注目の記事 PICK UP!

子供のためにハンドメイド!ぬいぐるみの作り方

handemade

子供にコレを作って欲しいと言われ、ささっと作れるお母さんって素敵ですよね。

子供が欲しいもの、自分が欲しいもの、お揃いのもの、簡単に作れたら…

そんな思いを形に!ぬいぐるみを作りましょう!

簡単なぬいぐるみの作り方を紹介します。

まずはデザイン画を描きましょう。

簡単なものでかまいません。子供に描いてもらうのもいいかもしれません。

ふわふわ、ピンクのしっぽ、茶色い目などイメージを膨らませてかきこみましょう。

型紙を作ります。

実寸大でしっぽ、足、胴、腕、頭、耳とパーツを描きます。

頭の前部分以外はそのまま型紙になります。1cmの縫い代をつければそれで完成です。

頭(前)だけ平面になってはいけないので、半分に分割してカーブをつけます。頭(後ろ)はそのままに。両方1cmの縫い代をつければ型紙の完成です。

裁断する。

足 4枚

胴 2枚

腕 4枚

耳 4枚

頭(後ろ)1枚

頭(前)2枚

を裁断します。

ミシンで縫いましょう。

足と胴体をミシンで縫いつけます。首の部分を残して、中表で周りをぐるっとミシンで縫います。縫い終わったら表にひっくり返します。

頭(前)を縫い合わせて1枚にします。首の部分を残して、頭(前)と頭(後ろ)を中表にし、周りをぐるっとミシンで縫います。縫い終わったら表にひっくり返します。

腕を脇の部分を残して、中表で周りをぐるっとミシンで縫います。縫い終わったら表にひっくり返します。

耳を頭に接着する部分を残して、中表で周りをぐるっとミシンで縫います。縫い終わったら表にひっくり返します。

綿を詰めましょう。

全てのパーツに綿を詰め、ふわふわにします。

手で縫い合わせましょう。

全部のパーツを手縫いで丁寧に縫い合わせます。

目や鼻といったパーツをつけましょう。

顔のパーツをつける方法をいくつか紹介するので、生地やイメージにあった素材を選んでください。

・刺繍する。

刺繍糸を使って生地に直接針を刺し、目や鼻を作ります。この方法を使えば、デザイン画に忠実なパーツになります。ただし、毛並みの長い生地だと埋もれてしまうためこの方法は使えません。

・フェルトを使う。

綿や麻などスムーズな生地であればボンドでつけることができます。フェルトを目や鼻の形にカットして、そのまま布用ボンドで貼り付けます。この方法が一番簡単です。しかし、毛並みの長い生地の場合、接着が悪く、すぐに取れてしまうためこの方法は使えません。

・ボタンを使う。

お気に入りのボタンをボタン付けの容量で顔に縫い止めます。簡単で、場所を間違えた時もすぐにつけ直せるのが魅力の方法です。ただ、目や鼻の形が制限されます。

・市販のパーツを使う。手芸店にはぬいぐるみ用目パーツ鼻パーツが販売されています。黒目が動くものや、革素材のものなど種類は様々です。くるみボタン付けの容量で簡単に縫い付けられます。他の方法よりコストがかかるのが難点です。

まとめ

どうでしたか?完成するとものすごく達成感が湧きます。

ぬいぐるみを作れたら、それに合う布おもちゃも作ってあげると子供はさらに喜びます。

うさぎのぬいぐるみ→人参 クマのぬいぐるみ→ハチミツ壺など、おままごとがより楽しくなりますね。

イメージしたものがそのまま手に入って、子供も大喜びです。

お母さんが作ってくれた人形は、きっと宝物になると思います。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    売れる・売れないは写真次第!?写真の撮り方基礎の基礎!

  2. クリスマスをハンドメイドのモチーフで彩る

  3. handemade

    切り絵

  4. handemade

    黒板付きでおしゃれなカフェ風♪すのこで作る自立式ウェルカムボード

  5. 釣り好きならルアーもハンドメイドしてみよう!

  6. handemade

    花の美しさをそのままに、ボトルフラワーの作り方

  7. 手縫いでちくちく作るハンドメイド作品

  8. handemade

    子供の服を着なくなった大人服で上手にリメイクして作ってみよう!

  9. handemade

    初心者必見!樹脂粘土で作る簡単雑貨のポイントまとめ

ハンドメイド資格講座ランキング