注目の記事 PICK UP!

楽しくリサイクル♪いろんな素材を再利用したバッグの作り方

handemade

骨が折れてしまった傘、履かなくなったズボン……どれもお気に入りで捨てるのがもったいない!

そんなとき、簡単に作れるバッグの作り方をご紹介します。

傘から作るエコバッグ

傘に使われている布を再利用。防水加工してあるので、濡れたものを入れても大丈夫な便利エコバッグになります。

材料の傘布は、傘から外して洗っておきます。まずつゆ先を外し、いちばん上の部分を外して布を骨に固定している糸を切ります。外したあと軽く洗います。

続いて三角形の布を一枚一枚切り離します。バラバラになったら、三角形の布の長辺をつき合わせて縫います。このときに、三角形の頂点を互い違いにあわせることで四角形に近くなります。

4枚をつなぎ合わせて、平行四辺形のような形ができたら端と端を縫って筒型にします。気に入った場所を正面にして、底部分の内側を平らに縫います。残りの布で持ち手を作ってつければできあがりです。

つるつるしているので、手縫いで作るのはちょっと難しいようです。ミシンを使いましょう。ミシンが手元にない方は、専用の糸を使うと滑らずに縫うことができます。

ジーンズからおしゃれなバッグができます♪

膝が抜けたりして形が悪くなったジーンズからは、形をそのまま活かした面白いバッグが作れます。

ジーンズの脚の部分を少し残して切り取ります。腰の部分がバッグの底になります。裏に返して、底をまっすぐに縫います。好みでマチをつけても。サイズを測り、別布で内袋を作っておきます。

切った脚の部分から長くリボン状に布を取り、持ち手を作ります。持ち手を好きな場所に付けます。内袋を入れ、ふちをミシンで一周縫うか、手縫いでかがりつけます。

ジーンズの形がそのまま残るので、ヒップポケットを利用したりベルトでおしゃれしたりといろいろな楽しみ方ができます。ただし、ジーンズ地は厚いので、縫うときにはくれぐれも気をつけてください。

紙も立派な素材!?

ラッピングの「キャラメル包み」を応用してバッグにしてしまうアイデア。新聞紙や包装紙、読み終わった雑誌などいろんな紙で作れます。

まず好みの紙と手ごろな大きさの空き箱を用意します。空き箱でなくても、長方形でしっかりしたものなら何でもかまいません。紙は薄い場合は2~3枚重ねるなどして強度を出します。

箱をくるりと巻いて包めるだけの横幅が必要です。縦の長さ(バッグの高さ)はお好みで決めてください。

箱を紙の真ん中に置き、両側から巻きます。巻いた端がちょうどサイドに隠れる場所になるように調節します。

底部分を作ります。箱をあてがい、紙の下辺を折ってみて、箱面の3分の2ぐらいが隠れるのがちょうどいい長さです。上・下・横と箱面にそって折ります。まず横から折り込み、ついで下・上と折り、形が決まったら各部を接着します。

上側のふちを折り込み、接着します。乾いたら穴を開け、紙バンドなど好きな素材で作った持ち手をつけてできあがりです。

紙は意外に強度のある素材。折って貼るだけで簡単にできる紙バッグはギフトラッピングなどに重宝します。

まとめ

いろんな素材をリサイクルして、ユニークなバッグに変えるアイデアをご紹介しました。

今はなんでも安く買える時代ですが、使い捨てでは寂しい気がします。もったいないを「楽しい!」に変えるリサイクル、どんどん進めていきたいものですね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    ぷっくら可愛い、レジンのイヤホンジャックの作り方まとめ

  2. handemade

    少し手の込んだバックの作り方をご紹介

  3. 毛糸

    私だけのかばんを市販の持ち手で作る!作り方と持ち手の紹介

  4. handemade

    「作家募集」にひそむ罠 委託販売のトラブル事例集

  5. handemade

    作り方も簡単!トートバッグを手作りしてみる

  6. handemade

    三拍子そろったハンドメイド!ヘアバンド作りが楽しい!

  7. handemade

    優しくて美しい100均フェルトで作るバラのコサージュ

  8. handemade

    オーダーメイドで、自分の好みにピッタリのものを作ってもらうコツ!

  9. handemade

    クリスマスには手作りのオーナメントでツリーを飾ろう

ハンドメイド資格講座ランキング