです!

1つ1つ丁寧に作り上げたドーセットボタンは、手編みカーディガンや手作り洋服のアクセントとなり、上質な雰囲気のアクセサリーに加工することもできます。リングをフレームにした小さなアート作品のようなドーセットボタンに、ぜひチャレンジしてみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    初心者必見!ハンドメイドを始める際に必要な道具と作り方のポイントまとめ

  2. handemade

    ハンドメイド品委託販売について、基本から解説します♪

  3. handemade

    結婚式を彩るハンドメイドグッズ

  4. handemade

    子供服も簡単に作れる!布を四角く切るだけのお手軽ソーイング

  5. プラ板とおゆまるで作るアクセサリー

    ハンドメイド作品の販売は初心者でもできる?4つの注意点

  6. handemade

    奥深いペーパークラフトの世界

  7. handemade

    冬に持ちたい手編みのクラッチバッグの作り方

  8. handemade

    消しゴムはんこ

  9. handemade

    手作りしたいキュートな革の小物たち