注目の記事 PICK UP!

100均材料で作るファブリックトレイと愛猫用ベッドを簡単DIY

簡単DIY

ちょこっとものを入れるのに便利なトレイが欲しいなあと思うことはありませんか。特別大きなサイズでないのなら、端切れで作れファブリックトレイがおすすめ!机の上の文房具や細かな手芸材料を好きなように分類し、いつでも使えるようにスタンバイ。ハンドメイドなら、ほしいサイズにぴったりの、使い勝手のいいトレイを作れます。大好きな柄の布を使えば、インテリアのおしゃれ度もさりげなくアップしますよね。とても簡単なファブリックトレイの作り方をご紹介します。

大切な家族の一員であるペット。ペットに猫を飼う人も増えてきているようです。生まれて間もない頃の猫は手の平に乗るくらいであったはずなのに、時を経るにつれて次第に大きくなってきます。成長したには身体にフィットする心地よい寝床を準備してあげたいものですね。ペット用のベッドは、100円ショップのアイテムを使って、簡単にハンドメイドすることができます。猫の喜ぶベッドの作り方をご紹介していきましょう。

ファブリックトレイを作るときに準備するもの

・布 2種類
・ハサミ
・アイロン
・接着芯
・針
・糸
・へら

布はトレイの外と内、色や柄の組み合わせを考えて、2種選びましょう。柔らかな布に張りと厚みを与えてくれるアイテムが接着芯。洋服だと、衿や見返し部分に使われるものですね。100円ショップでも入手できます。

ファブリックトレイの作り方

トレイの大きさが10×10センチ、高さ2センチとするなら、縫い代1センチ分を加え、16×16センチに布を裁断します。接着芯には縫い代分が必要ないので、15×15センチのサイズです。

1. 柄の違う布を2枚、接着芯を1枚、希望のサイズに合わせてカットします。
2. 布の裏に、接着芯をノリ面が下になるよう置き、アイロンをあてます。
3. 接着芯のついた布と、もう1枚の布を中表にし、接着芯に沿ってミシンをかけます。返し口とするため、6、7センチはミシンをかけずに、開けておきましょう。
4. 布の角をミシン糸の少し外側で斜めにカット。返し口から、表にひっくり返します。
5. 角をきれいに整えたら、縁から2、3ミリのところにステッチミシンをかけましょう。縁から高さのサイズ分内側が底の位置となります。底の線にへらなどで印を入れ、それに沿ってミシンをかけます。
6. 底の線で折り、側面を四方から持ち上げると、角は直角三角形の形に重なり合います。
7. 4つの角の、底に対して垂直な線にミシンをかければ、できあがりです。

さまざまなパターンに作れるファブリックトレイ

ファブリックトレイは、中に接着芯を入れるというアイデアで、しなやかな布をしっかりしたトレイの形に作れます。とても簡単な構造なので、自分好みのサイズに計算し直すことも簡単ですね。文房具や眼鏡、小物など入れたいものに合った大きさ、高さに作りましょう。

サイズが小さいものであれば、4つの角の縫製は、トレイの上部だけでもかまいません。手縫いで何度か縫いとじるだけでも、味のあるものに仕上がります。また、角部分を縫い合わせることをせず、スナップボタンやリボンを取り付けると、開閉自在なトレイとなります。使わないときは、平たい状態に戻して、狭い場所に収納しておくことが可能です。

整理とインテリアにさりげなく役立つトレイ

ファブリックトレイに使う材料は、基本的には布と接着芯。リボンやスナップボタンを付け加えるにしても、100円ショップで手に入るものばかりで、手軽にハンドメイドできる作品です。縫製作業は直線ばかりなので、とても簡単に作れてしまいますが、お気に入りのデザインの布を使うと、テーブル回りがぐっとおしゃれになりますよ!小物の整理も楽しくなってしまうのではないでしょうか。

