注目の記事 PICK UP!

売れる・売れないは写真次第!?写真の撮り方基礎の基礎!

handemade

ネットでハンドメイド品を販売する場合、写真はとても重要です。実物が目の前にない状態で購入者の心をとらえるには、写真と商品説明しか手段がないからです。

ネットでハンドメイド作品を検索したとき、まず目に入るのが写真です。ここで見てもらえるかどうかで、売れるかどうかも決まります。

わかりやすい写真が撮れる撮影術を覚えて、まずは写真のインパクトで買い手の心をつかみましょう!

機材はどんなものを用意すればいいの?

高性能なデジタル一眼レフは作品の魅力をしっかり伝えてくれますが、扱うにはそれなりの技術が要ります。

初心者さんが出品用の写真を撮るなら、スマホのカメラでも十分です。まずはたくさん写真を撮り、写真の腕をみがきましょう。それからいいカメラを購入しても遅くはありません。

販売用にプロのカメラマンが写真撮影をするサービスもありますが、あまり上手に撮れてしまっても、後で「イメージと実物が違う」なんていわれかねません。過剰に飾り立てたりせず、ありのままを伝えるのも出品者の仕事です。

見やすい大きさで撮影しよう

小さすぎてなんだかわからない写真、逆にアップにしすぎて見づらい写真、どちらも買う方にしてみればあまり親切とは言えません。

適度な大きさで、着用したときのイメージがしやすくなるような写真になるように心がけましょう。

小さなアクセサリーは大アップで撮影する手もありですが、その際も正確な大きさがわかるように、比較になるものを配置するように気を付けます。実際の大きさがわかると、購入する側も安心です。

アングルを工夫してみる

真上から撮った写真は、わかりやすいのですが単調になってしまいがちです。アングルを変えて何枚か撮ってみましょう。

横や斜め、裏側からの写真も購入の際の参考になります。

セールスポイントがある場合は、その部分をクローズアップした写真も用意しましょう。

光の向きにも注意

不自然な影ができないように、光源の位置にも気を配りましょう。撮影場所は明るい自然光の入る場所がベストです。

照明の下で撮影するときは、作品が自分自身の陰になってしまわないように気を付けます。これは基本的なことですが、スマホや携帯で撮影するときに誰もがやってしまう痛恨のミスです。照明と自分と作品との位置関係をよく考えて撮影地点を選びましょう。

カメラに望遠の機能がついていれば、遠くから撮影することで自分の影が入らないようにできます。

慣れてきたら演出も

カメラ撮影に慣れてきたら、自分の世界観を演出する小物や背景を添えて撮影してみましょう。

床面や背景に好きな色の布をセッティングしたり、作品をナチュラルなかごに収めてみたり、アクセサリーならお気に入りのスタンドにセットして撮影するのもいいアイデアです。

ただし、主役が自分の作品であることを忘れないようにしましょう。演出が過ぎて作品が目立たなくなってしまったら、元も子もありません。

まとめ

作品をアピールするためには、写真は欠かせないものです。

最初はカメラの腕もおぼつかないかもしれませんが、臆することなくどんどん撮っていきましょう。写真の腕が上がり、ディスプレイのコツもわかってきたら、撮影がどんどん楽しくなってきますよ。

素敵な写真で作品をアピールしてみてくださいね!

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    腕時計を簡単にハンドメイド!

  2. ハンドメイドで指輪を作るときに便利な指輪台の種類

  3. handemade

    穴がなくても加工できる!ゴロンとした天然の石を石包みネックレスに作ろう

  4. handemade

    おうちがカフェ風に♪100均のフォトフレームを使ってショーケースをDIY

  5. handemade

    ハンドメイド品販売で注意したい、トラブル事例

  6. handemade

    普段使いのクラッチバッグとお出かけ用のクラッチバッグの作り方

  7. handemade

    レジン 

  8. handemade

    英語も学べちゃう!?マスコット付きかわいい手提げバッグの作り方♪

  9. handemade

    フリーマーケットで大活躍!値札をハンドメイドしよう!

ハンドメイド資格講座ランキング