注目の記事 PICK UP!

余った布の素敵な使い道♪端切れロープで作るカラフルマット

handemade

いつか何かに使えるかもと取っておいた余り生地、ちょうどよい使い道が見つからなくても、なかなか捨てられないものですね。そんな端切れ生地を有効に使える方法が、ロープの形に変えること。布地を細く使っていくので、サイズや柄がバラバラなのを気にしなくても大丈夫です。かえって、そのカラフルさがロープの魅力となりますよ。ここでは、端切れ布からまずロープを作り、更にそのロープからマットを作る方法について、ご紹介していきます。

端切れロープのマットを作るときに準備するもの

・余っている端切れ布
・ハサミ
・ミシン
・滑り止めマット
・グルーガン

端切れロープとカラフルマットの作り方

1. まずは、端切れからロープを作ります。使用する端切れはすべて3センチほどの幅にしていきます。布端にハサミで切れ目を入れ、手で裂いていきましょう。
2. 細長くなった布を2枚セットにし、ロープの形へとより合わせていきます。2枚の端を一緒に一結びしておきます。
3. 結び目を奥にし、手前に向かって作業を進めます。左右に分かれた布のうち右側のものを時計回りに3回ねじり、左の布に上から重ねます。
4. これで位置が入れ替わるので、また右側の布を同様にねじり、左の布へと重ねます。この作業を、ロープを作りたい長さまで繰り返していきましょう。布の端まできたら、5センチほど次の布と重ね合わせ、同じ作業を続ければ大丈夫です。
5. 次に、端切れロープを使って、マットを作ります。ロープを同じ方向にぐるぐる巻きながら、ミシンをかけていきます。ロープの直径くらいの幅広いジグザク縫いに設定し、隣り合うロープの中心と中心を繋いでいきましょう。
6. ロープの円が好みの大きさになるまで、縫い合わせます。大きく作りたければ、円形のマットとマットを繋げることも可能です。
7. ロープの裏側に、同じ大きさにカットした滑り止めマットをグルーガンで接着して、完成です。

端切れを材料にするロープとマット作りのポイント

ロープは布をねじる向きと、重ねる上下を間違わなければ、互いにねじれを押さえ合うのでほどけにくくなります。布の継ぎ足しは左右一度に行うと、一ヵ所が盛り上がってしまうので、長い布短い布を取り合わせ、継ぎ足し位置が左右でずれるよう調節してください。

円中心部がジグザグに縫いにくければ、初めは十字で縫いとめましょう。平らな円に作っていくために、縫うときにはロープを引っ張り過ぎないように気をつけます。また、ロープの縫い合わせ方を変えれば、円以外の形にも作れます。中心部分で、折り返したロープ同志を平行に縫っておくと、だ円形マットになります。

眠っている端切れ布を有効に使って

手で裂いていく端切れ布の幅は、ハサミでのカットのような正確さがなくてもかまいません。ロープに編んでいくときの、柄やカラーの組み合わせにも細かな計画性は必要ないので、子どもの相手をしながら、家族との団欒を過ごしながらでも作業を進めていけます。

長いロープを編むにはある程度、時間もかかりますが、毎日少しずつ取り組んでみてください。手先からカラフルなロープが生み出されていく単純作業は、ちょっとしたストレス解消にもなりますよ。

マットを作成しようと思えば、それなりの長さのロープを準備しなければなりませんが、小さな円でコースターや鍋敷きにすることもできます。引き出しに眠っている端切れをロープに変えて、ぜひ有効に活用してみてください。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    宇宙塗りの秘密を知りたい!あの100均アイテムが使えるアクセサリーの作り方

  2. 和風の小物を素敵にハンドメイドしよう

  3. handemade

    クルミボタンを使ってアクセサリーを作ってみよう

  4. チェーン

    イヤリングをハンドメイド!簡単な作り方をご紹介

  5. handemade

    自宅で布生地を染めて、ハンドメイドの価値を上げよう!

  6. handemade

    見せる収納に!100均アイテムでワイヤーバスケットをDIYしよう

  7. handemade

    ハンドメイド作品の販売、気になる収入はいくらぐらい?

  8. handemade

    手作り石鹸の安全な作り方

  9. handemade

    売りたい人のための、マーケットサイト比較!

ハンドメイド資格講座ランキング