注目の記事 PICK UP!

売るほどあまった手芸材料売る方法と手作り値札の作り方

ハンドメイドの材料

ハンドメイド作品を作り続けていると、あまった材料や使わなかった材料がたまっていつしか大変な量になってしまう、ということがよくあります。

とくにミニチュア作品やドール服などの小さなものを作る場合、布のほんの一部しか使わず大半はあまり布に……なんてことになってしまいますよね。

端切れって、小さくてもたまるとけっこう場所をとるものです。そんなとき、あまった材料をどこかで売ることはできるのでしょうか? いろいろなケースで検討してみました。

SNSの影響でフリーマーケットやハンドメイド系販売イベントもどんどん参加しやすいものになってきましたね。

お客さんとして足を運ぶのも楽しいですが、今回は売り手になった場合の販売促進工夫の1つを紹介します。

それは…値札です!

オシャレな値札がつくことによって、商品の価値がぐんと上がって見えるんです。

値札は、大きく分けてラベルシールと紙タグの2種類に分けることができます。それぞれのやり方と工夫方法を紹介しますので是非おしゃれな値札を作って商品価値をあげてください。

オークションに出す

いちばん一般的な方法です。

写真を撮影してアップするだけで手間がかからず、お金もかからないのがネットオークションのいいところです。ただ売れなければそのままになってしまうので根本的な解決法にはなりません。あくまで自己責任といえます。

売れるか売れないかは出品者次第ですが、端切れやアクセサリーパーツなどこまごまとした手芸用品は需要が高く、売れる可能性は十分あります。

おすすめは、布の端切れやボタン、レースなどをまとめて一品にしたパック売り。「こんなものが作れます」と説明書を付けてキット化すると、漠然と何かを探している買い手の目を引く効果があります。さらに商品写真に端切れを有効活用した小物などを添えれば、効果がもっと上がります。一工夫で個性をアピールしましょう。

お店に売る

リサイクル店などに持ち込む方法もあります。ただし端切れなどは引き取りの対象にならないので、布でもある程度まとまった量が必要です。

布地などの引き取りを行っているリサイクル店はいくつかあります。たとえばブックオフ系統の不用品買い取り店「B・STYLE」や「オフハウス」などが挙げられます。ほかにも宅配買取を実施しているところなど、いろいろありますので探してみてください。

お値段のほうはあまり期待できませんが、捨てるよりも誰かに使ってもらえたら……という方にはいい方法です。

お近くのリサイクル店に一度持ち込んでみてはいかがでしょうか。引き取ってもらえるかどうかはお店によりますが、値段にこだわらないという方であれば、いちばん手っ取り早い方法です。

ハンドメイドイベントで売る

各地で開催されるハンドメイドイベントの中には、材料の販売を許可しているところもあります。とくにミニチュアが多く出品されるドール系のイベントでは、少しだけ使うレースやリボンなどの販売がよくあります。

あくまでも「自分の作品を作るうえで使用したが、あまってしまったもの」という制約はありますが、売り手も買い手も助かる制度です。オークションの項でも少し書きましたが、「少ししか使わないので、たくさん入っている市販品を買うとあまってしまう」品物は、かなり需要があります。

ハンドメイド好き同士が集まるイベントで、必要な人みんなでシェアするシステムがあるというのはとても素敵なことだと思います。どんどん利用して、皆で分け合いましょう。必要な人へ必要なものが届くという意味では、いちばん物の価値が活きる方法です。

最終的には

もし上記の方法でどうしても売れなかった場合は、自治体でリサイクル用として引き取ってくれる場合もあります。

お金にはこだわらない、とにかく捨てるのはもったいない、という方は公民館などで聞いてみましょう。地域のコミュニティで欲しい人を募集してくれることもあります。

「欲しい!」という人が、案外近くにいることも。廃棄を考える前に、親族や知人に声をかけてみることも大切です。

委託販売をされている方は、作品と一緒に置いてもらえるかどうか問い合わせてみるのも手です。

ラベルシールの基本の作り方

シールを直接商品に貼り付ける方法です。クッキーなどの食品やプラスチックコップなどの値札に使えます。

【用意するもの】

・ラベルシール専用コピー用紙

・家庭用プリンター

・カッターナイフorハサミ

【作り方】

値札データを作ります。パソコンがない方は手書きでもOK!

