注目の記事 PICK UP!

浴衣をハンドメイドするならどんな生地を選べば良いのか?

浴衣の生地を選ぶ

大人用の浴衣を縫うなら反物を買って作りますが、子供用ならリップル生地を購入して型紙を当て切り抜いて作ってもいいでしょう。浴衣用の反物にはどういった生地があるのか、子供の用の浴衣の生地についてもご紹介してきます。

《反物の素材》
・コーマ地
コーマ糸と呼ばれる短い繊維や糸に付いたごみを取り除いた長い繊維を使って作られた糸を使って織られた生地なのでとても高級な生地になります。浴衣生地の多くはこのコーマ地と呼ばれる生地です。

・綿絽
綿絽とは絽という生地に穴を開けたような透け感のある生地のことで見た目にもとても涼やかな浴衣になります。綿絽の生地の浴衣は透けるので、浴衣用の下に着るワンピース状の下着をつけると良いでしょう。

・綿紅梅
生地を織るときに細い糸の中に太い糸を織り込むことによってでこぼこした段差をつけて生地自体に格子模様や縞模様を出す織り方で、肌に触れる面が減るので涼しく着ることができます。紅梅は勾配から付けられた名です。おしゃれですね。

《子供用の生地》
・リップル生地
部分的に生地を縮ませてでこぼことした加工がされた生地で、リップ生地は好きな形に縮ませることができるのが特徴です。肌に触れる面積が少ないのでべたつかずに涼しく着ることができます。

・サッカー生地
収縮率の違う糸を使って織られているのがサッカー生地です。凹凸の出かたが均一なところがリップル生地との違いです。小さな凹凸ですがリップ生地と同じように肌に貼りつかずに快適に着ることができます。

・和柄のコットン生地
子供用の浴衣であれば和柄のコットン生地でも十分にすてきな浴衣が作れます。

生地の下準備

生地はまず水にさらして生地のゆがみを修正しておきます。こうすることで縮みやすい生地をあらかじめ収縮させておいて縫い終わってから縮まないようにする効果も期待できます。

袖の型紙を作っておこう

大人用の浴衣を作る場合には袖の丸みを出すための型紙を厚紙を使って作っておきます。型紙を作っておけば両方の袖に同じ丸みを付けることができきれいに仕上がります。子供用の型紙は反物を使わずに作る場合が多いので、袖の丸みだけではなくすべて型紙を作って型を取るので同じ型紙を使えばOKです。

浴衣の作り方

基本的に浴衣は手縫いで作ることができますが、直線縫いをする箇所はミシンを使うと早くきれいに仕上がります。浴衣は前身ごろと後ろ身ごろが繋がったものと、おくみ、肩当て、袖、衿のパーツを縫い合わせて作ります。

1.まず袖を縫います。

2.次に背を縫い合わせて肩当てを縫い付けます。

3.脇を縫い合わせ始末します。

4.衿下のくけ代を三つ折りして三つ折りぐけして、おくみを前身ごろに縫い付けます。

5.裾のくけ代を三つ折りして角を処理して三つ折りぐけします。

6.衿を縫い付けます。衿は地衿にかけ衿を重ねて縫い付けてから重ねた部分をしつけ糸で押さえておきます。

7.袖を身ごろに付けて処理します。

8.最後にアイロンをかけてきれいに整えます。

詳しくは『きもの文化の伝承と発信のための教育プログラム』というサイトの縫い方を見ると解りやすいです。

浴衣を縫うときのポイント

・縫い目を表に出さない工夫
縫い合わせたらアイロンで縫い目から0.4cm外側を折り曲げて折り目を付けることによって浴衣を着たときに折った分縫い目の上に生地がのり、縫い目が外に出ません。

・袖の丸みの部分の縫い代の処理の仕方
袖の丸みの部分を縫うときは縫い目以外に縫い代の部分を2重に縫って糸を引き布を寄せて厚紙を間に挟んで形を整えるときれいな丸みを出すことができます。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    手作りバッグがUPされている注目のブログ

  2. 手縫いで小物をハンドメイドしてみよう!

  3. handemade

    素材が面白い!ハンドメイドネックレスの作り方

  4. handemade

    センスのいいお部屋作りに!100均アイテムを利用したファブリックパネル

  5. handemade

    パンプスの靴先にワンポイントのおしゃれができるシューズクリップを手作りしてみよう

  6. handemade

    初心者必見!樹脂粘土で作る簡単雑貨のポイントまとめ

  7. handemade

    なじみのある材料なのに新しい♪100均アイテムで紙刺繍にトライ

  8. handemade

    海外のハンドメイド作品が買える、出品できる!海外につながる販売サイトの数々

  9. 針

    革の携帯ケースの作り方と革の種類を合わせてご紹介

ハンドメイド資格講座ランキング