注目の記事 PICK UP!

ワイヤーピアスにひと工夫してハンドメイドしてみよう!

ピアス

ワイヤーピアスとは

ワイヤーピアスとはワイヤーを使ったもの全般にも使いますが、その中でもワイヤーフープを使ったピアスについてご紹介していきます。ワイヤーフープのピアスはワイヤーのみで作られたピアスパーツで真鍮にメッキを施したものがほとんどです。U字になった部分に反対側の曲がった先の部分を引っ掛けて使います。

アイデアいろいろ

ワイヤーピアスにはどんなビーズを通すかでも印象は違ってきます。
・カットビーズ
カットされた部分がキラキラときらめくすてきなピアスに仕上がります。

・さざれ石
よく天然石がさざれ石型になっていることが多いですが、この形のビーズを使うとカジュアルで個性的な雰囲気のピアスに仕上がります。

・シードビーズ
シードビーズは大ぶりのビーズとの強弱をつけるときにも使えます。もちろんシードビーズのみでもOKですが、かなりシンプルなものになるのでシードビーズのみで作る場合は色を工夫したいですね。

また、ビーズを通して作っても十分すてきなのですがワイヤーに通すだけではなくいろいろなアイデアがあります。例えばワイヤーにビーズを通しながら巻き付けていったりTピンを使ってビーズを下げたりするのもすてきです。

ワイヤーピアスにビーズを巻き付ける

ワイヤーフープのピアスに細いワイヤーを使ってビーズを巻き付けておしゃれなピアスを作ってみましょう。ワイヤーの巻き付けがアクセントになっています。

用意する物
・ワイヤーフープピアスのパーツ
・ビーズ
・細いワイヤー
・ニッパー

作り方
1.細いワイヤーをまずワイヤーフープの端に巻き付けます。巻き数はお好みで調整してください。先は長めに残しておきます。

2.ビーズを細いワイヤーに1個通したらワイヤーフープに巻き付けるを繰り返して最後まで巻き付けていきます。

3.最後に巻き始めと同じ回数ワイヤーフープに巻き付けて両端の細いワイヤーを一回結んでよく締めてからニッパーでカットします。

ビーズとビーズの間に巻くワイヤーの数を増やしても面白い作品になります。

Tピンを取り入れる

Tピンでビーズを下げると大ぶりだけどさりげなく揺れるビーズのピアスが作れます。通すだけでOKなので簡単に作れます。

用意する物
・ワイヤーフープピアスのパーツ
・ビーズ
・メタルビーズ
・Tピン
・丸ヤットコ
・ニッパー

作り方
1.ビーズにTピンを通してピンの端をニッパーで切って調整したら丸ヤットコを使って丸めます。

2.ワイヤーフープにまずメタルビーズを通して、次にTピンを付けたビーズの順に通してから最後にメタルビーズを通したら完成です。

ビーズはしずく型のものを使うときれいな形になります。メタルビーズは丸ヤットコで丸めたピンの輪よりも大きなサイズのものを使ってください。メタルビーズの代わりにパールを使ってもすてきです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ワイヤーピアスが一工夫でさまざまなおしゃれピアスになることがお分かりいただけたのではないでしょうか。下げるものはビーズに限らずチャームや羽根、リボンなどの異素材を使ってみても面白いものが作れます。ワイヤーピアスはピン型のピアスを作るよりもバラエティーに富んだ作品が作れるのでぜひ1度トライしてもらいたいです。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    簡単に出来る、ドライフラワーでのリースの作り方まとめ

  2. handemade

    自宅で教室を開くこともできるようになる手芸アドバイザー認定試験の口コミや評判

  3. ハンドメイド

    木工でおしゃれな小物をハンドメイドしてみよう!

  4. handemade

    100均のフェルトで簡単に作れる子供が喜ぶおもちゃ

  5. クラフト

    ハンドメイド作品を贈るときに使えるおしゃれな包装のアイデア

  6. handemade

    イベント会場で役に立つ!簡単お役立ちグッズを作ってみよう♪

  7. handemade

    イベントで目立つディスプレイのために♪事前に確認しておきたいチェックポイント

  8. 福岡のハンドメイドイベント

  9. handemade

    首都圏に負けない!関西圏の個性的なイベントをピックアップ!