注目の記事 PICK UP!

引き出しの中の余った素材で作れる!ボヘミアン風ブレスレット

handemade

ビーズでブレスレットをハンドメイドするなら、少なくとも手首を一周する分だけビーズを揃えなきゃ、と思っていませんか?ですが、手作り好きな人なら、端切れやビーズ、アーティスティックワイヤーが少しずつ引き出しの中に余っているのではないでしょうか。そんな素材を有効に使えるこのブレスレットなら、新しくパーツを入手しなくても、手軽に作れます。異種素材を組み合わせたブレスレットは、ボヘミアン風でおしゃれ!作り方をご紹介していきましょう。

ボヘミアン風ブレスレット作りに用意するもの

・アーティスティックワイヤー
・端切れ
・ビーズ
・メタルパーツ
・ボンド
・丸カン
・Tピン
・ニッパー
・丸ペンチ
・平ペンチ

アーティスティックワイヤーは、ブレスレットのベースとするため、直径が太めのものを用いましょう。ブレスレット本体は布で隠れますが、ループの部分は見えるので、ワイヤーと丸カン、Tピンは、色を合わせたものを準備すると、雰囲気がまとまりやすくなります。

ワイヤーと端切れ布を使ったブレスレットの作り方

1. ブレスレットに使いたい端切れを、1.5~2センチ幅に裂いて、リボン状にしておきます。
2. アーティスティックワイヤーを、ブレスレットの完成サイズより5~6センチ長めにカットします。
3. ワイヤーの端から5センチのところに、丸ペンチを挟み、ペンチに沿わせるようにワイヤーを1回転させましょう。小さな丸い輪ができます。
4. もう片方のワイヤーの端から5センチ部分にも、同様に輪を作ります。
5. ワイヤーの端と端を重ね、ブレスレットの輪状にしましょう。このワイヤーをベースに、端切れリボンを巻いていきます。端切れリボンにボンドをつけ、ワイヤーが重なっている部分に巻き付けて固定します。
6. 端切れリボンを重ねながら、しっかりと巻きつけて、ブレスレットを1周します。
7. ビーズにTピンをさして、メガネ留めにしたものをいくつか作ります。ワイヤーの2つの輪や本体に、ビーズを丸カンで取り付けて、完成です。

ボヘミアン風ブレスレット作成のポイント

丸ペンチは先にいくほど、細くなっています。アーティスティックワイヤーに輪を作るときには、作りたい輪の大きさによって、丸ペンチに沿える位置を合わせましょう。また、ワイヤーの両側に作る輪の大きさを揃えるように気をつけると、きれいです。

端切れリボンは、巻き始めのワイヤーの小さな輪の部分、もう1つの輪の周辺や巻き終わりなど要所で、ボンドを適宜つけるようにします。

半端に残った素材が素敵なブレスレットに変身

アクセサリーを手作りするのに、ビーズだけでブレスレットを構成するとなると、コストやデザインのことを考えなくてはならず、億劫になってしまいがちです。このブレスレットでは、少量残っているワイヤーやビーズ、端切れをそれぞれ使えるので、手持ちの素材のみで手軽に作り始められます。

異種素材をバランスよくまとめるのは、自分のセンス次第。端切れリボンの上に細いアーティスティックワイヤーやヘンプ紐を巻き付けたり、ワイヤーに小さなビーズを編みこんだりしても、おしゃれです。あまり細かな計画を立てず、あえて思いつくままに作ってみても、面白いものができあがるかもしれませんね。

引き出しの奥に、中途半場に残っている素材があるなら、ぜひ素敵なブレスレットに変身させてみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    ハンドメイド品販売で注意したい、トラブル事例

  2. チェーン

    イヤリングをハンドメイド!簡単な作り方をご紹介

  3. handemade

    100均のプラパンで市販品みたいなリボンアクセサリーが作れる!

  4. handemade

    まずは手縫いから。ハンドメイド作品完成までの手順

  5. 簡単に作れるハンドメイドバッグでお出かけしよう

  6. handemade

    宇宙塗りの秘密を知りたい!あの100均アイテムが使えるアクセサリーの作り方

  7. handemade

    自分でできる腕時計のカスタマイズ♪いつもの腕時計がキュートにもゴージャスにも!

  8. handemade

    服作り初心者向け!ウエストゴムスカートの作り方

  9. handemade

    イヤリングにしたい素材別タッセルパーツの作り方

ハンドメイド資格講座ランキング