今回の作成例は、わかりやすい四角形でしたが、もともとの布の形を五角形、六角形などとしても、同様の手順で作れます。端切れを利用して、ミニサイズに作ってもかわいいです。リボンやスナップボタンの組み立てタイプをたくさん作って、普段はしまっておき、気分で入れ替えてもよいですね。

ぜひファブリックトレイを作って、片付けアイテムに使ってみてくださいね。

猫用ベッドを作るために準備するもの

・座布団5枚
・針
・糸
・ハサミ

座布団は100円ショップにある平たいタイプのもの。底と側面4つに使うので、5枚準備しましょう。手縫いで立体に仕上げていきます。

座布団を利用した猫用ベッドの作り方

1. 座布団についているタグや紐を取り外します。
2. 紐にアイロンをかけ、それぞれリボンに作っておきましょう。
3. 座布団のうち4つを、半分に折りたたんで長方形にし、向かい合った長い辺を縫い合わせます。折り目と縫い目の中ほど、2ヵ所を縫いとめて、落ち着かせます。
4. 残った1枚を底にします。半分にした4つの座布団と底になる1枚の座布団を縫っていきます。底の座布団の4つの辺に、長方形の縫い目側を合わせていく形です。
5. 長方形を底に対して直角におこすと、側面になります。この段階では長方形同志は離れているので、内側と外側4ヵ所を縫っていきましょう。
6. 側面の外側に、作っておいたリボンを取り付けて、できあがりです。

猫の体重がかかっても切れないように、しっかりした糸を2本取りにして縫いましょう。

大きい猫や小さい猫のために

飼っている猫が大きくて、ベッドがきつそうなら、側面の1つを開いたままにしておくと、ゆったり使えます。

あるいは、小さな猫のためにもう少しコンパクトに作りたい場合、楕円形にも作れます。

その場合必要な座布団は4枚。やはり1枚を底に使い、あらかじめ楕円に切り取って、端を縫いとめておきます。側面に使う座布団は、曲線に沿わせるため、先に3枚を長く繋げておきましょう。その上で半分に折りたたみ、向かい合った部分を縫いとめていきます。四角タイプと同様に、高さの中間地点で座布団1枚に対し2ヵ所縫いとめておくと、しっかりします。座布団のミシン目の位置に合わせると、処理が楽です。長い側面を楕円に沿って縫いとめていき、側面の端と端を縫い合わせれば、できあがりです。

猫がまったり休める手作りベッド

100円ショップの座布団は、種類がさまざま。薄めの座布団を使えば伸びのあるベッドに、綿の量の多いものを選べばもこもこのベッドになります。つるつるした布素材の座布団なら、猫の毛がくっついて困るということもあまりありません。

手作りなら、猫のベッドも愛猫にぴったりの大きさや柔らかさに制作できます。インテリアの調和を乱さないデザインを好きに選べるのも、ハンドメイドのよさでしょう。100均座布団を材料に、気軽に作れてしまうので、飼い猫の頭数が多くても、頭数分用意してあげられます。

また、猫のベッドは構造的にはシンプルなので、裁縫に慣れている人なら、100均の綿と布で一から手作りできるかもしれませんね。大切な猫がまったりと休めるベッドを、ぜひ手作りしてみてください!

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 糸

    ふでばこをハンドメイドで作るならビニールコーティングが便利

  2. 手作りアクセサリーの作り方

    ハンドメイドで赤ちゃんの品物を作りたい!

  3. ティシュケースとキーケースの作り方

    初心者必見!ティッシュカバーとリバティープリントでキーケース

  4. handemade

    ハンドメイド品販売で注意したい、トラブル事例

  5. handemade

    自慢の手づくり品を販売してみませんか?作品を販売する方法をご紹介します♪

  6. handemade

    余った布で作りたい小物作品の作り方

  7. 手作りインテリアの作り方

    100均のビーズのサンキャッチャーと滑り止めマットで模様替え

  8. handemade

    イベントで目立つディスプレイのために♪事前に確認しておきたいチェックポイント

  9. handemade

    簡単DIYで家具をリメイク♪古い家具をちょっとおしゃれに♪

ハンドメイド資格講座ランキング