注目の記事 PICK UP!

宇宙塗りの秘密を知りたい!あの100均アイテムが使えるアクセサリーの作り方

handemade

小さなスペースに星空を切り取ったような宇宙塗りのアクセサリー。深い色の宇宙空間に星がきらめいて見えるようで、心惹かれる神秘的なデザインですよね。この宇宙塗りのアクセサリーを自分でハンドメイドしたい、と思ったことはありませんか。高度なテクニックが要りそうで、まだやったことがない、という人も大丈夫。手順を知ってみれば、意外と簡単な宇宙塗りのやり方を説明していきます。

宇宙塗りアクセサリーを作るために準備するもの

・ミール皿
・マニキュア数種
・UVレジン液
・メタルチャーム
・アクセサリーパーツ
・つまようじ
・あれば、UVライト

宇宙塗りしているあのカラーの秘密は、実はマニキュア。宇宙を表現するのに向いている、黒や紺、青、水色から数種、トップコート、そしてキラキラのラメ入りのものを必ず用意します。ラメは星々のきらめきに見えるので、大きさの違うものがあると、深い奥行きを感じさせることができます。仕上げには、透明樹脂のUVレジン液を使用。扱いが容易で、本格的な出来栄えとなるレジン液は、アクセサリー作りに欠かせない定番アイテムとなっていますよね。

それでは、宇宙塗りにチャレンジ

1. ミール皿をベースに、マニキュアの色をのせて、宇宙を表現していきます。まずは一番濃い色で全体を塗ります。
2. 濃い色からだんだんと薄い色へとマニキュアを変え、色をのせるごとに境界をなじませてぼかします。マニキュアの筆やつまようじ、トップコートなどを使い、滑らかなグラデーションを作りましょう。
3. ここで一旦乾かし、更にラメを塗っていきます。必要なら、宇宙の写真や宇宙塗りアクセサリーをお手本にすると、星の表現方法がよくわかります。
4. マニキュアが十分乾いたら、メタルチャームを配置し、UVレジン液を垂らします。
5. UVライトがあれば照射、なければ太陽光に当てましょう。レジンがしっかり固まったら、好みのアクセサリーパーツに繋ぎ、完成です。

宇宙塗りをきれいにするコツ

難しそうに見える宇宙塗りですが、線を描くわけではないので、絵が得意でなくても大丈夫。マニキュアを塗ったことのある人なら描けます。一旦マニキュアを乾かせば修正することもできますし、トップコートを間にはさんで二重塗りし、更に深みを出すこともできます。その場合でも、1回1回のマニキュアは厚塗りしないことがコツ。

星となるラメ入りのマニキュアは、全体に広げて塗るのではなく、濃い部分薄い部分の差をつけると、より宇宙らしく見えます。黒、青系のマニキュアで、宇宙塗りに慣れたら、緑やピンクのカラーを混ぜてもきれいです。マニキュアを使って作業するときには、時折換気をするように心がけましょう。

宇宙の神秘を手中にしよう

宇宙塗りはそのつどマニキュアの塗りでグラデーションを作っていくので、まったく同じものは存在しません。アクセサリーパーツを選べば、ペンダントやヘアアクセサリー、ストラップなど、自分の好きな形にアレンジできます。また、マニキュアを塗り、レジンで固めるという基本がわかれば、さまざまなベースの加工が可能です。シリコン型のモールドを利用すれば枠なしのパーツも作れますし、スマホケースに宇宙塗りを応用すれば自分だけのケースを持てますよ。

マニキュアやアクセサリーパーツ、UVレジン液は、100円ショップに揃っているので、これほど完成度の高い1点ものアクセサリーが手軽にハンドメイドできてしまいます。宇宙塗りの秘密がわかったら、100均に並んでいる寒色マニキュアが宇宙塗り用に見えてきませんか?ぜひ入手して、やってみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    ハンドメイド長財布の作り方

  2. handemade

    少し手の込んだバックの作り方をご紹介

  3. handemade

    とんぼ玉

  4. handemade

    アクセサリーにもインテリアにも?100均アイテムで作れるキュートなマニキュアフラワー

  5. チェーン

    チェーンの基礎知識と使い方

  6. handemade

    個性派が続々登場♪愛知のイベント情報!

  7. handemade

    プラバンアクセサリーの作り方2 アレンジ

  8. handemade

    アウトドアにピッタリなハンドメイドナップサックの作り方

  9. handemade

    手縫いでハンドメイド!フェルト生地で小物を作ろう!

ハンドメイド資格講座ランキング