注目の記事 PICK UP!

初めてならゼリービーンズが簡単?100均おゆまるで作るスイーツアクセサリー

handemade

100円ショップにあるおゆまるで遊んだことはありますか?対象年齢が小学生低学年くらいからと記載され、カラフルに包装されている様子は、どう見ても子ども向けの玩具。ところが、プラスチック粘土のおゆまるを造形してみれば、扱いやすく、半透明でなかなか美しい仕上がり。大人のアクセサリー作りにも便利に役立つアイテムなんです。変幻自在なおゆまるを型にする方法もありますが、おゆまる本体をアクセサリーにしてもとてもかわいいものが作れますよ。今回はおゆまる自体をゼリービーンズの形にする方法をご紹介します。

おゆまるでゼリービーンズを作るときに用意するもの

・おゆまる
・耐熱容器
・菜箸
・キッチンペーパー
・カッター
・ヒートン、9ピンなどのメタルパーツ
・ピアス、チェーンなどのアクセサリーパーツ

おゆまるは、100均で2色3色セットになっているものが見つかります。おゆまるそのままの形を楽しむなら、メタルパーツは要りません。アクセサリーやストラップに利用したいなら、必要な部品を用意しましょう。

おゆまるゼリービーンズの作り方

1. おゆまるを、カッターで5ミリ幅に切り分けます。
2. お湯を沸かして、耐熱の容器に注ぎます。おゆまるを入れ、柔らかくなったら、菜箸で取り出します。
3. おゆまるが柔らかいうちに、手早く丸めて円筒形にします。
4. 菜箸やペンなど丸いところに押し当てて、カープをつけます。
5. 角を整えて、形がゼリービーンズらしくなったら、できあがり。

おゆまるが柔らかくなる目安は、80度で3分です。気温が低い時期では、お湯が冷めやすいので、カップ麺の空き容器などが便利です。数多く作る場合は、適宜お湯を入れ替えましょう。水分が気になるときには、キッチンペーパーなどで拭き取ります。

扱いやすいおゆまるの性質

おゆまるは温度が上がると柔らかくなり、冷えると固まる性質を持っています。一度の造形でうまくいかない場合は、もう一度お湯につければ再び柔らかくなるので、何度でもやり直せます。逆にこの形で固めたいというときには、水につければ早く固まります。たくさん作りたい場合でも、一度におゆまるをお湯に入れてしまっては、柔らかくなったおゆまる同志がくっついてしまうので、少しずつ作業を進めましょう。

ヒートンや9ピンなどのパーツを埋め込んでおくと、後で好きなアクセサリーパーツに繋ぐことができます。できあがったゼリービーンズを何色か集めて連結させると、とてもかわいらしいですね。くれぐれも間違って食べないように、気をつけてくださいね。

造形の過程も楽しいおゆまるアクセサリー

おゆまるの造形は、まさに粘土遊びの延長です。複雑な形なら型どりする必要がありますが、シンプルなゼリービーンズ型なら手でこねるだけで簡単に作れます。お湯からの取り出しに注意しながら、親子一緒に楽しく作業するのもよいですね。

しかも、おゆまるの半透明なパステルカラーはゼリー系のスイーツを表現するのにぴったり。ゼリービーンズのほか、キューブ型のキャンディにしたり、一口サイズのゼリーにしてもキュートなアクセサリーが作れますよ。メタルパーツで繋ぐほか、グルーガンで接着してヘアアクセサリーにしたり、小さな瓶に入れてインテリアにしたり、楽しみ方はさまざま。

おゆまるやパーツは100均で揃うので、完成度からは想像できないほどリーズナブルですね。作る過程も楽しいおゆまるアクセサリーに、あなたもぜひチャレンジしてみませんか。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 糸

    ハンドメイドで楽しむつまみ細工の魅力

  2. ヘアゴムのモチーフをハンドメイドしてみよう!

  3. handemade

    クッキングやガーデニングに使えるポケットいっぱい巻エプロンの作り方

  4. handemade

    小さなリングの中に糸を織り込んでドーセットボタンを作ろう

  5. 通信講座でハンドメイドを極める

  6. handemade

    接着剤を使い分けて簡単ハンドメイド

  7. 糸

    ハンドメイドを始めたい人におすすめのプラバンを使ったアイテム

  8. タオル地で作れるお手軽ハンドメイドの品々

  9. handemade

    小さなものをまとめて入れちゃおう 100均材料で作るファブリックトレイ

ハンドメイド資格講座ランキング