注目の記事 PICK UP!

優しくて美しい100均フェルトで作るバラのコサージュ

handemade

肌触りが優しく、見た目にも温かみのあるフェルト生地。ほかの布地とは違って特徴的なのは、ハサミでカットしても、糸がほつれてこない点です。布端の処理が楽なので、いろいろな活用法があり、100均でも手に入るフェルトは、手芸好きにはとても便利なアイテムですよね。この便利なフェルト生地を使えば、立体の花も簡単に作れます。花が作れるなら、式典の装いなどに胸元を飾るコサージュだってアレンジできます。ここでは、フェルト生地を使ってバラのコサージュを作る方法をご紹介していきましょう。

バラのコサージュ作りに用意するもの

・フェルト生地
・ハサミ
・グルーガン
・ブローチピン
・針
・糸

フェルト生地は、バラの花用に好みの色を2、3色、葉っぱ用に緑系の色のものを用意しましょう。フェルト生地の接着にはグルーガンを使用しますが、グルーガンがない場合やよりしっかりさせたい場合は、針と糸で縫いとじてもよいでしょう。

フェルトのバラコサージュの作り方

1. 緑系のフェルト生地は、葉の形に2枚カットします。
2. バラ用の生地の基本形は円です。円が渦巻き状になるよう、ハサミを入れていきますが、このときに雲のような形の切れ目にします。
3. 渦巻きになったフェルトを中心から巻いていきます。花びらの付け根にグルーガンを使い、接着させながら、渦巻きフェルトを全部巻き付けます。大きさを変えた花を3つ作りましょう。
4. 葉と、花の配置を考え、ベースのフェルトを接着しやすい形にカットします。表面からは見えない大きさにするのがポイントです。
5. ベースに葉と花をグルーガンで取り付け、裏側にブローチピンを付けて、完成です。

雲のようなカーブの切れ目を入れることで、バラの花びらを表現します。カーブのゆるやかさ、ピッチなどで、できあがるバラの形が変わってきます。

バリエーション豊かなフェルトの花々

花びらのカーブがゆるやかで、巻く回数が少なければ、清楚なバラに、花びらの形がくっきりと、数多く巻かれてあれば、あでやかなバラになります。フェルトのカラーやバラの形を選べば、自分好みのコサージュが作れますね。

フェルトの花の作り方にはさまざまあり、作れる花はバラばかりではありません。上記のバラでは、円形のものを渦巻き状にカットしましたが、細長いフェルトの片側を花びらの形にカットして巻いていくと、細長い花びらならマーガレット、先をとがらせればダリアといったふうに、花びらの違いで花の種類を表わすことが可能です。丁寧な作り方では、フェルトを1枚1枚花びらの形にカットし、円形のベースに外側から中心に向かって取り付けていくというものもあります。

アレンジが簡単なフェルトの花作りを楽しんで

フェルト生地は切りっぱなしでOKなので、扱いやすく、あまり綿密な計画を立てずに作り始めても、後で修正が可能です。花びら次第でいろんな花が表現できるので、自分の好きな花をアレンジするとよいですね。

フェルトは100均という身近なところで手に入るので、花が数個のコサージュを作るだけなら、低予算で済んでしまいます。一見素朴な印象のフェルトでも、形作りの工夫で華やかなコサージュに作れますよ。

また、フェルトで作った花は、コサージュ以外にもさまざまな形に利用できます。小さめに作って、ヘアゴムやヘアピンに取り付けるとかわいらしいですし、数種の花を数多く作ってリース型にしても素敵です。

形のアレンジが簡単で、使い道が豊富なフェルトの花作り、ぜひ楽しんでみてくださいね。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. タオル地で作れるお手軽ハンドメイドの品々

  2. handemade

    レザー小物

  3. ピアスはパールビーズや羊毛フェルトを使って楽しくハンドメイド

  4. handemade

    楽しくリサイクル♪いろんな素材を再利用したバッグの作り方

  5. handemade

    ハンドメイドニット帽の作り方

  6. handemade

    大人用にもアレンジできるお子様スモックを簡単に作るコツ

  7. handemade

    イヤリングを見せながら収納♪基本の簡単ディスプレイ方法!

  8. handemade

    オリジナルのタグスタンプはオーダーメイドでプロ仕様に!

  9. handemade

    自分でできる腕時計のカスタマイズ♪いつもの腕時計がキュートにもゴージャスにも!

ハンドメイド資格講座ランキング