注目の記事 PICK UP!

簡単!レジンで作るキーホルダーの作り方まとめ

handemade

今回は、仕上がりがぷっくらとして可愛い印象が魅力的なレジンを使用したキーホルダーの作り方をご紹介します。レジンと言うと、UVレジンと2液レジンの二種類ございます。また、レジンとは硬化樹脂のことを指していますので、好きなパーツやデザインを固めて閉じ込めることが出来るのですがハンドメイドにはピッタリです。今回はレジンを使用したキーホルダーを作っていきましょう。

レジンキーホルダーの作り方の際に準備するもの

【材料】
・フレームパーツ。こちらも種類が豊富ですのでご自身のイメージに合うのを選んで下さい。
・マスキングテープ
・ラメパウダー
・マニキュア。ラメパウダー同様に色付けなどに使っていきます。こちらはあっても無くてもいい材料になってます。
・チャームパーツや、ビーズなど。チャームやビーズなどはあってもま無くても大丈夫です。アクセントに使用したい方は使用してみて下さい。
UVレジン液。ダイソーやセリアでも販売しています。初めての方は最初はリーズナブルなレジン液を使用してコツをつかんでください。今回はUVの方を使用してキーホルダーを作ります。

キーホルダーの作り方

  1. フレームパーツの底が無い場合は、マスキングテープで液が流れない様にしましょう。
  2. フレームパーツの中に少量UVレジン液を入れ爪楊枝などで慣らしていきましょう。
  3. UVライト。無かったら太陽光で液を硬化させていきましょう。太陽光なら一時間程で硬化できます。
  4. 硬化出来たらラメパウダーで色をつけていきます。色つけの際はラメパウダーの他にマニキュアなどを使用してもオススメです。
  5. 色がつけられたらまた、レジン液を入れて硬化していきましょう。
  6. そうしてまたグラデーションになる様にラメパウダーを入れたりしましょう。

その繰り返しで気に入った厚みになったらレジンキーホルダーの完成になります。厚みにより全然違ったイメージに仕上がるので色々試すのも楽しいです。

レジンキーホルダーのアドバイス

アレンジ方法としておすすめ方法と注意点は、レジン液を太陽光で硬化する際は、とにかく根気で待っておきましょう。焦って硬化してない中で色付けなどをしてしまうと、色がおかしくなってしまいますので気をつけて下さい。また間にビーズやチャームなどをワンポイントで入れてみるのもオススメが、レジン液を入れる時は必ず少量で調節をして下さい。入れ過ぎてしまうとフレームパーツから溢れてしまいますので気をつけて下さい。フレームパーツの端にレジン液が流し込みにくい時は爪楊枝などで慣らしていきますと上手くいきます。ラメパウダーやマニキュア、チャームパーツを入れたい時は、まとめて入れてレジン液で硬化するのでは無く、層が重なることを意識してラメパウダーをして硬化、その後チャームを入れて硬化と少しずつ足していきますとキーホルダーに立体感が生まれます。

まとめ

いかがでしょう?レジン液を使用する際太陽光を利用するだけでぷっくりとした可愛らしいキーホルダーをハンドメイドする事が出来ます。レジンの中に入れたチャームと同じものを留め具につけますと更に可愛いです。最初は難しいかもしれませんが慣れてきたらグラデーションも出来ますのでこの機会にハンドメイドしてみてはいかがでしょう?

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    おしゃれなブローチをUVレジンで手作りしてみよう

  2. handemade

    簡単にできるハンドメイド

  3. handemade

    大人用にもアレンジできるお子様スモックを簡単に作るコツ

  4. ハンドメイドアクセサリーはハンドメイド初心者さんでも簡単!

  5. handemade

    穴がなくても加工できる!ゴロンとした天然の石を石包みネックレスに作ろう

  6. handemade

    三つ編みの要領で簡単!大人っぽくてかわいい編みこみチェーンブレスレット

  7. handemade

    大好きな花をいつも手元に 100均レジンでスマホケースを押し花デコ

  8. handemade

    ハンドメイド品販売で注意したい、トラブル事例

  9. handemade

    小さなリングの中に糸を織り込んでドーセットボタンを作ろう

ハンドメイド資格講座ランキング