注目の記事 PICK UP!

小さなものをまとめて入れちゃおう 100均材料で作るファブリックトレイ

handemade

ちょこっとものを入れるのに便利なトレイが欲しいなあと思うことはありませんか。特別大きなサイズでないのなら、端切れで作れファブリックトレイがおすすめ!机の上の文房具や細かな手芸材料を好きなように分類し、いつでも使えるようにスタンバイ。ハンドメイドなら、ほしいサイズにぴったりの、使い勝手のいいトレイを作れます。大好きな柄の布を使えば、インテリアのおしゃれ度もさりげなくアップしますよね。とても簡単なファブリックトレイの作り方をご紹介します。

ファブリックトレイを作るときに準備するもの

・布 2種類
・ハサミ
・アイロン
・接着芯
・針
・糸
・へら

布はトレイの外と内、色や柄の組み合わせを考えて、2種選びましょう。柔らかな布に張りと厚みを与えてくれるアイテムが接着芯。洋服だと、衿や見返し部分に使われるものですね。100円ショップでも入手できます。

ファブリックトレイの作り方

トレイの大きさが10×10センチ、高さ2センチとするなら、縫い代1センチ分を加え、16×16センチに布を裁断します。接着芯には縫い代分が必要ないので、15×15センチのサイズです。

1. 柄の違う布を2枚、接着芯を1枚、希望のサイズに合わせてカットします。
2. 布の裏に、接着芯をノリ面が下になるよう置き、アイロンをあてます。
3. 接着芯のついた布と、もう1枚の布を中表にし、接着芯に沿ってミシンをかけます。返し口とするため、6、7センチはミシンをかけずに、開けておきましょう。
4. 布の角をミシン糸の少し外側で斜めにカット。返し口から、表にひっくり返します。
5. 角をきれいに整えたら、縁から2、3ミリのところにステッチミシンをかけましょう。縁から高さのサイズ分内側が底の位置となります。底の線にへらなどで印を入れ、それに沿ってミシンをかけます。
6. 底の線で折り、側面を四方から持ち上げると、角は直角三角形の形に重なり合います。
7. 4つの角の、底に対して垂直な線にミシンをかければ、できあがりです。

さまざまなパターンに作れるファブリックトレイ

ファブリックトレイは、中に接着芯を入れるというアイデアで、しなやかな布をしっかりしたトレイの形に作れます。とても簡単な構造なので、自分好みのサイズに計算し直すことも簡単ですね。文房具や眼鏡、小物など入れたいものに合った大きさ、高さに作りましょう。

サイズが小さいものであれば、4つの角の縫製は、トレイの上部だけでもかまいません。手縫いで何度か縫いとじるだけでも、味のあるものに仕上がります。また、角部分を縫い合わせることをせず、スナップボタンやリボンを取り付けると、開閉自在なトレイとなります。使わないときは、平たい状態に戻して、狭い場所に収納しておくことが可能です。

整理とインテリアにさりげなく役立つトレイ

ファブリックトレイに使う材料は、基本的には布と接着芯。リボンやスナップボタンを付け加えるにしても、100円ショップで手に入るものばかりで、手軽にハンドメイドできる作品です。縫製作業は直線ばかりなので、とても簡単に作れてしまいますが、お気に入りのデザインの布を使うと、テーブル回りがぐっとおしゃれになりますよ!小物の整理も楽しくなってしまうのではないでしょうか。

今回の作成例は、わかりやすい四角形でしたが、もともとの布の形を五角形、六角形などとしても、同様の手順で作れます。端切れを利用して、ミニサイズに作ってもかわいいです。リボンやスナップボタンの組み立てタイプをたくさん作って、普段はしまっておき、気分で入れ替えてもよいですね。

ぜひファブリックトレイを作って、片付けアイテムに使ってみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    フェイクスイーツ

  2. handemade

    インテリアにもなるハンドメイド鍋つかみの作り方

  3. handemade

    ヘアアクセサリー、リボンバレッタの作り方

  4. handemade

    首都圏に負けない!関西圏の個性的なイベントをピックアップ!

  5. ハンドメイドで利用できる便利な100均のアイテム

  6. handemade

    身体に合ったチュニックの選び方とアレンジリメイク術

  7. handemade

    三つ編みの要領で簡単!大人っぽくてかわいい編みこみチェーンブレスレット

  8. handemade

    簡単ヘアアクセサリー、バレッタの作り方とポイントまとめ

  9. handemade

    簡単で売れるハンドメイド作品まとめ!

ハンドメイド資格講座ランキング