注目の記事 PICK UP!

初心者基本!材料と道具、100均アイテムでハンドメイド

ヘアアクセサリー

ハンドメイドでアクセサリーを作るには、素材となるビーズやビジューだけでは作ることができません。これからハンドメイドを始めたい、アクセサリーを作ってみたいという人も多いでしょうが、どんなものがどのくらい必要なのかわからないという人もいると思います。今回は、ハンドメイドでアクセサリー作りを始めたい人必見の、基本の工具と材料を紹介します。

アクセサリー作りに必要な工具

アクセサリー作りには、細かいパーツをたくさん使います。指で何とか作業をこなすこともできなくはありませんが、工具を使ったほうが作業効率が良く仕上がりも綺麗です。ここでは4つの工具を紹介します。100円ショップでも購入することができますし、工具がセットになったものも販売されているので、ぜひそろえておいてください。

◎ニッパー

ニッパーは針金やピン、チェーンをカットするために使います。切り口が平らで、少ない力でカットすることが可能です。

◎丸やっとこ

先が細く丸いペンチです。ピンの先を丸めたりパーツを開閉するときに使用します。先が細いので、小さなパーツでもつかみやすいです。

◎平やっとこ

先が平らになっているペンチです。針金やピンを曲げたり金具を押さえたりするときに使用します。丸やっとこと組み合わせて使用することもあります。

◎目打ち

チェーンのコマを広げたり、小さな穴をあけたりする際に使います。ビーズなどのパーツについているバリ取りにも使用します。

アクセサリーには金属パーツも必要

ビーズなどのパーツをつなげるためには、金属パーツも必要です。金属パーツにもたくさんの種類がありますが、ここでは最低限必要なパーツを紹介します。必要なパーツが数種類セットになっているものもあるので、初めはそういったものを利用して必要なものを見極めていってもいいでしょう。

◎9ピン・Tピン

ビーズの穴に通し、ピアスやイヤリングなどのアクセサリーパーツとつなげるために使います。9ピンは先が丸くなっているピンで、Tピンは先が平らになっているピンです。

◎カン

丸カンやCカン、三角カン、などがあります。パーツとパーツをつなげたり、アクセサリーパーツとつなげるために使います。デザインや用途に合わせて大きさや種類を換えます。

◎チェーン

ネックレスを作るときだけでなく、イヤリングやピアスのアクセントとしても使用します。

◎テグス・ワイヤー

ビーズやビジューを組み合わせる際に使用します。ピンでは目立ってしまうという場合、ワイヤーやテグスを使用するとすっきりします。

あると便利なハンドメイドグッズ

他にもあると便利なハンドメイドグッズを紹介します。作りたいアクセサリーに合わせて用意するといいでしょう。

・接着剤

・グルーガン

・ビーズトレイ

・ビーズケース

・ピンセット

・定規

必要なものを揃えてアクセサリー作りを楽しもう

ハンドメイドでアクセサリー作りを始めたいと思っても、必要な材料がわからないと始めることができません。今回は、最低限必要なものを紹介しましたが、自分が作りたいアクセサリーに合わせて必要なものをプラスしていってください。アクセサリー作りを進めていくうちに、使いやすいものや必要なものがわかってくるはずです。

フワフワ髪の毛を100均ヘアアクセでかわいくアレンジ

柔らかくてフワフワでかわいい赤ちゃんの髪の毛。女の子であれば、おでかけやお披露目の際に、少しオシャレしてあげると更にかわいさアップですよね。長さが合っていなかったり結ぶには量が少なかったり…そんな時、実は赤ちゃんのヘアアクセは100均アイテムで簡単に作れちゃいます!しかもハンドメイドなら、お子さまのピッタリなサイズや雰囲気で作れるので、かわいさを一番引き出してくれるヘアアクセになりますよ。

赤ちゃんの細いかみの毛にも。ワニぐちヘアクリップの作り方

100均の定番アイテムであるヘアクリップ、100均には、前髪用からまとめ髪用までサイズも豊富にありますよね。今回は小さめのクリップを使って、赤ちゃん用に前髪用ヘアクリップを作ってみましょう。もちろん同じレシピで大きなサイズのクリップを使えば、大人用も作れますよ。ママと赤ちゃんでお揃いにしてもとっても可愛いですね。赤ちゃん用に作る場合、誤飲防止のために大きな飾りを使うと安心です。

材料

  • ワニぐちヘアクリップ
  • クリップと同じ幅のリボン
  • グルーガン
  • マジックテープ
  • 好きな飾り

作り方

  1. ワニぐちクリップ全体にリボンを貼っていく。内側から外側へ、つまみ部分もしっかりボンドで貼っていきましょう。
  2. クリップの上側、髪をおさえる部分にマジックテープのフワフワの方を貼る。
  3. グルーガンで好きな飾りをデコレーション。

マジックテープは、少ない毛量でもずれにくくする為に使います。大人用の時はあってもなくても大丈夫です。リボンの色や柄によって印象が変わるので、いろいろなバリエーションで作ってみましょう。お洋服に合わせて使い分けるのも可愛いですね。

薄毛ちゃんの救世主「ヘアバンド」で女子力アップ

まだまだ月齢が低いと髪の毛も薄く、男の子に間違えられるなんてことも。ほほえましい赤ちゃんあるあるですよね。ちょっとしたお出かけの際に、サッとオシャレできるヘアバンドで思いっきり女子力をアップしちゃいましょう。もしとれてしまっても、誤飲の心配もありません。赤ちゃんにも安心して着けてあげられますよね。

材料

  • 好きなリボンやレース
  • リボン状のゴム
  • 飾り
  • ハサミ

作り方

  1. リボン、レースを赤ちゃんの頭囲より少し短めにカット。
  2. 片方の切り口を少し折って、ほつれ防止に縫っておく。
  3. 縫った部分に、ゴムの端を縫い付ける。ゴムの長さで締め付け感が調節できます。
  4. 長さが決まったら、反対側も同様に縫いつけ輪状にする。
  5. 飾りをつける。

デザインは無限です!レースでガーリーにしてもかわいいですし、シックな色のリボンで、大人っぽく仕上げてもステキです。洋服に合わせてヘアバンドもデザインしてみてはいかがでしょうか。飾りはあまり重たくない方が赤ちゃんも快適ですよ。

まとめ

生まれたての赤ちゃんは、頭囲もそれぞれなので、ピッタリのヘアアクセサリーをハンドメイドしてあげましょう。寝ている間にササッと作れるのが大事なポイントですよね。100均アイテムを使えば、少ない材料で手軽にできるのでオススメです。ママのリフレッシュにもなります。お宮参りや、ベビーフォトなどの機械に、ママ手作りのヘアアクセで更にすてきな思い出にしてみてはいかがでしょうか。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. ハンドメイドの消しゴムスタンプの作り方

  2. handemade

    こんな家具があればハンドメイドも楽しくなる!

  3. handemade

    切り替えのある絵本バッグを手作りしてみよう

  4. ワイヤー

    ハンドメイドでワンポイントのおしゃれ小物を作る

  5. ハンドメイドで指輪を作るときに便利な指輪台の種類

  6. 糸

    ハンドメイドでフリルたっぷりの子供のスカートを作ろう

  7. テープ

    手縫いで小物をハンドメイドしてみよう!

  8. 手作りアクセサリーの作り方

    ハンドメイド好きな作者が綴るソーイングブログが面白い!

  9. handemade

    ランチセットを手作りしよう!お弁当袋とランチグッズの簡単な作り方♪