注目の記事 PICK UP!

プラバンアクセサリーの作り方1

handemade

 

簡単なプラバンアクセサリーの作り方をご紹介します。

 

今回はプラバンイヤホンジャックを作ります。↓

まず用意するものは、

 プラバン

透明なものから、白色、夜に光るものなど沢山の種類があります。

厚さや大きさ、縮具合など色々ありますが今回は透明のA4サイズ、厚さ0.3㎜を使用します。

(プラバンは雑貨屋さん、百円ショップ、ネット通販などにあります。)

プラバンの中には印刷することにできるプラバンもあります。

絵を描くことが苦手な方は写真を印刷してつくるのもいいと思います。

 黒ペン 

プラバンの表面に絵を描くので、縮んだ際絵が見えるように太めの名前ペンを使用します。

今回は名前ペンの油性を使用します。

 色付きペン 

プラバンの着色に使用します。

塗る面積が広いので、太めのペンを使用します。

水性のペンは薄く、むらができますが色は付きます。油性のペンは色がはっきり出るので油性のペンを使用しました。

今回はペンで着色ですが、紙やすりを用いて色鉛筆やパステルでもふんわりとした色が綺麗に付きます。

 はさみ 

プラバンを切る時に使用します。カッターでも代用可能です。

 穴あけパンチ 

プラバンにイヤホンジャックのカニカンに通す穴を開けます。

焼いた後からきりであけることこともできます。

 イヤホンジャックの部品 

手芸屋さんや、百円ショップにあります。

 オーブン 

家庭用のオーブンを使用します。

 アルミホイル 

アルミホイルを下にしてプラバンを焼きます。

 厚めの本 

焼いたプラバンを平にするために使用します。

本のカラーの色や写真が写ったりするので、モノクロの物が適切です。

また、プラバンに着色した色が付いたりします。いらない本を使ってください。

 作り方

 イラストを描き写す

イラストを用意します。ここでサイズは大き目にしてください。

厚さや、縮みもよりますが、約7センチのイラストを縮めると約2センチまで縮みます。

プラバンを絵よりも大き目に切り取り、テープで固定して黒のペンで描きます。

 穴をあける

穴あけパンチを使って穴を開けます。

焼いてからは穴あけパンチでは穴は開かないので、焼く前にイラストを描いて穴をあける場所を決めます。

 型に切る

イラストに沿ってはさみで切り取ります。

縮むので、そこまで精密にやらなくても綺麗にできます。

雑にしすぎるとプラバンに亀裂が入るので気を付けてください。

 オーブンで焼く

アルミホイルをしわしわにして、その上にプラバンを置きます。

その際使ったアルミホイルは何度も使えますので残しておいてください。

オーブンによって加熱時間は様々です。30秒~1分30秒が目安です。

一度くっついたりしますが、時間がたつと離れるので、最後まで縮むのを待ってください。

余り加熱しすぎるとアルミホイルにくっついてしまい剥がせなくなるので、プラバンがアルミホイルと並行になるぐらいが取り出す目安です。

オーブンの特徴は何度かするとわかるようになります。

 

 

 

 

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 浴衣をハンドメイドするならどんな生地を選べば良いのか?

  2. handemade

    石にペイントするだけでできる!心和むかわいいサボテンのオブジェ

  3. handemade

    イベントに合わせてお部屋を簡単デコレーション!空間に揺らめく紙のモビール

  4. 糸

    行事ごとに欠かせないルームシューズをハンドメイドしてみよう

  5. handemade

    穴がなくても加工できる!ゴロンとした天然の石を石包みネックレスに作ろう

  6. handemade

    売るほどあまった手芸材料、実際に売るにはどうすればいいの?

  7. handemade

    個性あふれるイベントがいっぱい!埼玉県のハンドメイドイベントをご紹介します♪

  8. handemade

    ぷっくら可愛い、レジンのイヤホンジャックの作り方まとめ

  9. handemade

    小さな緑のあるインテリアに 100均アイテムでテラリウムを楽しもう

ハンドメイド資格講座ランキング