注目の記事 PICK UP!

人気のハンドメイド販売サイトminneとcreemaを比較

壁紙ダウンロードサイト

ハンドメイドが趣味だという人は多く、作品作りに慣れてきたり作品が増えてきたりすると「そろそろ販売もしてみたいな」と思う人も多いのではないでしょうか。ハンドメイドブームが進むと同時に、ハンドメイド販売サイトの人気も上昇しています。今回は人気の2大ハンドメイド販売サイト『minne(ミンネ)』と『creema(クリーマ)』の2つを徹底比較します。

売りやすさと買いやすさが魅力のminne

国内でナンバーワンのシェアを誇っているのが、『minne』です。登録作家数は20万人以上とかなり多く、掲載作品は250万点ほどと作家こだわりの作品がたくさん投稿されています。ハンドメイド作家の多くは20代から40代の主婦層で、購入者もまた同年代の女性が中心となっています。minneで販売することができるものは手作り品を基本とし、身の回りのものからアート作品、食べ物が中心です。ハンドメイドに使用するための素材や材料、印刷物なども販売することが可能です。作家登録数が多く、販売作品のジャンルの幅も広いことから、売りやすく買いやすいということがminneの最大の魅力です。しかし登録作家数が多いということはライバルも多いということになり、自分の作品を見つけてもらうためにSNSを利用するなどの工夫が必要となりそうです。

クオリティの高い作品が多いcreema

一方『creema』は、minneに比べてややクオリティの高い作品が多い印象です。登録作家数は6万人以上とminneに比べるとかなり少ないですが、登録作品数は240万点ほどとminneとほとんど変わりません。1人の作家の登録作品数が多く、購入者にとってはお気に入りの作家を見つけることができるという利点があり、販売者にとってはリピーターを獲得しやすいという利点があります。creemaで販売することができるものは手作り品が基本ですが、陶芸作品や染色作品、腕時計、革細工などいわゆる『職人』が作った作品が中心となっています。ハンドメイド初心者ではやや敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、こだわりがあり唯一の作品を販売したいというならcreemaで販売するほうがあっているかもしれません。

ハンドメイド作品を販売するならどちらがいいか

実際にハンドメイド作品を販売する場合、どちらのサイトで販売しようか迷っているという人もいるかもしれません。サイトの使い方や販売の流れを勉強するという意味では、売りやすく買いやすい『minne』で試してみるといいでしょう。アプリの使いやすさやツイッターのフォロワー数が多いという点を踏まえても、自分の作品の認知度を上げることが可能です。また、人気のハンドメイド作家は両方のサイトで出品しているという人が多いです。minneに慣れてきたらcreemaにも登録し、販売の幅を広げるのもおすすめです。

人気のハンドメイド販売サイトを利用しよう

いかがでしたか?皆さんはどちらのハンドメイド販売サイトに興味を持ったでしょうか。この2つに限らず、ハンドメイド販売サイトはほかにもたくさんあります。いくつも登録すると管理をするのも大変ですが、作品を披露する場が広がることは決して悪いことではありません。2つもしくは3つのサイトでハンドメイド販売を展開してみてはいかがでしょうか。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. ヘアゴムのモチーフをハンドメイドしてみよう!

  2. handemade

    こんな家具があればハンドメイドも楽しくなる!

  3. handemade

    簡単に始められるおすすめのペーパークラフト

  4. handemade

    壊れたアクセサリーをちょこっとリメイク♪初めてでも「売れるんじゃない?」といわれる仕上がりに!

  5. 糸

    麦わら帽子はかぎ針があれば意外と簡単にハンドメイドできる!

  6. handemade

    引き出しの中の余った素材で作れる!ボヘミアン風ブレスレット

  7. 愛知のハンドメイドイベント

  8. ハンドメイドで利用できる便利な100均のアイテム

  9. 手作りアクセサリーの作り方

    ハンドメイド作品に高級感を添えるタグを印刷で作ってみよう!