注目の記事 PICK UP!

初心者必見!ハンドメイド販売上級者から学ぶ3つのこと

糸

誰でも簡単に登録することができ、ハンドメイド作品であればどんなものでも販売することができる、ハンドメイド販売専門サイトやアプリが増えています。ハンドメイド人気の昨今、ハンドメイド販売を始めようと考えている人も多いのではないでしょうか。「ハンドメイド商品を投稿したはいいけれど、いまだに1つも売れない」という人はいませんか?今回はハンドメイド販売初心者にぜひ真似してほしい、ハンドメイド販売上級者がやっているポイントを3つ紹介します。

ハンドメイド販売初心者は値段設定を下げる

ハンドメイド販売を始めるときに、自分の作品に値段をつけなければいけません。似たような作品を検索し、相場と同等の値段をつけてしまいがちですが、ハンドメイド販売初心者は相場よりも安い値段設定をすることがポイントです。サイトに登録したばかりはレビューもなければ購入者の履歴もありません。購入履歴のない作家から購入することは、なかなか勇気のいることです。そんな状態で購入につなげるには、やはり価格戦争に勝つということです。似たような作品が並んだ中で、価格がやや低ければ購入へのハードルは一気に下がり購入の決め手となることも少なくありません。販売数がある程度増えてきてから価格を徐々に上げていくといいでしょう。

定番アイテムはマスト

自分のブランドのカラーとなる、いわば『定番アイテム』を置いておくこともポイントです。あまりトレンドを意識しすぎておらず、年間を通して使えるアイテムを定番アイテムとして置いておくことで、年間を通して売れる商品にすることが目的です。定番アイテムをいくつか置いておき、それにプラスして期間限定商品や季節のアイテムを随時更新していくことといいでしょう。安心感のあるアイテムと目新しいアイテムがあることでリピーターの獲得につながります。定番アイテムは普段使いできるものもいいですが、結婚式で使うアイテムは年間を通して売り上げが好調だそうです。

在庫は少なめがポイント

ハンドメイド初心者がやりがちなのが、在庫数の設定を変えずに初期設定のまま『在庫数10点』などにしておくことです。実はこれだといつまでも売り切ることができないだけでなく、購入意欲を掻き立てないといいます。在庫数が1点だと「これが売り切れたら買えないかもしれない」と思い、早く買ったほうがいいと思わせることができます。また、商品名に『再販』とか『再再販』などと記載されていると、人気の商品であることをアピールすることが可能です。1点ものであったり希少価値が高いということも、ハンドメイド作品の魅力のひとつです。そこをアピールするために在庫数は1点や2点など少なめに設定しておきましょう。

ハンドメイド販売を楽しもう

今回はハンドメイド販売初心者必見のポイントを3つ紹介しました。売り上げにつなげるためには、商品そのものの魅力も大切ですが写真のクオリティもポイントとなるようです。今回紹介した3つのポイントを抑えつつ、ハンドメイド作品がより良く魅せることができる写真を撮れるようになるといいでしょう。ハンドメイド作品が一つ売れると軌道に乗ることも多いので、楽しみながらハンドメイド販売を楽しみましょう。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    ハンドメイド作品の販売、気になる収入はいくらぐらい?

  2. handemade

    奥深いペーパークラフトの世界

  3. handemade

    お気に入りのTシャツをリメイク♪ハサミだけで簡単に作れるバッグ

  4. handemade

    クルミボタンを使ってアクセサリーを作ってみよう

  5. handemade

    パンプスの靴先にワンポイントのおしゃれができるシューズクリップを手作りしてみよう

  6. handemade

    切り絵

  7. 糸

    ハンドメイドで簡単に作れる鍋つかみの作り方

  8. 糸

    行事ごとに欠かせないルームシューズをハンドメイドしてみよう

  9. handemade

    お祭り大好きな方におすすめ♪福岡のイベント情報!