注目の記事 PICK UP!

真っ白な100均食器をアレンジ!マイブランドにする方法

handemade

思い描いているような食器となかなか出会えない、と不満を感じているなら、自分で理想の食器を作ってみませんか。とはいっても、陶芸を始めるわけではなく、土台は市販のプレーンな食器を利用します。100均によくあるタイプの白い食器に、陶磁器専用のマーカーを使って、アート気分で絵や字をのせれば、デザインも思いのまま。使い勝手とおしゃれさを兼ね備えたオリジナル食器が手に入りますよ。

自分好みの食器を作るために用意するもの

・プレーンな白い食器
・陶磁器専用マーカー
・ティッシュ(布でも)

陶磁器専用のマーカーは、雑貨店や文具店で取り扱われているらくやきマーカーというもの、無印良品のおえかきペンなどがあります。通常の筆記具であるマーカーと同じような感じで使えるので、食器に絵を描くのも楽々。字や絵を効果的に見せるには、白い食器をベースにするのが一番です。100円ショップに置いてあるシンプルなタイプが使えるので、家族全員の分を揃えてもリーズナブルですね。ただし、陶磁器用のマーカーは、オーブンを使って焼き付けるので、オーブン可の耐熱食器を準備します。

陶磁器専用マーカーを使って食器を変身させる方法

1. 食器を洗って、乾燥させておきます。
2. 前もってデザインを考えておきましょう。下書きやお手本になるものを準備します。
3. 食器にマーカーで好きなものを描きます。
4. オーブンを予熱しておき、食器を入れます。200度で25分程度、焼きましょう。
5. そのまま1時間以上おき、十分に冷めたら完成です。

オーブンで焼きつける前なら、マーカーで描いた色はティッシュで拭き取れます。失敗しても、描き直せるので安心ですね。完成した食器はもちろん洗剤で洗うこともできます。

マーカー使用の注意点といろいろなアレンジ方法

アレンジした食器は普通に使用することができますが、熱いものを入れる内側の部分や口を直接つける部分に描くのは避けた方が無難です。

学生時代に慣れ親しんだマーカーやペンという道具なので、白い食器を前に手に持つと、アート心が蘇ってくるかもしれませんね。大好きな人やペットの似顔絵を描くのもよいし、お気に入りの風景や花をデザインするのもよいでしょう。予算的になかなか手の届かないブランドのモチーフを真似ること、ほしかった北欧風の柄にすることもできます。

絵を描くのは苦手で、という人も、線を連ねたパターンやチェック、円を塗ったドット柄なら簡単です。また、シンプルに英字を入れるというデザインもおしゃれです。

ほしかったオリジナル食器を実現

自分で一から食器を制作することは難しいものですが、陶磁器専用のマーカーを使えばアレンジも自由自在です。ベースとなる食器は、100円ショップにあるような白いものがぴったり。お皿やカップなど、大きさ形もさまざま揃っているので、使いたいものが選べます。紙に描くのと同じような感覚で、手軽に線や色をのせられるから、思うがままの食器を実現できますね。

マーカーには各色あり、デザイン次第でシックにも華やかにも仕上げられます。常日頃お世話になっている人にメッセージを寄せて、プレゼントにすることもできますし、子どもの成長の折々に好きなものを描かせても、よい記念となります。シンプルな食器を個性的にアレンジする方法、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 裁縫

    ハンドメイド作品をネットで販売するための撮影方法

  2. handemade

    お店に行かなくても材料が買える!手芸用品の通販サイトをご紹介

  3. handemade

    ハンドメイドクラフト手芸資格ランキング

  4. 定規

    簡単にハンドメイドできて売れる作品4選を紹介

  5. handemade

    子供のお弁当袋を手作りしてみよう

  6. handemade

    大好きな花をいつも手元に 100均レジンでスマホケースを押し花デコ

  7. handemade

    気分がアガる!スマホケースをアレンジしてみる

  8. 編み物

    首元をほっこり温めるネックウォーマーをハンドメイドしてみよう

  9. handemade

    素敵なインテリアにも違和感なし!100均ハンガーをかわいくリメイクする方法