注目の記事 PICK UP!

捨てられないはぎれを使って簡単ハンドメイド

針

お気に入りの生地や、大きめの型紙は取れないけど使い道に困るサイズのあまり布など、捨てるに捨てられないはぎれがたっぷり眠っているというお宅も多いのではないでしょうか。今回は、小さいはぎれでも簡単にハンドメイドすることができるアイテムをいくつか紹介します。「量は少ないけど何かに活用したい」というはぎれがある人必見です。

10cm角でコースターをハンドメイド

はぎれが10cm角ほどあれば、ハンドメイドに活用する幅はぐっと広がります。より簡単に10cm角のはぎれを活かすならコースターがおすすめです。裏表で別の生地を使ってもいいですし、もちろん同じ生地を使ってもOK。コースターは四辺を縫い合わせるだけで簡単にハンドメイドすることができるので、はぎれの消化にぴったりです。たくさん作ってお友達にプレゼントしてもいいかもしれません。もっと小さい布同士を縫い合わせて10cm角にすれば、どんなに小さなはぎれでも活用することができることもうれしいポイントです。

細長いはぎれはフリンジアイテムに活用

生地の耳部分や、服の型紙を取った端などは細長いはぎれとなって余ってしまいがちです。細長いはぎれは1cm×10cmほどのサイズにカットし、たくさん用意しておいてください。輪にしたヘアゴムにはぎれを結び付けていくだけで、簡単にかわいいフリンジヘアゴムを作ることができます。はぎれが大量にある場合は、不要の針金ハンガーを丸く整えて同様に結び付けていけばかわいいリースの完成です。

5cm角あればヨーヨーキルトを作れる

丸くカットした布の端を縫って絞り裏返すと、かわいいヨーヨーキルトを作ることができます。ヨーヨーキルトは5cm角ほどのサイズがあれば作ることができるので、お気に入りの布はヨーヨーキルトにしておくといいでしょう。ポーチや巾着の装飾としても使えますし、たくさんつなげてカフェカーテン風にするのもおすすめです。

はぎれで木製ピンチをかわいくアレンジ

「もう捨ててしまおうか」というほど小さなはぎれは、木製ピンチの表面に張ってかわいくアレンジするのに使えます。ナチュラルな雰囲気の木製ピンチもお気に入りの生地でコーティングすれば、たちまちオリジナルの木製ピンチの完成です。ボンドや両面テープを使って貼り付けましょう。

針金とはぎれでワイヤータイをハンドメイド

小さなはぎれはワイヤータイに加工することもできます。1cm×13cmのはぎれを2枚用意してください。片方に両面テープを貼りその上にフラワー用のワイヤーを乗せたら、もう1枚のはぎれを重ねます。両端をカットしてそろえたらワイヤータイの完成です。音手と裏の布を変えて作ってもかわいいです。ラッピングに使えばかわいさをアップさせることができます。

小さなはぎれも捨てないで

どんなに小さなはぎれでも、アイデア次第では様々なアイテムにハンドメイド活用することが可能です。特にお気に入りのはぎれはなかなか捨てることができませんが、今回紹介した方法で新たなアイテムとして生み出してみませんか?いろいろな柄や色を組み合わせることもはぎれの楽しいところです。小さなはぎれも捨てずに活用してみてはいかがでしょうか。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    可愛いシュシュの作り方から活用法まで

  2. ハンドメイド

    ネックレスを自分らしくハンドメイドしてみよう!

  3. handemade

    ハンドメイド作品を商品として販売するには?

  4. handemade

    簡単!レジンで作るキーホルダーの作り方まとめ

  5. handemade

    簡単アクセサリーを手作りして自分好みの装いを

  6. プラ板とおゆまるで作るアクセサリー

    かわいいバッグチャームもハンドメイドしよう

  7. 手作り

    ネットでハンドメイドを販売したい!売れるための3つのコツ

  8. クラフト

    ハンドメイド作品を贈るときに使えるおしゃれな包装のアイデア

  9. チェーン

    ハンドメイドで使われる工具について