注目の記事 PICK UP!

ハンドメイドで使われる工具について

チェーン

ハンドメイドにはさまざまな工具が必要

ハンドメイドを始めるためにはやりたいハンドメイドクラフトによっていろいろな工具を揃える必要があります。クラフト別や作業別にどんな工具があるのか見ていくことにしましょう。

ビーズ細工

ビーズ細工を始めるときにはビーズ用の小さなペンチかもしくは平ヤットコにピンを丸めるための丸ヤットコを用意しましょう。先が尖っているラジオペンチの方がビーズ用のペンチや平ヤットコを使うよりも使いやすいという人もいます。ペンチには先が曲がったものなどもあるので自分にあった掴みやすいものを選ぶと良いでしょう。

レザークラフト

レザークラフトには革に穴をあける工具や革をカットする工具が必要です。穴をあけるには菱目打ちやステッチルレットがあります。菱目打ちであける場合には木槌で叩いてあけます。革をカットするときにはハサミを使って切ると切り目が斜めになってしまってきれいに切れない場合がよくあります。そんなときにはカッターを使うと良いでしょう。革包丁やオルファの別たちなどの革専用の道具を使って切るとよりきれいに切れます。角を丸めるにはヘリおとし、縫うための溝を掘るのはステッチングルーバーなどを使います。レザークラフトには専門的な道具が多いので始めるときには基本的なものを揃えてあとは必要に応じて買い揃えていくと良いでしょう。

ペーパークラフト

ペーパークラフトをするときには紙をきれいにカットするためのカッターが必要です。カッターには刃を折って使うカッターナイフやペン先に刃が付いているデザインナイフなどがあります。デザインナイフはペンを持つように握って使えるので切り出しやすく細かい作業をするのに向いているのでおすすめです。カッターを使うときはカッターマットを用意しましょう。定規は刃で切れてしまわないようにスチール定規を使うと良いです。

木工

木を使ったハンドメイドにはたくさんの工具を使います。まず木を切るためののこぎりです。のこぎりの種類も多く縦目用の刃や横目用の刃があるので専用ののこぎりや両方の刃が付いたものなどがあります。次に必要になるのがやすりです。金やすりは木を粗削りするのに向いて言います。細かく削って肌を滑らかにする場合はサンドペーパーを使います。サンドペーパーを取り付けて電動で削ることができるものもあります。あとはビスを打つためのドライバーです。木工用のビスはほぼ電動ドライバーを使って取り付けます。釘を使って作る場合は金づちが必要になります。

細かい物を摘むには

精度の良いピンセットを使うと作業がやりやすくはかどります。ピン先の曲がったものや直線のもの、持ち手の幅の広いものや厚みがあって摘んで落とさないようにしっかりと力が入るものなどいろいろな種類があるのでやりたいハンドメイドクラフトに合わせて選んでください。

簡単にものを貼り付けるには

グルーガン樹脂を熱して溶かしてものを接着するグルーガンは簡単に扱えて冷めればすぐに固まって貼り付けることができるので便利です。グルーガン樹脂には透明なものから色付きのものまであるので用途に合わせて選べますが、色付きのものは接着する以外にも用途があるのでグルーガンは1つ持っておくととても役立ちます。

ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

関連記事

  1. handemade

    初心者も簡単!手作りアクセサリーの作り方

  2. handemade

    簡単リメイク♪手ぬぐいで雑貨を作ってみよう!

  3. handemade

    カンバッチ デコパージュ

  4. handemade

    型紙なしであっという間にできる可愛いスカートの作り方

  5. handemade

    こんなものからエプロンができちゃう!?驚きのリメイク素材エプロン!

  6. handemade

    オリジナルタグでハンドメイドをもっと楽しく、もっとおしゃれに!

  7. handemade

    布を貼って作る小物入れの作り方

  8. handemade

    簡単アクセサリーを手作りして自分好みの装いを

  9. ハンドメイドで使う接着剤の種類と注意点

ハンドメイド資格講座ランキング