注目の記事 PICK UP!

ハンドメイド作品をネットで販売するための撮影方法

裁縫

ネットで作品を販売するには

ネットでは商品を手に取って見ることができないので、相手の立場に立ったきれいな写真を撮ることが大事です。作品の紹介はもちろんのこと、どんなシチュエーションで使うのかやどんな雰囲気で使えるのかを考慮しながら撮っていくことによってお客さんが購入したときに作品を使う場面が想像できるようなすてきな写真を撮影してみましょう。

明るい場所で撮影しよう

撮影する際には日光の差し込む明るい部屋で撮影をしましょう。撮影には電気の明かりよりも断然日光の光がきれいに映すポイントになります。雨の日や曇りの日はあまりおすすめできません。晴れた日を狙って撮影すると良いでしょう。

ただし、日光が直接作品に当たるように置いてしまうと撮影するときに逆光になってしまいますし、品物が極端に明るくなり影が濃くなり過ぎてしまうので作品は光が横から差し込むようにセットして、窓と作品との間にレースカーテンを1枚入れましょう。こうすることで光の調節をします。

レフ版を使う

日光を程よく取り込むことで立体感が生まれますが、それにプラスαの技を使って作品を引き立たせるにはレフ版を使うと良いです。自然な影が落ちている作品の上にレフ版でさらに反対側からも光を当ててあげます。レフ版は白い紙を使えばOKです。高価な材料は要りません。レフ版を使うとより自然な光を演出できるので作品の色も本物に近い色が再現されやすく、何よりも人がいつも目にしている発色が再現されるので違和感がありません。

露出を調整する

レフ版を使っても充分な明るさを得られないときには露出の調整をしてみてください。+側にしていくとだんだんと明るくなります。白い部分がきれいに映らないときにはホワイトバランスにも注意してみてください。

背景を考える

背景は小さな作品なら床に紙を敷くだけでもOKですが、立体的な作品を撮るとなると簡単なものだと布や紙をたらして側面から床へ自然なアールを付けると作品をきれいに撮影することができます。これでは何だか寂しいなという人は小物を使って背景にもこだわってみましょう。

作品の背景になる部分にはあまりコントラストの強いものは置かず、ナチュラルなものや拡大して撮影したときにも質感がしっかりとしている高級感のあるものを使うと良いでしょう。撮影だからと安価なものを使って撮影してしまうと作品自体もチープに映りがちです。販売を考えているのであれば小物こそこだわりの品を使って撮影するのがきれいな写真に仕上げるポイントになります。

背景に使う小物と言えば額縁やレース、エンボス加工された紙や植物(造花でも可)に貝殻やシンプルなお皿などがあげられます。他にも活用できる素材はたくさんありますし、作品の雰囲気に合った色や素材を厳選したいですね。

背景をぼかす

いろいろなものを背景に入れて撮影する場合、どれが作品なのか一目でわかってなおかつ魅力的な作品に写したいい場合には一眼レフカメラを使って撮影するときれいに背景がぼやけるのでおすすめです。デジカメでも接写である程度それに近いものを取ることはできますが、作品が小さなものであることが前提となります。使用している様子やサイズ感がわかるような背景と一緒に撮影をする場合には一眼レフカメラを使うと良いでしょう。

固定して撮影する

何よりも大事なのがカメラを固定して撮影を行うことです。カメラを手に持って撮影しようとするとどうしてもブレが生じてしまいます。きれいな写真を撮りたいときには必ずカメラを三脚などを使って固定して撮影しましょう。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. 糸

    ハギレで簡単にハンドメイドを楽しもう!

  2. 手縫いで小物をハンドメイドしてみよう!

  3. handemade

    不思議に心安らぐ形♪ナチュラルインテリアにぴったりの手作りドリームキャッチャー

  4. handemade

    無料型紙で手作りに挑戦してみよう!作り方とサイトをご紹介

  5. handemade

    ハンドメイドクラフト手芸資格ランキング

  6. handemade

    入園グッズを緊急ハンドメイド!

  7. ハンドメイド作品に添えるペーパータグはスタンプを使って作ろう

  8. 糸

    行事ごとに欠かせないルームシューズをハンドメイドしてみよう

  9. handemade

    かさばらない!エコバッグをコンパクトにたたむアイデア♪

ハンドメイド資格講座ランキング