注目の記事 PICK UP!

手元にある生地で簡単に作れるティッシュケース

編み物

ティッシュケースは箱形の大きなサイズからポケットティッシュ用の小さいサイズがあり、使える素材は木材・紙・布・アクリル・籐・スチール・プラスチックなどがあります。
形はオーソドックスな四角いタイプから動物型やキャラクター型のような癒し系もあります。

売っているそのままの箱ではつまらないから、もっとアレンジして楽しくしたい人にはハンドメイドでケースを作ってみましょう。

簡単に好きな生地で作るポケットティッシュケース

1.基本は代表的なポケットティッシュの横幅12cmを基本にして作ります。
2.両脇を縫うためにそれぞれ縫いしろ1cmが必要になるので14cmに決めます。
3.シンプルなケースは18cmの幅があれば余裕で筒状に折ってケースになります。バイアステープでティッシュの取り出し口を挟んで縫い、補強します。
4.バイアステープで補強した口が真ん中に来るように中表にして折り畳み、横幅12cm用に作った縫いしろを縫い合わせます。

バイアステープをレースに変えるとオシャレ度がアップします。

簡単なBOXティッシュケースの作り方

1.36cm角の布2枚を中表にして辺一か所の真ん中を5cmくらい残して、縫いしろ1cmのところをぐるりとミシンがけします。
2.5cm縫い残したところから布を返して表を出します。
3.角がきちんと出て、正方形になったら、一周ミシンがけします。
4.縫った布を三角に折ります。上が90度の角、下に45度の角が2つあることを確認してください。
5.45度の角のところにボタンを取り付けます。ボタンはお好きなもので構いませんが大きめの方が良いでしょう。
6.90度の角から9cmのところの布を2枚(縫い合わせたので4枚)手縫いで縫い合わせます。
もう一方の辺も頂点から9cmのところで縫い合わせます。
7.BOXティッシュを中に入れて、手縫いで縫い合わせたところにボタンを引っ掛けると、包むタイプのティッシュケースが出来上がりです。

角に紐をつけると壁掛けタイプにもなります。

バンダナや風呂敷で即席ティッシュケース

1.バンダナの中心にBOXティッシュを置きます。
2.BOXの短い辺を隠すようにバンダナを被せます。そのときティッシュの引き出し口は開けておいてください。
3.長い辺の両角をBOXの上で結びます。反対側も同じように結びます。
4.形を整えて出来上がりです。

形のついた箱形BOXでオリジナルのティッシュケース

アクリル・プラスチック・木材など形が四角いケースはそのままでも安定感があり、インテリアとしてもオシャレです。
さらにオリジナル感を出したい方はケーキのようにデコレーションしてみてはいかがでしょうか?

100均の造花をあしらってお花畑にしてみたり、マスコットや人形を飾ったり、ミニチュアの模型を貼付けたり。小さなジオラマを作ります。

興味はあるけど、なかなかインテリアとしては役に立たないし、あってもどうしたらいいかわからない。ちょうどいい小さな平面がBOXタイプのティッシュケースです。オリジナルの世界観が広がって楽しいですね。

まとめ

使い終わったBOXティッシュはレジ袋やビニール袋を入れるケースとして再利用できます。

スーパーは買い物袋を持参しますので、それほどかさばらなくなりましたが、コンビニで買い物すると小さなレジ袋がどんどん溜まります。小さなものを出し入れするのにBOXティッシュの引き出し口はとても便利です。

お好きな生地の再利用に、使わない小物を貼付けたり、毎日使うもので、いつも目に付くところにあるものですから、使いやすいものを作ってください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    大人用にもアレンジできるお子様スモックを簡単に作るコツ

  2. handemade

    子供の入学に必要なグッズをハンドメイドしましょう!

  3. 風合いの良いレザーウォレットをハンドメイドして使う

  4. handemade

    ハンドメイドフリルを作ろう!

  5. 刺繍

    ハンドメイドキットを使えば初心者でも簡単に作れる!

  6. handemade

    切り絵

  7. handemade

    手作り石鹸の安全な作り方

  8. handemade

    ハンドメイドでぬいぐるみ小物を作ろう

  9. 手作りアクセサリーの作り方

    ハンドメイドで楽しむクッションカバーのデザインと色

ハンドメイド資格講座ランキング