注目の記事 PICK UP!

切り絵

handemade

 

 

切り絵とは・・・

日本において「きりえ」という言葉が使われはじめたのは昭和40年代であり、その定義は現在でもはっきりしていません。

紙などを切って造形する方法は、中国を起源とするお守りや日本の神前での儀式用切り紙、さらには着物などの染色用型紙などとして広く人々の生活の中で伝承されています。

現在、日本では「きりえ」について「切り絵」「切り紙」「影絵」「貼り絵」など、それぞれのジャンルでいろいろな呼び方がなされていますが、富士川・切り絵の森美術館では「紙などを、刃物(鋏やナイフ等)でカットし、貼ったものを指します。カットによって生まれる独特の美しい切り口(線や断面)を活かし絵を描くこと」と、定義されています。

●切り絵の作り方

‐用意する物‐

  • カッター(デザインナイフでも代用できます)
  • カッティングマット
  • 画用紙
  • テープ
  • 切り絵の元となる絵

‐作り方‐

 絵を用意して、下絵を、切り絵の本体となる画用紙にビニールテープで貼り付けます。

初めは複雑なものではなく、細部が細かくないものを用意するといいと思います。ネットなどで消しゴムハンコ用の簡単な絵はあります
 切り絵は基本、中心から切っていきます。
もしも外側から切ってしまった場合、切り絵は切る時、周りの紙に負担をかけながら切ってしまうので、中側を切る時に周りの紙が負担に耐え切れず切れてしまいます。
細かいパーツが一番集中しているところから切ていきます。

‐コツ‐

*刃こぼれのしているカッターを使わないようにしてください。

どれだけ綺麗に切ろうとしていても、カッターの刃が欠けていれば上手に線は引けないからです。

*一気に紙を切るのではなく、ゆっくり切るようにしてください。
カーブ等の曲線は紙も少しずつずらしながら切ると綺麗に切れます。

 

慣れることが大切なので、初めは大きく細かい物を切るのではなく、折り紙などで練習することが大切です。

また自分に合った道具(カッター、デザインナイフ等)、紙(画用紙、折り紙、厚紙)を見つけることが大切です。

デザインナイフやカッティングマットは少し値を張っても高い方を買うことをおススメします。

切る時の切りやすさや、すべり止めでより綺麗に切ることができます。

 

近年では切り絵をアート作品としてとらえ、展示会などがあります。

細かく繊細なものを見ることができます。

自分の作品と見比べることもでき、いい刺激も得られると思います。

 

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 糸

    ハギレで簡単にハンドメイドを楽しもう!

  2. handemade

    夏ファッションや浴衣にぴったり?100均素材のカゴバッグ

  3. handemade

    お風呂でもっとリラックス!100均材料でバスボムが自分で作れる

  4. handemade

    無料型紙で手作りに挑戦してみよう!作り方とサイトをご紹介

  5. handemade

    クリスマスには手作りのオーナメントでツリーを飾ろう

  6. handemade

    ハンドメイドで子供が笑顔になるすてきなおもちゃを作ってみよう!

  7. handemade

    意外に簡単!ハンドメイドテーブル

  8. handemade

    マスキングテープ

  9. handemade

    壊れたアクセサリーをちょこっとリメイク♪初めてでも「売れるんじゃない?」といわれる仕上がりに!

ハンドメイド資格講座ランキング