注目の記事 PICK UP!

ハンドメイドのアクセサリーを販売したい!4ステップを紹介

アクセサリーの作り方

ハンドメイドが趣味だという人が増えています。特にアクセサリー作りはじわじわと人気が上昇しています。趣味のハンドメイドも、スキルアップしてくると「ハンドメイド作品を販売してみたい」と考える人も多いのではないでしょうか。しかしハンドメイドのアクセサリーの販売方法がわからないという人もいるかもしれません。そこで今回は、初めてのハンドメイドアクセサリーの販売4ステップを紹介します。

ステップ1販売方法を決めよう

まずはハンドメイド作品をどのような販売方法をするか決めます。主な販売方法として挙げられるは次の2つです。

・ネットを使ってオンラインで販売する方法

・実際に手に取ってもらって販売する方法

まずネットを使った販売方法ですが、初心者でも始めやすい販売方法ではないでしょうか。最近ではフリマアプリやハンドメイド販売アプリなども増え、初心者でも簡単に販売を始めることができるようになりました。次に実際に手に取ってもらって販売する方法ですが、イベントなどに出店して販売する方法やお店に委託販売を依頼する方法があります。ネット環境がない人や、実際に商品を見てもらいたいという人におすすめです。

ステップ2ワンコインで販売できるものを作ろう

次のステップは、ワンコインで販売できるものを作ることです。ハンドメイドアクセサリーの販売が初めてだという人は、自分の作品を知ってもらうことを優先し、相場よりも安い価格設定のものを作ることをおすすめします。あえて安価な値段設定にすることで多くの人の目に留めてもらうことを目的とします。自分の作品に魅力を感じてもらうことができるようになれば、相場もしくはそれ以上の価格でも購入してもらうことにつながります。

ステップ3作った作品を身近な人に見てもらおう

せっかく作ったハンドメイドアクセサリーも、主観的だと売り上げにつながらないことも珍しくありません。『売れるもの』を作らなければ意味がありませんから、作った作品を客観的にみるためにも身近な人に評価をしてもらいましょう。

・いくらなら購入してもいいか

・この作品を○○円で販売しようと思うどう思うか

この2点を聞くことをおすすめします。できるだけいろいろな人に意見を聞き、そこから値段設定を変えてみたり商品のボリュームを変えてみたりするといいでしょう。

ステップ4アクセサリーのバリエーションを増やそう

ハンドメイドのアクセサリーの魅力は、オンリーワンのものを持てるということですが、販売する際には同じ商品を色違いなどで5種類ほど作り、バリエーションを増やしておくことも大切です。「デザインはいいけど青系なら欲しかった」というニーズにこたえるためです。アクセサリーのバリエーションを増やすことでボリューム感が増し、見栄えも良くなります。見栄えだけでなく、ハンドメイドのコンセプトも確立しやすいので、同デザインでバリエーションを増やすことがポイントとなります。

売れないからとあきらめないで

ハンドメイドアクセサリーの販売を始めたばかりのころは、思うように売り上げにつながらないこともよくあることです。売れないからとすぐにあきらめずに、「趣味の延長、1つ売れたらラッキー」くらいの気持ちで続けていくことが大切です。それと同時に売れるものを作るためのリサーチも欠かさないようにしましょう。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    個性派が続々登場♪愛知のイベント情報!

  2. 糸

    ハンドメイドで楽しむつまみ細工の魅力

  3. handemade

    お店に行かなくても材料が買える!手芸用品の通販サイトをご紹介

  4. handemade

    作り方も簡単!トートバッグを手作りしてみる

  5. 簡単に作れるビーズのアクセサリーをハンドメイドしてみよう

  6. 手作り

    通信講座でハンドメイドを極める

  7. 定規

    ハンドメイドで使う素材あれこれ

  8. handemade

    結婚式でプレゼントしたい結婚指輪をのせておくリングピローを手作りしてみよう

  9. 定規

    心を込めたお守りをハンドメイドしてみよう