注目の記事 PICK UP!

手作り石鹸の安全な作り方

handemade

手作りの石鹸は化学物質などの余計なものが入っていないので安心して使えます。石鹸素地を使う方法もありますが、少し昔に流行ったマルセイユ石鹸は化学実験のように楽しく作れます。

材料さえ揃えば簡単ですから作ってみてください。苛性ソーダは扱いに慣れたら危険なものではありませんが、油断をすると火傷するので注意して扱ってください。

マルセイユ石鹸の材料

・オリーブオイル  458g
・ココナッツオイル 112g
・パームオイル   64g
・精製水      250cc
・苛性ソーダ(フレーク) 80g

お好みで入れてもよいもの
・お好みのキャリアオイル 大さじ1
・エッセンシャルオイル 100滴?150滴(全体の1%未満)

石鹸を作るための道具

(道具は苛性ソーダに強いステンレス製かガラス製のものを使用してください)
・大きめのボウル 1リットルが余裕で入るもの 1個
・耐熱性透明のビン(苛性ソーダの化学反応で割れるこのとないようにヒビ、気泡のないもの) 500mlくらいの大きさ 1本
・透明のビンが入るくらいのボウル 1個
・温度計 2本 (オイルと苛性ソーダを計るため)
・かき混ぜ棒 ステンレス製か菜箸 1本
・泡立て器 1本
・ゴムベラ 1本
・大きめのボウルが入るくらいの湯煎用鍋かフライパン 1個
・計量カップ 1個
・計り 1台
・メガネ、マスク、ゴム手袋(苛性ソーダが肌に触れないように)
・1リットルの牛乳パック 1本
・ラップ

マルセイユ石鹸の作り方

1.ボウルにオリーブオイル・ココナッツオイル・パームオイルを計量して入れます。
2.メガネ、マスク、ゴム手袋をして計量した苛性ソーダをビンに入れます。
3.鍋かフライパンに水を入れ、熱湯になるまで温めます。
4.鍋にオイルが入ったボウルを入れて湯煎にかけます。温度計をボウルに入れてオイルが38℃から40℃になるまで温めます。
5.苛性ソーダを入れたビンに精製水を入れ、すぐにかき混ぜ棒で苛性ソーダが溶けるまでかき混ぜます。
6.ビンを入れるボウルに、ビンの半分が浸かるくらいの水を溜めておきます。温度計を苛性ソーダのビンに入れて温度が下がるまで待ちます。このとき80度くらいで水につけると温度差でビンが割れることがありますので、60度から70度くらいになってからボウルにつけてビンの中の苛性ソーダの熱を38℃から40℃になるまで冷まします。
7.オイルの熱が上昇するのとビンの苛性ソーダの熱が冷めるタイミングが合うように3・4と5・6の作業を同時進行すると適正温度になります。または、どちらかの温度が適正になるまで、もう一報の作業をすると時間の短縮ができます。オイルは高くなりすぎると酸化してしまうので、適温になったら鍋から降ろしてください。
8.適温のオイルが入ったボウルに適温の苛性ソーダを入れます。苛性ソーダが飛び散らないように、スーーッと入れてください。
9.泡立て器で静かにかき混ぜます。電動の泡立て器は飛び散る危険性があるので避けてください。
10.ムラなく混ざってオイルの様子が変化したらラップをします。
11.時々混ぜながら固まり具合を確認します。ほどよくトレースしましたら、ボウルにお好みのキャリアオイルとエッセンシャルオイルを入れ、よく混ぜ合わせます。これが「石鹸のタネ」です。
12.ゴムベラを使って、できあがった石鹸のタネを牛乳パックに流し込みます。牛乳パックは形が気にならなければ縦のまま入れても大丈夫です。キレイに仕上げたい場合は牛乳パックが納まる四角い型で固定すると良いでしょう。
13.そのまま日の当たらないところで3日?1週間保存します。
14.石鹸のタネが固まっているようでしたら、牛乳パックをカッターなどで解体します。パックの角を縦にカッターで切れ目を入れて、包丁でパックとタネの間を通すとキレイにはがすことが出来ます。
15.石鹸の表面を数日、風通しの良いところで乾燥させます。
16.乾燥しましたら使いやすい大きさにカットして、更に1ヶ月乾燥させるとマルセイユ石鹸の出来上がりです。

石鹸のトレースとオイルの選び方

トレースというのはオイルが固まる状態のことです。オイルから石鹸へ変化していくことは「鹸化」といいます。ちょうどよいトレースの状態は「ホイップクリームの状態」が型入れしやすいですし、完成したときの石鹸の状態が滑らかで使い心地が良いのが特徴です。
長くかき混ぜていると腕が疲れてしまい、ある時放置しておいたらきちんと固まりましたので、それ以来、時々かき混ぜては放置して、固まるのを待っています。

もし、固まりすぎたら無理矢理牛乳パックに押し込んでも石鹸になりますし、パックに入れるのが難しそうなら1日放置してゴム手袋をした手で丸く捏ねて一ヶ月乾燥させてください。

固まらないでオイルのまま残ってしまったら石鹸にはなりませんので、新聞紙で油分を拭き取って自治体指定のゴミとして扱ってください。

使うオリーブオイルによっても固まり時間が変化します。
一番時間がかかるのはピュアオリーブオイルで、冬なら10時間たっても固まらないときがあります。夏でしたら1?3時間で固まります。
早く固めたい場合はポマスオリーブオイルを使います。エクストラヴァージンオイルを食品添加物で抽出してヴァージンオイルを加えたオイルで食品にも使えます。

固まる時間は、夏場なら1時間以内で固まります。冬では6時間以内で固まるでしょう。なるべく暖かい場所でトレースさせた方が早く固まります。気温が30℃を超えると石鹸の質が落ち、鹸化できずに分離します。出来たとしても気泡ができて質の悪い石鹸になるので高温多湿のときには作らない方が良いでしょう。

まとめ

最初は石鹸を作るとなると難しそうだし劇薬扱いの苛性ソーダを使うので躊躇しますが、メガネまたはゴーグルとマスクとゴム手袋があれば安心して作ることが出来ます。服を汚したくなければエプロンを使ってください。そして使う台所に使わないものを置かないようにしましょう。作業しやすい環境を整えてください。

苛性ソーダは薬局にあります。購入するときは印鑑を持っていってください。薬局によって値段は様々ですし、扱っていないところもありますのでお近くの薬局に聞いてみた方が良いでしょう。

一度作ったら使い心地に驚きますし、市販の石鹸との違いもわかります。香りとキャリアオイルを作る度に変えると楽しみが増えますので、石鹸生活にチャレンジしてみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    見た目にも肌にも優しい?羊毛をまとったフェルトソープを手作りする方法

  2. 裁縫

    ハンドメイド作品をネットで販売するための撮影方法

  3. ハンドメイド石鹸の素材と作り方

  4. handemade

    おしゃれな巾着のアイデアで大人巾着を楽しもう

  5. handemade

    自分でできる腕時計のカスタマイズ♪いつもの腕時計がキュートにもゴージャスにも!

  6. handemade

    ハンドメイド商品を販売するならまずはネームタグを作ろう!

  7. 洋服ハンドメイド

    作り方は簡単!人形の服とドーセットボタンのハンドメイド!

  8. handemade

    ヘアピンパーツを使って簡単アクセサリーハンドメイド

  9. 糸

    インテリア小物をハンドメイドしてみよう!

ハンドメイド資格講座ランキング