注目の記事 PICK UP!

ハンドメイド販売を始めるときに押さえておきたい4つのポイント

リボンアクセサリーの作り方のポイント

ハンドメイドを趣味で行っていると、「今度は販売してみたい」という気持ちがわいてくる人も少なくありません。今まではハンドメイド商品の購入がメインだった人も、販売に興味が出てくる人もいるでしょう。「ハンドメイドの販売はそんなに簡単にできるの?」と思われるかもしれませんが、実は誰でも簡単にハンドメイド作品を販売することができます。ここではハンドメイド販売を始めるときに押さえておきたい4つのポイントを紹介します。

ハンドメイドのブランド名を決めよう

ハンドメイドの販売を始めるときにまず必要になるのがブランド名です。これからハンドメイド販売を続けていきたいという人は、ブランド名が名刺代わりになることもあるため、販売を始める前に必ずブランド名を決めておきましょう。作家名をそのままブランド名として使っている人もいますし、ブランド名は個人の思いを込めたものがふさわしいです。コンセプトがわかりやすいものや呼びやすいもの、思い入れのあるものからブランド名を取ってもいいでしょう。後で変更することがないように、由来などを含めたネーミングをすることがポイントです。

ハンドメイド作品の相場を知ろう

今まで趣味でハンドメイドをしていると、自分の作った作品に値段をつけることに抵抗がある人も少なくありません。ハンドメイド作品を販売する際に悩むのが値段です。ハンドメイド作品は安すぎても高すぎてもいけません。自分の作品と似たような作品を販売している人のブログなどを見てみて、ハンドメイド作品の相場を知ってから値段を設定することをおすすめします。ピアスやイヤリングなら1000円前後、ネックレスなら2000円前後などが相場ですが、材料費を考慮したうえで値段設定を行いましょう。

ハンドメイドの販売方法を決めよう

次に、どのような販売方法をするかを決めます。今は誰でもネットで販売することができるような時代ですので、まずはネットからハンドメイド販売を始めると胃人も増えています。ハンドメイド販売の専用アプリやサイトもあり、手軽に出品することができます。ネット販売のほかには、イベントなどに出店して販売する方法や、ハンドメイド作品を置いてくれるショップを見つけて委託販売をするという方法もあります。

販売できないものを把握しよう

ハンドメイド作品に関わらず、著作権を侵害しているものに関しては販売することができません。たとえばキャラクターやブランドの生地で作った作品は販売することができません。また、すでに販売されている商品を複製したものに関してもトラブルのもととなるケースも珍しくありません。型紙に関しても「この型紙で作った作品を販売することはできません」と書かれているものも販売することができないので注意が必要です。

売れなくても販売を続けることが大切

ハンドメイド販売を始めたからといって、すぐに売り上げにつながるわけではありません。初めのうちは採算が取れずに心が折れてしまいそうになりますが、しばらくは諦めずに続けてみてください。販売を続けていくうちにちょっとしたコツやデザインのアイデアなどが膨らみ、売り上げにつながっていくこともあります。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    消しゴムはんこ

  2. 接着剤

    コサージュをハンドメイドしてみよう

  3. handemade

    小さなビーズも大きな存在感!人気のラップブレスレットの作り方

  4. handemade

    ランチセットを手作りしよう!お弁当袋とランチグッズの簡単な作り方♪

  5. handemade

    どこにも売っていないハンドメイドヘアゴムの作り方

  6. リメイク小物の作り方

    編み物初心者必見!初めての手編みマフラー5つのポイント

  7. handemade

    イベント募集に応募する前に、気をつけるべき3つのこと

  8. handemade

    趣味を活かした資格、手芸アドバイザー

  9. handemade

    スマートフォンケース