家庭用プリンターを使ってラベルシール専用コピー用紙にプリントします。

カッターナイフで切り取って完成です。

ラベルシールを少しの工夫で見栄えのするものに

・図形にカットする。

丸や三角といった図形にカットします。せっかく自分でシールを作るのですから好きな形にカットしましょう。

・価格は書かずにプリントする。

ブランド名や線だけのデータをプリントし、価格は後でスタンプします。これにより、突然の価格変更にも対応できます。

海外の機械を利用する。

海外スーパーの値付けで使っている機械などが輸入品ショップやインターネットで販売されています。

それらを使って味のある、ちょっと変わったラベルシールを作りましょう。コストはかかりますが1回買ってしまえば使えば使うほど元が取れると思います。電気屋や手芸店では日本製のラベル製造機も販売しています。それぞれのフォントや機能などをチェックしてみてください。

紙タグの基本の作り方

厚紙などを適当な大きさに切り、パンチで穴を開けて紐を通し、商品にくくりつける方法です。

【用意するもの】

・厚紙

・カッターナイフorハサミ

・パンチ

・紐

・値段スタンプ

・紙用インク

【作り方】

厚紙をタグの形にカットします。

値段をタグにスタンプします。

パンチで端に穴を開け、紐を通して完成です。

紙タグを少しの工夫で見栄えのするものに

・マスキングテープで飾る。

無地の値札もふちにカラフルなマスキングテープを貼ることで一気に華やかになります。

価格別に色分けすれば、パッと見ただけで値段が分かり、お客さんもわかりやすいですね。

・ダンボールを使う。

大ぶりの値札が可愛いです。コストもかかりません。さらにひと手間加えて段ボールにペイントすると味のあるものになります。

・海外の古紙を使う。

洋書や英字新聞を使うことでおしゃれな値札になります。紐も麻紐などを使えば雰囲気が出ます。アンティーク商品につけるのにピッタリです。

・商品と紙タグを安全ピンでつなぐ。

パンチであけた穴に紐ではなく、安全ピンを通します。クリップでもOK!

・トレーシングペーパーを重ねる。

透ける性質の紙を厚紙に重ねることで高級感が出せます。色つきのトレーシングペーパーも販売されています。活用すればスポーティーでポップなものになります。

・穴シールを貼る。

パンチであけた穴に貼る専用のシールが販売されています。無地のタグに貼るといいアクセントになりますよ。

まとめ

捨てるに捨てられない手芸材料、その処分法をいくつかご紹介しました。

どんなものでも捨てるのはもったいないものです。まして作品を作ったあとのあまり布や、いつか使うかなと思って買っておいたものの結局使わなかったストック品などは、愛着も深くとてもゴミに出せるものではありません。

その価値を活かす形で次の使用者に譲れるといいですね。

商品の形や値段、雰囲気にあった値札を作ることで商品にマッチし値札が悪目立ちすることがなくなります。

そして何より商品の価値が上がって見えます。コストもそんなにかからないものが多いので、ぜひ値札に工夫を加えてみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    お祝いシーンに使いたい♪ロゼッタリボン作りに役立つ100均アイテム

  2. 福岡のハンドメイドイベント

  3. 心を込めたお守りをハンドメイドしてみよう

  4. handemade

    ハンドメイドする前に!皮革製品の基本知識と基本の道具

  5. handemade

    初心者必見!オシャレなピアスの作り方とポイントまとめ

  6. handemade

    今作りたい布小物たちの作り方

  7. ハンドメイド

    ネックレスを自分らしくハンドメイドしてみよう!

  8. ハンドメイド作品

    布小物コースターとブックカバーの作り方

  9. handemade

    ハンドメイド販売が副業になったら確定申告は必要?